2010年09月19日

ハッカ油。

今回の北海道への出張で、会いたいと思っていた知人に会えた。

彼とはもう30年以上の知り合いになる。何しろ、予備校の同窓生だから。
彼は祐天寺に下宿していて代々木の某大手予備校に通っていた。小生はその大船支店に通っていたのだが、私淑していた英語の講師の取り持ちもあって、知り合った仲だ。

今はSE関係の仕事をしているそうで、なかなかに忙しいらしい。メンテナンスなど、どうしても休みの日になるので、休日返上もままあるようだ。

そんな彼が金曜日にひょっこりと小生の現場にきてくれた。

「たぶん、歩いていれば見付かると思って」

面影は残っているものだ。

会ったのはもう10年ぶりぐらいになるか。

この夜も急の仕事が入って網走まで出かけるという。「本当は夕飯でも食べたかったんだけどね」と恐縮してくれるのがかえって申し訳ないくらい。

コーヒー1杯、2人で呑んで、しばし雑談。そして別れた。別れ際に「これ、お土産。スーッとするから」と差し出してくれたのはハッカ油の小瓶だった。

有朋自遠方來。不亦樂乎。


posted by 曲月斎 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。