2012年04月30日

安芸國虎?

土佐の国はその昔、豪族の割拠する地であった。
山間には平家の落人が暮らす一方、海沿いは中部に長宗我部氏、東は安芸氏、西には都落ちしてきた一条氏と、鼎立状態だったそうな。

戦国末期に、長宗我部氏が国内を統一したのは日本史でならう通りだけど、日本の中央とは別個の歴史が九州などと同様に流れていたようだ。

で、安芸國虎なる人物が、この高知県東部に跋扈し、今もこの地の名に由来するのだが、今やその名残の一番といえば、国道55号沿いにある國虎屋なるうどん屋であろう。

名物は「國虎うどん」。2012033016520000+.jpg

味噌仕立ての豚汁にうどんが入っているという代物。
店の卓子には、おろしショウガが備え付けで、たっぷりのショウガと一味がなかなかにうどんに合う。

心密かに安芸國虎の名を今に残す一番は、國虎屋の「國虎うどん」ではないかと思っている。


posted by 曲月斎 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 土州日乗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。