2010年05月17日

大相撲夏場所。

久しぶりに国技館に行った。

青山で手みやげを整え、半蔵門線で錦糸町へ。総武線で両国へ。

両国駅から建設中の東京スカイツリーが見えるのに驚く。

なじみの相撲茶屋に寄って挨拶。久々になる。なじみの1軒では大女将が元気な姿を見せてくれていたが、もう1軒では女将に変わってお嬢さんが帳場に座っていた。在京20軒ある御茶屋でも昔なじみの女将のカオがだいぶへった。こういうところも世代交代である。

用件を済ませて2階に上がると、ベランダからまた東京スカイツリー。どこからも見える。まだ完成時の半分くらいの高さだと聞くが、辺りにしてみれば圧するような存在。ちょっと鬱陶しくはないのだろうか。

相撲がはねた後、本所のもつ焼き屋に寄り、もう1軒はしごして錦糸町から帰宅。ふと、自分にとって相撲が遠いところで興行しているような感じがした。


posted by 曲月斎 at 22:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 知進知退 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5月16日(日)NHKテレビのゲストに、
大鼓の亀井忠雄さんがでていましたね。
霜鳳の礼儀正しさを褒め、
木村恵之助の所作を称え、
進行の「間」を楽しむというお話をしていました。
普段は向正面の溜席で見ておられるという、
本物の好角家なんですね。
Posted by moraimuko at 2010年05月19日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。