2011年06月13日

神戸・加納町

加納町.jpg
今回の現場は神戸・六甲山の裏側。
ということで、新神戸トンネルを抜ければすぐにたどり着ける三宮に宿をとった。

この辺りは加納町という。
なぜか母方の祖父と2人で出かけたことがあった。
父親の転勤で関西に暮らしていたころの話だ。

ちょうど祖父母が遊びにきて、その折のことである。

その年の7月、生田川の水害で大きな被害が出たこともあって、祖父は神戸の知人を訪ねる気になっていたのかもしれない。ともかくひと筋裏に入ると、しもた屋が並ぶ町だった。祖父と2人で出かけた記憶はこの1回。

さて。あの当時、市電に乗って出かけた町はすっかり様変わりしていた。

でもこんな景色も裏通りにはあった。
勝美.jpg

お好み焼き屋さんである。
現場の長老でご意見番のMさんが教えてくれた。
Mさんは毎年、この店にくるそうな。

関西圏の主婦の約3割は昼食にお好み焼きを食べるという調査もあった気がする。
とんぺい.jpg

ここも「テコ」をチャリンと言わせながら、お父さんが手際よく次々と焼き上げてくれる。
これは「とんぺい」。生タコの鉄板焼きや、豚とモヤシの炒め物、などなど。そしてお好み焼き屋である。オヤジ工夫の「生タコとあぶらかすのお好み焼き」なぞ、本当に美味かった。

大将.jpg
来る客はみな常連ばかり。
客の飾り気ない会話も、大きなごちそうのうちだ。

今回、これで神戸にも行くのが楽しみな店が1軒できた。

ちなみにオヤジ殿。ゴルフの腕前もなかなかのモノらしい。


posted by 曲月斎 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。