2011年06月08日

兵庫県道16号明石宝塚線

今を去ること16年前。
阪神大震災の後、久しぶりにまたバイクに乗り出したころだ。

この県道をよく走った。

要は六甲山の上を東西に横切って走っている道である。

今週の現場はその西の端から北上した辺り。ということで、この道を走っていくことにした。
震災後、この道は各所で大きな崩落事故を起こしており、走ってみたいなと思っても走れない道だった。その思いを晴らそうという心づもりもあった。

西宮の甲山から鷲林寺、西宮北有料道路入り口の盤滝トンネルの入り口が130番のカーブ。うねりながらの道はバイクで走ると楽しい。

途中で芦有道路の分岐が現れる。
すぎると突然、茶店が。
六甲1.jpg

この山並みの最高峰六甲山931b。昔でいう魚屋道の尾根だ。

茶店の中はうどんにカレー。
茶店.jpg

表六甲側の山道から上がってくると、立派な石碑が目に入るという計算だったようだ。
茶店2.jpg

見上げた六甲山。最高峰.jpg

ということで、この県道にはカーブごとに番号札がついているのですが、最後に確認できたのは神戸弘陵高校辺りの5番。

ここまで来ると森林の道、という感覚はなくなってしまいます。
ま、全国広しといえど、「ヒツジの飛び出しに注意」という看板がある道も珍しいでしょう。景色を期待していくのあ、ブッシュが茂っているので、昼間はダメですが。


posted by 曲月斎 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。