2012年01月15日

「ジョージ・ポットマン教授の平成史」JOTX系

土曜の深夜に、テレビ東京系列で、「ジョージ・ポットマン教授の平成史」なる番組をやっている。

5acfded4f01dcea4635501c4af8c.jpg

テレビ東京+イギリスCBB共同制作。


そう、BBCではないのである。
うっかりすると、本物のように見える。

そもそも。
歴史学の視点で現代日本を分析し、大胆な仮説で知られる新進気鋭の歴史学者で、The collapse of civilizations (邦題:「文明の崩壊」)、Non-identity in young Japanese (邦題:日本の若年世代における非同一性)などの論文で知られるヨークシャー州立大学歴史学部教授 ジョージ・ポットマンなる人物自体が仮装なのだから。

趣向自体は、往年のフジテレビの「カノッサの屈辱」を連想させるものだ。

で、この未明の放送内容は

調査(1)
今回は「友達いないと不安史」後編。明治時代に鶏姦なる行為に懲役刑を科すと定めた刑法典を制定した日本。その理由をひも解くと、明治以前の日本における、現在では闇に葬り去られた友情観の存在が。我々は、日本の教科書に出てくるあらゆる文献・人物・事件を調査。すると、大河ドラマのほぼ全ての主人公から、忠臣蔵、近代文学の旗手に至るまでボーイズラブに彩られた不思議な日本像が浮かび上がってきた。
調査(2)
更に我々は、戦後に至り突如発生した「友だち100人作らなきゃシンドローム」も調査。するとそこには高度経済成長の光と影が交錯する昭和時代に形成された、独特の友情観が。日本政府の教育政策から、スイミー、クリリン、正義超人など少年に影響を与えた様々な文学作品の「友だち的」登場人物も俯瞰し、遂にはフェイスブックで「いいね!」を乱打する「友だちいないと不安文明」に至った原因を調査します。

まじめくさった顔をして何を、と思うが、前段は「男の絆 明治の学生からボーイズラブまで」の焼き直し。後段はある意味で結構、いい線を行っているぞ、と思わせる内容だった。

で、鼻から「情報・バラエティ」の分野ではあるのですけど、本歌取りがうまい。
というのは、NHKの「映像の世紀」シリーズでのBGM「パリは燃えているか」(加古隆作曲)が効果的に使われているんだな。(ちなみに、この夜のチューボーですよには本木雅弘が出て「坂の上の雲」のBGM=久石譲作曲=が使われるのはミスマッチで効果的)

こういう知能犯的な番組っていうのは、真顔で見るものじゃないけど、おもしろいなあ。
posted by 曲月斎 at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月31日

PaintShop Photo Pro

Paint Shop Photo Pro X3 アップグレード版 / コーレル
このソフトとの付き合いも長い。
まだWindows3.1のころ。
南極熊さんがインストールしてくれたのが最初。
だからもう17年目になるのかな。
いつの間にか、メーカーも変わり、バージョンアップを繰り返すこと、もう何度になるだろう。
最初にインストールしてもらった時はVer.2だったから。

でも、X2が242mbだったのに、X3は602mb。当時のHDDが350mbだったのだから、とんでもない大きさのプログラムですな。

HDDが大きくなっていることとともに、余計な機能がつきまくって、つかいにくくなるという悪循環はきっと終わることがないのでありましょうな。

ちなみに同じく当時から愛用のメールソフトBeckyは5.31mb。
何か考えさせられます。
posted by 曲月斎 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

ひさしぶりに

ひさしぶりにブログのおもちゃとして付けてある、読書メーターを更新。手元にあった本だけでも打ち込んでいく。ま、どうなるものでもないのだが。一種の管理、であろうかな。
posted by 曲月斎 at 02:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

相方Check?

ネットでこんなチェックものを見付けた。

お笑いの相方を選ぶとすれば、という趣向である。
で、結果は。

ベタで関東の芸人が好きなようです。

それでは次に、それぞれの項目について詳しく分析をしてみましょう。
まずネタの好みですが、割とお約束の笑いが好きなようです。意外性のあるネタも嫌いでは無いですが、何を言っているのか分からないことが多々ありそうです。
そしてスタイルとしては、漫才も嫌いと言うことは無いのですが、動きのあるコントが割と好きなようです。お芝居などが好きなのかも知れません。
それから、関西の笑いが嫌いな訳ではありませんが、関東の方が好きなようです。世間一般の平均でしょう。
ネタの上品さの好みですが、下品な笑いはどちらかと言えば嫌いで、上品な笑いが好きなようです。裸になる笑いよりも、ウイットに富んだジョークが好きなタイプです。
次にネタの好みですが、正当からちょっと外れた感じが好きなようです。しかしながらあまりにも変な色物芸人は好みません。あくまでキャラクターとしてのお笑いが好きなようです。
そして、多少、頭を使うような笑いが好きなようです。ちょっと捻った笑いが好きな大人かも知れません。そして、無名子さんの立ち位置は…

