2010年10月08日

脚絆。

skins-00157.jpg昔の道中といえば、手甲、脚絆に菅笠というのが相場だが、
今様の脚絆といえば、これである。

歩き廻る時に、確かに後々楽である。

ふくらはぎというのはアキレス腱から続く部分であり、硬い地面を歩くと
一発で張りがくる。

ゲートル、脚絆と同じ発想がこの商品だろう。

ふくらはぎのほぼ真ん中にあるツボが「承山」。
脚が疲労した時に押してやると気持ちがいい。


posted by 曲月斎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。