2010年08月26日

博多対馬小路・水炊き長野

博多といえば水炊きである。
水炊きといえば、新三浦、いろは、そして長野である。

長野は確かにうまい。

この糞暑い日々が続いているというのに、店はほとんど予約でいっぱいだ。
17時、19時と入店時間のピークがあって、そういう意味でこの日も予約は取らなかったのだけど、20時過ぎに飛び込みで行ったら、すんなりと入れた。

帳場で「骨付きの鶏肉とつみれ、どちらにしますか」と聞かれるので、1人前ずつと頼む。
そんなに多い訳でもなし、一人でも食べられぬ量ではない。
そもそも言えば、ここの水炊きはスープを楽しむものであって、身は残してしまってもいいのだ。

新三浦は白濁したスープがうりものだけど、ここは透明。塩とコウトウネギを入れたスープが美味だ。

肉が入った鍋が供される。続いてつみれともつが入る。最後に野菜。
ということで、まずビールの中瓶、続いてお酒。
菊正宗というけど、ちょっとエチルアルコール臭い。若竹でなじんだ味なのだけどなぜだろう。

順次、食べ進んで、最後は汁掛け飯にする。
去年は気がつかなかったけど、飯がまずい。
せっかくのスープなのに。

要はみんな雑炊にするので、保温ジャーの匂いが移ってしまっているような飯でもごまかせる、ということだ。せっかくのスープ。本当は汁掛け飯がうまいのだから、飯もうまければもっとおいしかったのに。

ということで、水炊き長野はいい店なのだけど、手抜きも目立つということで。

写真は後日。


posted by 曲月斎 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。