2010年11月09日

牡蠣フライの季節。

P1000339.jpg馬車道の丸和に張り紙が出た。
「カキフライ始めました」

なんと甘美な文字だろう。

ここのカキフライのよろしさは筆舌に尽くしがたい。
カキがジューシーでほっこりしていて、なおかつラードで揚げた香ばしさ。
おまけにいえば、付け添えられたタルタルソースのよろしさ。

何を欠点に挙げることができようか。
欠点を挙げるとすれば、品切れが早い点か。

ぜひ、この冬のRの付く期間にはご賞味頂きたい。
1800円という値段も実に納得である。

洋食屋のカキフライとはひと味違う、トンカツ屋のカキフライのおいしさである。


posted by 曲月斎 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯨飲馬食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。