割とボケです。


ホンマかいな。もうやってられんわ。
posted by 曲月斎 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

成分分析……

どこかのテレビで紹介していた「成分分析on the Web」なるhp。

気になっていたのですが、ふとしたことから見付けました。

うーん。あまり芳しい結果ではないですなあ。

余命もあと5年というし。当たらずといえども遠からず、なのかなあ。ちょっとトホホの気分であります。
posted by 曲月斎 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

脳を分類する?

脳の分類を売り物にしているバラエティがあるそうな。

ピエール靖子 企画で分かる脳タイプ」という代物であります。

別にその科学的根拠がどうこうとか言い出すと、いささかうさんくさいのであり、けたたましい番組であることは想像に難くないので、見たいとは思いませんが、考え方のカギとして、人間は「記憶/分析/アイディア/ひらめき」の4つの 思考パターンと「形/数/言葉」の3つの思考材料を持っている、というのであります。
画像1.jpg確かに、思考パターンに関しては、形、数字、言葉という振り分けは当たっているような気がします。それが脳の旧皮質、新皮質、前頭葉の区別に繋がるのかもしれないですけど。

興味があれば一度、お試しあれ。ちなみに、小生は「徳川家康型」だそうです。当たっていないような、いるような……。
posted by 曲月斎 at 03:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

失敗知識データベース

興味深いサイトを見付けた。
失敗知識データベース」というもの。
事件、事故の再検証をしているもので、科学技術分野の事故や失敗の事例を分析し、得られる教訓とともにデータベース化したもので、科学技術振興機構(JST)が無料で提供しています。

ことはタイタニック号の沈没から関西電力美浜原発の配管破裂事故まで、多岐にわたっている。
特に、巻頭の「失敗まんだら」が面白い。

機会があればご一読を。
posted by 曲月斎 at 13:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

BAR LOG

BAR LOGというブログを見付けた。

だいぶ前に「蛍の光のすべて」について書いたブログが、検索エンジンに引っ掛かっていたらしい。おなじ検索用語で出てきた。
大阪のバーのマスターが書いているブログのようだが、ちょっと面白い。機会があればどうぞ。
posted by 曲月斎 at 01:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

不可思議な広告

 プロ野球・北海道日本ハムのヒルマン監督、「久保田早紀」の名で「異邦人」をヒットさせた歌手の久米小百合、音楽ユニット「m−flo」のverbal、フィギュアスケート選手のジャネット・リン。
 この名の連ねを見て、ピンと来た人はここ数日のテレビをよくご覧になっている証拠だと思う。何か宗教がかった体験書を送る、というだけのCMなのだが、一部新聞にも広告が掲載されているようだ。
 インターネット検索でも、この広告元「パワー・フォー・リビング」というのは今一つ得心がいく回答が見付からないが、どうもキリスト教右派の系統の財団と深い関わりがある、米フロリダ州に本部を置く「アーサー・S・デモス財団」という団体のものらしい。キリスト教右派といえば、ブッシュ再選に向けて強力に動いた勢力。今の地上波デジタル放送ではとんでもないCMが流れているが、それが地上波に紛れ込んできたような違和感がある。早くその実態が知りたいものだ。
posted by 曲月斎 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

国土情報ウェブマッピングシステム

自分の家の空中写真を見てみたいと思う時はないだろうか。
そんな時に、便利なのがこの「国土情報ウェブマッピングシステム」というhp。
国土交通省がやっているらしいのだが、国内の画像を網羅しているようだ。

たとえばこれが富士山頂。都市部から外れると画像の更新が少ないようだが、こういうものをおおっぴらにできる日本という国はやはりいい国ではあると思う(今でも世界の大半の国は地図や航空写真は国家機密であるか、作っていない、というところが多いのであるから)。
富士山頂
posted by 曲月斎 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

