2010年11月10日

「チャルメラそば屋」

日本の国民的歌手、美空ひばりの畢生の名曲だと思うのだが、全然、評価されないので敢えて紹介しておく。

チャルメラそば屋」である。

どんな歌かご存じない向きのために、YouTubeで見付けた画像を貼っておく。

いかにも進駐軍全盛の時代に78回転のレコードに吹き込んだ、というイメージが素晴らしいし、後段部分の英語歌詞部分の巻き舌ぶりにはなまじのジャズシンガーも足元にも及ばぬ至芸がある。



ということでパイイチご機嫌の小生も夜泣きソバが食べたくなるのである。

ここまでなら、単なる懐旧譚であるが。

この歌を3ムスタファ3というバルカン半島のバンドがカバーしているのである。
何で日本の歌なんていくらでもあるのに、この歌を選んだのは今以てナゾである。
このバンドの紹介文句は以下の通り。
「ヒジャズ・ムスタファ、サバ・ハバスら、バルカン半島出身と自ら名乗る3・ムスタファズ・3は、そのバルカンをはじめ、世界の各地のポピュラー音楽の要素を混ぜ合わせ、いまから思えば信じられないほどフットワークの軽い音楽を作り上げてきました。無国籍音楽というのは、これのことを指すのでしょう。ただし、無国籍だからこそ面白いのが、彼らの音楽の特徴。どのアルバムも聞いて驚くビックリ箱のようなつくりでした」

スープ・オブ・ザ・センチュリー

スープ・オブ・ザ・センチュリー

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1990/10/01
  • メディア: CD




ということですべては闇の中。


posted by 曲月斎 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 天象乃音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。