2010年08月27日

福岡・かつえだ

福岡にきて、何が食べたいとなると、この店を思い出す。

日常の味なのだけど。
頼むものは決まっていて、ロースのソテー。

店の場所は覚えているのだけど、車で行くための段取りを忘れた。
要は通りの名前と交差点の名前。
これが分からないと、どういっていいのか分からぬ。

店に聞いたら、指示してくれて何とかたどり着く。

カウンターに座って食事をしていたら、店主が「看板だけでも点けておいてやらんか」と若だんなに声を掛けている。小生が問い合わせを気にしてのことだった。

電話したのは小生、もうついているのでご安心をと名乗ったのだが、
こんな心配りが妙にうれしかった。

ロースのソテーがひとしおおいしかったのは言うまでもない。

ちなみに通りの名前は高宮通り、交差点の名は平尾北。
1本裏の通りにあるこの店、なかなかに忘れがたい。


posted by 曲月斎 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。