2010年11月15日

川根筋で鍛えた腕前。

川根筋、ま、大井川の流域ですな。

古くは林業、近世は水力発電で活況を呈したエリアですが、基本的に道が細い。
そんな川根筋を車で行き交うこと2年。

林道のような細い道での運転は本当に慣れました。
細いヘアピンが連続しても、苦にならない、離合もなんのその。

その昔、木曽川は檜や杉を筏流しで下ろしましたが、大井川筋は仮の堤を築いてその上に水と材木を溜め、堰を切って一気に下流に流すテッポウ流しが主流だったと聞きます。そんな山あいの道で鍛えられた腕、東名の大渋滞を避けるために、湖尻峠を越える度に感謝の一念であります。

ちなみに某hpでは「裾野インターから県道337号線で湖尻峠へ登っていくルートです。裾野インターを出て国道246号線から県道337号線に入ります。湖尻峠に出たら、右方向が芦ノ湖スカイラインになります。 このルートは、県道の道幅も狭いですし、県道への入り方も複雑です。渋滞時の迂回ルートと考え、十分な安全運転でお願いします」とのこと。DSCN7338.jpg(写真は拝借もの)

この峠の登り口にコンビニがあるんですけど、思わずにぎりめし2個とウェイダーインゼリーを買いましたな、万一のために。

深良用水の上を走るこの峠、上がりきってしまえば、ま、芦ノ湖スカイラインなのですけどね。
ただ湖尻峠から一気に箱根峠まで外輪山の上を抜けてしまおうと思ったら、この有料道路、営業時間があるのです。午前7時から午後7時まで。夜間は閉鎖なのです。スパンと抜けるつもりが鉄柵で閉鎖されていてはどうしようもありません。

ちなみにこの日は仕方なく湖尻に下り、そのまま芦ノ湖の東岸、駒ケ岳の麓を元箱根へ(余談ですが、湖尻の隣の集落も元箱根。箱根駅伝の終点も元箱根。ややこしいですな)。元箱根から箱根新道に入って、西湘バイパス、大磯漁港で下りて、国道1号へ。途中で花水川の辺りから相模川近くまでは裏道を抜けて、国道134号。鎌倉の滑川から朝比奈に抜けて横横、というルートであったのですが。自宅まで約2時間半、ともかく渋滞ナシで走り抜けられはしましたけどね。

御殿場で「御殿場〜横浜町田間 渋滞40キロ」の表示でしたから。高速をつかってもそんなものだったのでは、と思うのであります。


posted by 曲月斎 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。