2010年05月10日

@つくば 黄色い花粉の霞

オオクラ.bmp先週末は茨城だった。

仕事の現場が常磐道谷和原ICが最寄り。近くにホテルはなし。仕方なく「つくば市」に泊まる。

ホテルフロンティアオオクラだったかな。ともかく筑波エクスプレスの終点、つくば駅の前、というか上にあるホテルである。

夜に到着。辺りを見回すと何もない。
仕方なく知己に電話をして教えを請うと、「確か駅前の西武の6階にレストラン街があったと思う」とのこと。行ってみると人気のないフロアに飲食店が数軒。炉端焼きなら良かろうと入ってみるとこれが実に味気ない。何もないのである。何もここまで喰う必要性などかけらもない。

早々に退散したのであった。

この翌晩は仕方ないのでホテルの中華料理店を利用した。
ホテルの中華は高い、うまくはないの2条件が揃うのが必定。でも廻りに何もないのだから仕方ない。

ま、すごい店でしたな。面倒なのでコースを頼んだのですけど、矢継ぎ早に料理が次々と出てくると思えば、ぴたっと止まってしまい、間が持たない気分になったり。うーん。美味かったのは前菜の生クラゲだけかな。それも……。会計で2人で2万2千円だったかな。あの値段はないでしょ、って感じ。

で肝心の現場ですが。ほぼ真っ平ら。赤松が延々と生えているのですけど、この時季は花粉がすごい。遠くから見ると黄色い霞のようにたなびいて居るんですな。我が愛車で出掛けたのですけど、青い車がなぜか黄色の粉がふいているみたい。さすがに気持ち悪くて即洗車をしたのですが、また翌日も同じ。また洗車をしたのでした。

この前の新三田もそうでしたけど、街に匂いがないんですな。ああいう街に匂いのないところはどうも苦手。ただ、つくば市は中心の部分から5分も車を走らせると何もない農村の匂いはしましたけど。

筑波大の学生諸賢、偉いなと思う。


posted by 曲月斎 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。