2007年04月11日

鐵馬で駆けた四国八十八カ所#11/宿のこと(1)

四国遍路では、宿をどうするか、一つの課題だ。

団体さんは多くはホテルや宿坊に宿泊していく。今回の遍路では意識的に宿坊を避けた。というのは、団体さんの中に紛れ込んでしまうのが目に見えているからだ。

いわゆる旅館、遍路宿や民宿はどこも佳かった。前にも書いたけど、僕の場合は走行距離は1日平均180キロくらいになるだろうか。午後3時にどこにいるかでめどを立て、午後5時の納経締切の時間から次の札所までの距離を稼ぐかどうかを決める。で、宮崎本を見て、電話で予約を入れる。2、3軒電話をすれば、どうにか夕食付きの宿を確保することができた。以下、自分の泊まった宿の話をつづる。

徳島では失敗した。荷物を積んで走ることを煩わしく思うあまり、ワシントンホテルを起点に動き廻ったのだが、非効率だったし、何より生活のリズムが遍路の「早寝早起き」にならないので困った。

宿屋で1泊目は日和佐のむらかみ旅館。ちょうど、20番鶴林寺で立ちゴケをしてしまい、21番大龍寺までは何とか打ったが、修理のために阿南まで戻ったので、宿に着くのが20時前になってしまった。宿には連絡を入れ、遅くなる旨を伝えたが、国道55号とはいえ、道は暗さも暗し、寒さもつのって切なくなってしまった。そんな時に日和佐の駅の近くで宿を見付けられずにうろうろしていると、ご主人が迎えに出てくれた。「バイクでおいでると聞いていたので、まだかと思ったら、行ったり来たりしているのが1台いたので迎えに出たんですわ」。道中のあれこれも吹っ飛ぶような笑顔だった。

遅くなったけど、夕食も出して貰い、世間話。「世界遺産の認定も結構ですけど、それよりもきちんと歩きの遍路さんが歩ける道、歩道を国道沿いにも造るくらいのことをした方がいいんじゃないですかね」とご主人。確かに、ここ日和佐から先は遍路道は国道になる。バイクでも怖いと思うくらいにトラックが往来する道だ。せめてきちんとした歩道が確保できれば、より歩きの魅力に感じる人は増えるに違いない。
ここから22番平等寺に打ち戻ったのだけれど、そんなめげる気分も忘れさせてくれるような宿だった。

次の旅館は室戸の太田旅館。25番津照寺のすぐ下にある。宿を決めるとき、わかりやすそうな宿に決めるのが一つの条件のように思う。日も暮れ方になってから迷うのはやはり切ない。ここの旅館は不思議な構造で、2階建ての家が数軒連なったような形になっている。でも宿の方々の温かい顔は何より。土佐の名物鰹の刺身も食卓に並んだ。僕の場合、遍路の間は朝食と夕食の1日2食だった。夕食では飯を3杯は食べていたろう。朝食は軽めだったが。どこの旅館でも、そのおかずは心づくしでうれしいものだ。



posted by 曲月斎 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 辺地遍路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。