2011年07月20日

時代の終焉。

魁皇が引退した。

もうすぐ39歳。「お疲れ様」のひとことだ。
とうとう好きな相撲が居なくなってしまった。

魁皇というと忘れられない出来事がいくつもある。

角界で「道場」といえば「双葉山道場」のことであり、時津風部屋のことだった。
鉄筋3階建て。1階は広大な上がり座敷があり、稽古土俵はその奥。
魁皇が土佐ノ海を訪ねてここに来た。玉春日も来た。
この3人が約1時間に亘って申し合いを繰り広げた。
いわばこの3人の三番稽古みたいなものだった。
だれも声を掛けず、黙々と3人の取組が続く。
あれ以上の稽古を見たことがないし、もう見ることもないだろう


まだ、地方巡業の移動が臨時列車だったころ。
函館の次は札幌だった。
先を急いで取組もそこそこに函館空港から丘珠空港への便に乗ろうかという上位力士の多い中で、魁皇は悠々たるものだった。
「どうせ札幌に急いで行ったって何もする訳じゃないし、のんびりいくよ」
臨時列車は確か関取衆は寝台車だったはず。
スキスキの列車で行くというので、確か焼酎を6本差し入れた。
札幌で聞くと「うん、全部飲んじゃった」。
臨時列車のこと。五稜郭で止まり、手稲で止まり、みたいな運行だったはずだが。


好きなお相撲さんがいなくなってしまった。
振り返れば、曙、貴乃花、若乃花、貴ノ浪、武蔵丸の5人に、魁皇、武双山、土佐ノ海、玉春日。さらには琴錦、安芸乃島、貴闘力。こんな豪華なメンツがそろう時代はもう来ることはあるまい。


posted by 曲月斎 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 知進知退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。