2011年05月19日

福岡・柳橋連合市場。

空港のお土産品売り場の充実度は、1に札幌千歳、2に福岡だろう。
空港でおおよその用は済んでしまう。
でも、福岡に出かけたらぜひ立ち寄りたいのが柳橋連合市場である。

今回も帰り便の出発前にササッと立ち寄ってきた。
柳橋.jpg
福岡、博多の台所とも言われるこの市場。
店がアーケードにそって軒を連ねている。

入り口.jpg

およそそろわぬモノはないだろう。
天ぷら.jpg
博多のうどんには欠かせない丸天や平天を売っているてんぷら屋さん。おきうとも見える。


魚屋.jpg
地魚も豊富で色鮮やかな気がする。
馬刀貝を大きくしたような「揚げ巻き」という貝も売っている。
担いで帰りたいのは山々だが、飛行機の機内に持ち込むには鮮魚はいささか抵抗感がある。

アゴ.jpg
入り口のお茶屋ではいつも「焼きアゴ」を買う。
博多雑煮を作る時には欠かせないといわれる出汁の素。
一晩、水に浸して戻す。
確かに上品な味がする。

そして。
幸村英.jpg

一番の目当てはこの店。
辛子明太子といえば「幸村英商店」である。

支店はなく、この柳橋の市場の店だけ。
アルコールで滅菌したような臭みや、仇塩っ辛くないこと、適度な辛さと申し分ない。
この店を教えてくれたのはYさん。
何ごとにも一家言の持ち主で「それはですねえ」が開口一番の決まり文句だった。

今回も切り子を数個買って帰ってきた。
相変わらずのうまさ、飯が進むので用心用心。


posted by 曲月斎 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。