2011年05月09日

肉たたき。

acce_10.jpg
野球の選手は新品のグローブを遣い込んで自分のものにする。
特に二遊間の選手など、試合で使うものは十分に練習で使い込んで革が手になじんでからでないと実戦に使うことはない。

最初のうちのお手入れで便利なのがこの槌。
新しいグローブを脂を塗ってはたたいて形をつけていく。

で、なんでこの木槌の話かというと、肩が凝った時に、ちょっとたたくのに具合がいいからだ。
首筋から肩に掛けて凝った時にトントンとやると結構、気持ちがいい。

ただ、その原理は洋食屋が肉をたたきのばすのにハンマーでたたくのと同じなのかもしれないけど。
つい自分の姿を他人が見たらば、そのようにしか見えないのではないかと。


posted by 曲月斎 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。