2006年12月23日

「嫌われ松子の一生」

「嫌われ松子の一生」

映画館ではなくDVDで見たことをまず断っておく。J'sのクラブハウスでのこと。
ただ、この映画はシネスコサイズではなく、所詮はテレビ画面サイズで十分の奥行きしかない駄作だった。

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。夢を抱いて就いた教師の職をクビになり、どうみてもダメダメな文学青年にお金を貢ぐ日々。やがてソープ嬢となり、挙げ句の果てにヒモを殺害。刑務所に入ることに。そんな壮絶すぎる女・松子の人生は、不幸なはずなのに、なぜか彼女を応援したくなってくる。男たちに利用され、搾取され、捨てられる。でも彼女は誰を責める訳でもない。53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥が追跡した叔母人生はどう映ったのだろう。

結論をいうと、今の映画でCGを多用した映画は安っぽくなるという鉄則を見事に証明した1作。困るとミュージカルにしてしまうという古典的手法まで取りれているのだから、タチが悪い。都合が悪くなると花畑が出てきて、役者は歌を歌って踊り出す。思考停止である。

絵柄の見た目は綺麗だけど、ストーリーのカットバックが多く、情けないくらいに不器用な映画であった。

最近、鰻屋に入って、いい店か、悪い店かを見分けるコツを見付けた。山椒の粉が深い緑色なら鰻も美味い。一方、茶褐色した粉を出す店は最悪なことが多い。この作品はCGとミュージカルという安易な手段に頼ったばかりにチープな作品になった。

監督は「3丁目の夕日」が昭和30年代なら、この作品は40年代からの世相の一断面を見せるのを意図しているのだろうけど、その試みは失敗しているとしかいいようがない。
posted by 曲月斎 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀幕緞帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。