2010年12月20日

惜別 鶴橋味楽。

日本橋、、というよりも、千日前の相合橋筋から坂町に入ったところの焼き肉店、「鶴橋味楽」のおいしさは常々、広く宣伝していたことである。

先途、行こうと思って電話したら、不通になってしまっていた。
気になってあれこれしらべてみたら、とうとう、閉店して事実が明らかになった。2010-05-28T22_26_30-a473e.jpg2010-05-28T22_26_31-4ac15.jpg今年の5月末で締めちゃっていたのである。

この前行ったのが去年の秋。まだおっさんもお母ちゃんも元気だったのに。身に何かなければいいんだけど。あそこの焼き肉、といえば何を置いてもまず、豊富なメニュー。
4060711.jpg何でもありましたな。今では消えてしまった牛の脳ってのも豆腐みたいでおいしかった。あと断ちキモ。これは膵臓でした。
4060708.jpgこんなカウンターに座って待つことしばし、4060734.jpgなお皿がでてきて、さらに、4060741.jpgという味噌諸味だれが出てくるのであります。こんなことになるのなら、作り方をおばちゃんに聞いておけばよかった。幻の味になってしまった。
もちろん、4060737.jpgユッケもいいし、、4060733.jpgナムルもいい。ホントにいい店だったのに。悔しい。もし縁故の方、このページをご覧になっていたら、ぜひ、コメントを付けて下さい。連絡先知らせますから。
4060707.jpg夕闇の迫るころ、この辺りは桃色一色になるのであります。でも、ここの焼き肉屋だけが異彩を放つ、そんな我が青春の坂町でした。
posted by 曲月斎 at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鶴橋味楽を愛する者の一人です。
ご主人と、奥様の事が心配です。
もう一度、あの奥様の声が聞きたいので、どうか連絡先を教えてください。
Posted by ゆめ at 2011年04月18日 00:34
本当に大好きな味でした。やっと見つけた手掛かり。おっちゃん、おばちゃんのあの笑顔にもう一度会いたい。あのタレを食べたい。
Posted by せいじ at 2013年12月11日 00:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック