2011年04月21日

箱根である。

今夜は箱根・仙石原。

宮ノ下の富士屋ホテルの前を真っすぐ、箱根裏街道に入って宮城野から仙石原、である。

自動車の運転を覚えたのが、志太榛原だった所為なのか。
高速道路でぶっ飛ばすことにはまったく快感を覚えないが、国道1号のうち続くカーブをハンドルさばきで切り回していくのは実に気持ちがいい。

たかが1300tであるが、下手な車よりもずっと速く抜けられる腕は川根筋で磨いたものだ。

秘訣は左カーブはアウトサイドイン、右カーブは視線を常にカーブの出口へ。
バイクと一緒で人間、見た方向にしか走っていかないものらしい。

さて、今宵の宿。何とも静かなものである。
同宿は2人連れに、1人客がいるだけ。どこかで給湯管の音がする。


posted by 曲月斎 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。