2006年08月30日

「リンダリンダラバーソール」大槻ケンヂ


「リンダリンダラバーソール」

筋肉少女帯のボーカルだった大槻ケンヂの本。新潮文庫版が出た。
フォークの時代の通史がなぎらけんいちの「日本フォーク大全」なら、この本はバンドブームを駆け抜けた筆者の自分史であり、あの時代のムーブメントの記録でもある。

at a loss の人生から、渦中に巻き込まれ、やがて傍観者になっていく。彼女コマコの存在も、このご時世離れしていて羨ましくなるほど、魅力的だ。

読み掛けなのだけど、面白いよ。


posted by 曲月斎 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。