2007年05月01日

「間抜け」の累乗が実在することに関して

世の中には「間抜け」というべき、人種が居ることを身をもって証明した。

というのは買った車の鍵を乗る前に紛失したのである。

引っ越しもあって、荷物の混乱が加速している我が家で、鍵が消えたら、もう再発見は不可能に近い。

仕方ないのでディーラーに頼んで複製してもらい、ず抜け超特急で頼んだお陰でどうにか夕方には手に入った。

これを間抜けといわずして何を間抜けというだろう。

ともあれ、明日から出張ペーパードライバー講習であります。
ということで、部屋の整理が少し進んで、獣道が遊歩道くらいになってきたら、亡くなったはずの自動車のキーが一束、出てきました。なんじゃこりゃ。洗濯機のパンの間に落ち込んでいたのですから、これじゃいくら机周りを虱潰しに探しても出てこないわけであります。

明日、というかきょうは晴れて「路上教習」の日。何時間で何となくものになるのでしょうか。


posted by 曲月斎 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。