CHiP' S

唐突に記憶は蘇る。
Stop.jpg
昔、という西海岸の警察高速機動隊の青春ストーリーがあった。出演者同士のいさかいとかいろいろあったようだけど、警察ものにしては死人が一人も出てこなくてハッピーエンドというのは在る意味で70年代の空気を示した作品だったような気がいましている。
あくまではかっこいい。でもスーパーマンじゃない。ベトナム戦争の影は少しだけ差している。そんなところに惹かれたファンは多かったと思う。
あるいみにで、70年代の西海岸の空気をここまでみせた番組はないと思うからだ。

chip's1


ふと、思い出すシリーズである。
posted by 曲月斎 at 04:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千夜千冊の余塵

松岡正剛千夜千冊(8冊セット)


今月の岩波書店の「図書」は資生堂社長の福原義春と、「千夜千冊」の松岡正剛の対談。インターネット上での文字と、書籍で読む文字の違いを指摘している。
この対談はなかなか面白い。体験的に、Webの画面上の示す情報量と、たとえば1頁20行で見開いたときの縦書きの文章の一覧性とを比較したときに、そのスピードの速さはどちらに軍配があがるかは体験的に承知している。

それを本との出会いの中で説いてみせる部分が非常に面白かった対談だった。もちろんねらいは、岩波文庫創刊80周年記念の一環ではあるのだけど。それにしても、松岡の千夜千冊は周囲を圧倒するような本だ。一度、見掛けたが欲しいなと思って手を出しかけてやめた。面白いけど、自分が押し潰されて終わりそうな気がしたからだ。興味のある向きはとりあえず、HPに転戦してみて頂きたい。

それと、それに関連して、本の検索サイト、「」というのが掲載されていた。ちょっと遣ってみたけど、少し癖があるものの、面白いかもしれない。一応、照会しておく。追記
posted by 曲月斎 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

天翔艦隊

昨日の氷川丸の話で画像を引用させてもらった「天翔艦隊」のHPを紹介しておく。

70年代に「がきんちょ」だった世代なら、プラモデルの一つや二つは作ったことのあるはず。中でも、日本の戦艦を中心とした「ウオーターラインシリーズ」は縮尺が700分の1に統一され、静岡のメーカー4社(青島文化教材社、田宮模型、ハセガワ、フジミ模型)の共同企画で、、シリーズも多く、組み立て出すと結構はまってしまう代物だった。ものの資料によれば発足は1971年。今はフジミ模型が組合から離れて、その分を他の3社が分担しているそうな。

そんな時代に育ったのを彷彿させるのがこのhp。
ちなみにこのhpでは1mが1ピクセルの縮尺だそうで、艦艇図と電卓、ペイントソフトを駆使して作り上げているそうな。

タイタニック号は

タイタニック号

で戦艦大和は

戦艦大和

(画像はいずれも同hpから)という具合。

根気のいる作業だと思うし、小生向きではないな、ということは確か。でも眺めて居る分にはプラモデルに熱中したあの時代を思いだす。

追記
posted by 曲月斎 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

他人のふんどしながら……

スピードスケートの加藤条治のブログに以下のような文が出ていた。

>テンション低いときは意外とスラスラかけちゃう。こんなアホな文章書いてる俺の表情は「無」。。
>デジタルの世界とリアルな世界でのこのギャップ…
>おれの人格はもしかして一人増えてしまったんでないかい??
>こっちに一人、あっちに一人。
>みたいな感じ? なのかい? そーなのかい?? どーなんだい???
>こんな時代、デジタルの世界をメインに生きてる人も多いんじゃない?
>さ〜て、オレはどっちに住もうかな〜。
>まあ、もちろんリアルワールドで、スケートしてるのが一番だべ!

上手いこというものだ、とちょっと感心。
posted by 曲月斎 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

NYC.photo.BLOG

NYc−1

ブログを飛び歩いていたら、こんなブログに出くわした。
ひと昔前、知人とニューヨークで数日を過ごしたことがある。
写真家の彼は「この街は本当にフォトジェニックなんだよね」とつぶやいていたのだが、確かにこのブログを眺めているとそうであるよなあ、と再確認した。



NYc−2


で、URLは以下の通り。題して「NYC.photo.BLOG」
http://www.manyhighways.com/photoblog/
posted by 曲月斎 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

「東風荘」

先崎学の本を読んでいて、インターネット上のオンライン将棋、オンライン囲碁、オンライン麻雀などがあるのを知った。
で、加わったのが麻雀の「東風荘」
東風荘

詳しくはHPを見て頂くことにして、見ず知らずの人間同士で、麻雀をやっている図が何か、客観的に見て、滑稽である。
何しろ相手は機械越し。もちろんチャット機能は付いているけど、かぶっちゃったよ、とか捨て牌の方がいい手だねなんてぼやきがないのだから。
麻雀の概念を覆されるような気分。
詳しくは、HPをご参照を。URLは
http://mj.giganet.net/

ご興味の向きは加盟してみては如何
posted by 曲月斎 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

「ノートン」はどうなっている?

