2010年04月27日

サクラエビの季節。

3539334172_87f8a022cd.jpg静岡ではこの時期、サクラエビである。

日本広しといえども、サクラエビが捕れるのは駿河湾だけ。それも由比と大井川の2カ所しか水揚げをしない。

普通は釜ゆでにして、干したものが流通している。粉モノの具によく登場する代物だ。でも本場は違う。

生のママか釜揚げの段階で食べるのである。就中、個人的にはかき揚げが美味であると思う。

志太界隈では年中あるとはいえ、旬の時期が一番。藤枝宿の山内屋で出してくれるかき揚げをフト思い出したのであった。

うまいものはうまい、としかいいようがない。

そういえば、サクラエビは未だに人工養殖が成り立たない生物。以前、焼津の水産試験場で卵からサクラエビを育てている研究員さんに会ったことがある。次々に死んでいき、残ったのは1匹。7ミリほどの命を慈しんでいた。名前を付けて懸命に育てていたが、話をした数日後に死んだ。美味いと食べるのは一瞬だが、その背後にあるいろんな思いもあるのを知った。


posted by 曲月斎 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。