2006年08月30日

「芸術とスキャンダルの間」大島一洋

「芸術とスキャンダルの間――戦後美術事件史」

要点をよくつまみ出している本だとおもいます。
贋作編では、加藤唐九郎の「永仁の壺」事件や、佐野乾山事件、近くは三越の古代ペルシャ秘宝展の話まで、時代のエポックになった贋作例をまとめています。
盗難・裁判編では、ロートレックの「マルセル」や、赤瀬川原平の模型千円札事件、マッド・アマノの著作権問題などなど。
文中に挟んであるコラムも小気味よく、いい味を出してます。できのいい新書だと思います。


posted by 曲月斎 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。