我が家のPCのセキュリティソフトはノートンインターネットセキュリティ2005年版であります。
ウイルス定義の更新の時期が迫っていて、新しくパスワードを買って更新しようかと思ったら、「サポート期間は今年の10月までです」とのこと。
1年分払っても無駄になってしまう、ということですね。
それでは新しいのを買え、と言うことなのでしょう。
それにしても、新しいソフトをインストールするのはやぶさかではないのですが、また他のソフトとの相性がどうのと始まると、痛く憂鬱であります。

そもそもインターネットを常時接続する環境で、ウィルスソフトだけで対応できのなら(もう一台にはウイルスバスターだけが入っているのに何の支障もないのだから、あれこれいれたくない。
まして、ノートンとトレンドマイクロが独占していた市場が崩れて、各社競合の時代。何をどう選んで、どうインストr−ルするのが一番賢明なのか、広くお知恵を拝借したいものであります。
posted by 曲月斎 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

武運長久を祈る

9ecc5260.jpg自宅のデスクトップ機のOSはWindows XPのPro。
もう、Windowsも3.1の時代からですから、長くなりました。
それはさておき、どうにも最近、挙動不審なのであります。
まず、OSのアップデートが出来ない。さらにOfficeのアップデートをしようとしたら、「Mac版はサポートしていません」とまで表示される始末。

パソコンの師匠に電話をしたら、「リカバリーしてみて、それでダメなら、1から再インストールですねえ」とのご託宣。
最後に一言。「ご武運を祈ります」
そうなんですよね、これはもう一か八かの世界なんだから、毎度のことながら。

追記)Officeの修復インストールをしようと思ったら、なぜかフルインストールが始まってしまい、Cドライブは満タンに。もうにっちもさっちも動きません。アンインストールしようとしているのですが、それもままならず。さて、どうしますか。
posted by 曲月斎 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

歴史の大うそと小うそ

今、馬場轟亭宗匠のところで、司馬遼太郎と、山田風太郎の比較の講演要旨を紹介している。
山田と同じテクニックを使っているのが、浅田次郎だろう。天切り松ではこのテクニックが一人語りという得意のスタイルに色とアクセントを添える役割を果たしている。「いたっておかしくない」と考える方が、小説としては出来が上々になるのだろうか。ふとよけいなことを考えた。
posted by 曲月斎 at 05:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

パソコンはやはり難しい

 一日中、PCと格闘していた。ふだん、自宅で印刷することなどほとんどない。自宅でPCを遣うといえば、Webにメールくらい。往復葉書をわずかばかり印刷しなくてはいけない仕儀になって、この苦難が始まった。
 ワードで書式設定が分からない。適当なテンプレートがあると思ったら、余計なお飾りが付いていて使い物にならない。やっと原稿を仕上げ、印刷と思ったらまた立ち往生。
 年代ものになっているのは承知だが、元気で丈夫に動いていたはずの、白黒のレーザープリンターがトナーの加減とローラーの陳腐化でどうにも真っ黒になってしまう。
 ではと、インクジェットプリンタを立ち上げたら、今度は黒がインク切れ。買ってきてやっと動かしたら、どうにも思い通りに印刷が出来ない。片寄ったり、紙を送らなかったり。A3版まで印刷できる優れもの、だったのだが、どうも葉書のような小手先のものは苦手のようで、印刷ボタンを押す度に設定が変わってしまうような。ソフトの所為ではないかとワードを諦め、一太郎に乗り換えてみたけど、問題は解消できなかった。
 結局、清刷を作って、明日手差しでコピーすることにした。刷り損ねた往復葉書は12枚。近頃、往復葉書はなかなか売っていない。また、郵便局で手に入れなくては。
 今朝は早起きして、郵便局に出掛け、帰り掛けにコーヒーを飲みながら朝刊を読んだところまでは本当は快調だったのだが。
posted by 曲月斎 at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 電网恢々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする