2017年03月02日

★2017年2月に読んだ本。

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2357ページ
ナイス数:417ナイス

地下生菌識別図鑑: 日本のトリュフ。地下で進化したキノコの仲間たち地下生菌識別図鑑: 日本のトリュフ。地下で進化したキノコの仲間たち感想
馬路村のトリュフに関連して、お世話になった方に拝借、読み終わった1冊。地球には不思議な世界が広がっているのを実感。元々、地上に顔を出していたキノコがわざわざ地面の中で進化したのが「地下生菌」。子孫を繁栄させるには地面の上で胞子を飛ばした方が有利なのに。それでも独自に進化をして、この形にたどり着いた世界は不可思議。トリュフも豚、犬、モモンガ、ネズミと様々な動物に捕食されることで移動が可能になるという。簡単に見つかるはずもないこの菌類を研究した筆者たちの探究心には敬意を表するしかない。学問の世界は深い。
読了日:2月21日 著者:佐々木廣海,木下晃彦,奈良一秀
文庫解説ワンダーランド (岩波新書)文庫解説ワンダーランド (岩波新書)感想
文庫本の解説を評論した1冊。解説の指針に就いて筆者曰く、@本の書かれた基礎情報。A読書の指針となるアシスト情報。B今読むべき意義を述べた効能情報。C新たな読み方を提案するリサイクル情報――の4点であると視座を説く。その前提の上で夏目漱石、川端康成、サガンに小林秀雄と東西泰斗の文庫の解説を読み解く。性差の視点だけではなく、時代が「読み」を変えていく面白さを解析したのがこの1冊の眼目だ。筆者独特の筆捌きがあるけど、それ以上にテキストを読み込んでいる労力に敬意。原民喜の読みでリービ英雄の評を挙げたのは秀逸。
読了日:2月20日 著者:斎藤美奈子
河内金剛寺の中世的世界 (上方文庫)河内金剛寺の中世的世界 (上方文庫)感想
河内・和泉・紀伊の国境に近い山に成立した金剛寺。在地の勢力の強い地域ならではのことで、一山一寺、寺と地域が一体化することで存続をしてきた。葛城修験の影響もあるし、勿論南北朝の舞台にもなる。早い時期から仁和寺を本寺としながらも独立的な形態を維持し、寺域には城の虎口のような門を構えていたという。寺の種々の側面を点綴することを通じて、中世的な寺と地域の関係を探ろうとした1冊。筆者の言うように観心寺、施福寺など一寺一山が成立しえたエリアの特性も見せる。武家の式酒として定評を得た「天野酒」への言及も興味深い。
読了日:2月17日 著者:堀内和明
一遍読み解き事典一遍読み解き事典感想
江戸期までに教団としての体裁を十全に備え切れなかった故に、明治維新の荒波の前に宗旨として存在感を失った時宗。でも、一遍が求め、布教した趣旨は今の世の中でもっと再確認されていいものだと思う。阿弥陀如来への絶対的な帰依を説きつつ、自身の念仏もまた是として受け入れる。そんな世界をトレースした1冊です。ただ惜しむらくは一遍自身が明解な教義を残していないがゆえに、肝心の部分ですこぶる端折った書き方になっています。でも、捨て聖一遍の生き方は今の日本の精神世界で見直されてもいいと思います。そんな手掛かりの1冊です。
読了日:2月15日 著者:長島尚道,砂川博,岡本貞雄,長澤昌幸,高野修
増補 モスクが語るイスラム史: 建築と政治権力 (ちくま学芸文庫)増補 モスクが語るイスラム史: 建築と政治権力 (ちくま学芸文庫)感想
モスクの建築形態を元にイスラーム世界の歴史を探った1冊。元々はモハメッドの家を原点に始まった礼拝施設が増殖していく。過程には武力があり、王朝の変遷があり、支配地域の変化がある17世紀くらいを範囲に、西アジアから南欧州、北アフリカまで支配が移り変わるままに、宗教施設のモスクが変わっていく姿を追う。本来は墓の存在がないはずのこの宗教で墓が大きな存在になっていくのが興味深い。元々中公新書の1冊たったものに最後の1章を加えて再版したのが筆者の矜持。宗教上の相剋以上にこの近現代に起こったことを記したのが値打ち。
読了日:2月15日 著者:羽田正
親鸞の信仰と呪術: 病気治療と臨終行儀親鸞の信仰と呪術: 病気治療と臨終行儀感想
「浄土真宗とは何か」の底本。今の認識では高僧であった法然も親鸞も平安〜鎌倉期に生き、比叡山で修行し、往生を願う人であったという素朴な背景の設定を読み解く。病気の時には呪術を使って快癒を願い、臨終に臨んでは奇瑞の顕現に願う。本人は元より、門弟や家族もそう願う。子弟も天台、真言の寺に学んでいる人。本書はごく当たり前の当時の風景が、後の信者の偏向で歪められた姿を補正する。新書版と梗概は同じながら、専門書として骨格が明解。浄土教の教えの「揺れ」がむしろ自然であり、後に「聖人」として固定化する前の姿に力を感じる。
読了日:2月12日 著者:小山聡子
ことばの地理学: 方言はなぜそこにあるのかことばの地理学: 方言はなぜそこにあるのか感想
方言と謂えば「蝸牛考」。京を中心に同心円状に伝わるという柳田国男の周圏説だ。本書は視点を変えて区画説の立場で論が進む。例に否定形の語尾が「〜ない」か「〜ん」か。原因理由の接続助詞が「〜から」か「〜さかい」「〜きん」「〜よって」か。東西で分布が分かれると同時に、人の行き来で影響が拡散していることを分析する。そんな学問を「言語地理学」というそうだ。海陸の交通網、家族制度、人口密度、社会組織が東日本の同族的な番か西日本の地域単位の年齢階梯組織の衆か−−種々の要素を考えつつ、調査結果を記した地図を見るのは楽しい。
読了日:2月7日 著者:大西拓一郎
柳田国男と今和次郎 (平凡社新書)柳田国男と今和次郎 (平凡社新書)感想
筆者は今和次郎のことが書きたかったのだと思う。そこで「民俗学とは」を書くためには柳田国男が必要になり、紙幅を割いたことで焦点が合いにくくなってしまったか。日本の民俗学の系譜で、柳田の「弟子」の今和次郎の仕事を探るはずが、登場人物が多くてエピソード集みたいになってしまった感がある。多彩な人脈を書くことより、今和次郎の存在を今の時点で掘り下げて欲しかった気がする。人物群の中で黒岩忠篤(終戦時の農水大臣。映画「日本の一番長い日」では「昭和8年以来の凶作が見込まれ……」みたいな台詞を言う)の存在は興味深かったが。
読了日:2月6日 著者:畑中章宏
日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス)日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス)感想
この風景はどう出来上がった? という疑問に今の時点での知見で解説した1冊。日本列島は花崗岩質で密度の低いユーラシアプレートに玄武岩質で密度の高い太平洋、フィリピン海プレートが沈み込む現象が続いているのは周知だが、気候変動で海水面の上下が起き、浸蝕や堆積が繰り返されたという視点を繋げたところが興味深い。まさか濃尾平野と近江盆地、京都盆地に大阪平野が繋がった動きであったとか、御前崎、潮岬、室戸岬、足摺岬の生成が関連があったとか。機序は頗る力学的なのだけど、組み合わせた時の面白さ。門外漢も楽しめる1冊でした。
読了日:2月3日 著者:山崎晴雄,久保純子

読書メーター

matome_gimage_25109_2.jpg
posted by 曲月斎 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック