2011年05月25日

「日本史再発見」

日本史再発見―理系の視点から (朝日選書) [単行本] / 板倉 聖宣 (著); 朝日新聞 (刊)

個々の数字を元にして推論していく。

この手法は去年ベストセラーになった「デフレの正体」に通じるものがあります(というかこの本の方が先なのだけど)。

前半は車の文化に就いての論考です。なぜ平安時代には牛車の文化がありながら、江戸時代には大八車やベカ車(上方の大八車)が普及しえなかったのか。これは馬借を中心とした既得権益を持つ職業層への幕府の配慮だった、という論考はとても面白いです。
そして車の生産台数を対数グラフで調べ、日、米、韓の比較をする。飛躍的に生産量が伸びる時期は実は世間の常識よりずっと前にその萌芽があるという指摘は興味深いものです。

後半は磐城相馬藩の人口動向をカギに米の収穫高との相関関係の論考。どちらも実数を根拠にしての立論なので、非常に説得力があります。新田開発が行き着くところまで行くと、生産量は頭打ち、まして人口増が止まり、耕作放棄地が生まれる、さらには人口の減少。つまりは労働力の減少につながるわけで、特に後段の人口動向と年貢の増減の考察は、今の少子化社会の問題とも共通するものがあり、ちょっと前の本ですけど、今でも示唆に富んでいると思います。

表題の西南雄藩との比較の部分は少し食い足りないのですけど、それ以外、実数を使って目の前の現象を分析していくという手法は本当に「デフレの正体」と同じ手法で説得力があります。
ちょっと古い本で版元品切れみたいだけど、すこぶる良著。


posted by 曲月斎 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。