2010年04月25日

「白い巨塔」


白い巨塔 [DVD]

白い巨塔 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



白い巨塔の財前五郎といえば、死んだ田宮二郎の当たり役。映画の方は本作の続編が出る前に映画化されているので、後の結末まで知っている身には正直のところ、モノ足らない幕切れだ。

田宮二郎の人物造形がすこぶる稚拙で、脂ぎった感じ、権力への妄執をにじませる部分がまだ未熟なのにもかかわらず、脇を固める小沢栄太郎、加藤嘉、東野英次郎、滝沢修などなど、メンバーのアクが強くて、実に医学界の雰囲気を醸し出していると思う。

田宮は後に、この作品をもう一度、フジテレビで映像化する。


白い巨塔 DVD-BOX1〜浪速大学医学部教授戦〜

白い巨塔 DVD-BOX1〜浪速大学医学部教授戦〜

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • メディア: DVD




白い巨塔 DVD-BOX2 〜誤診裁判第一審〜

白い巨塔 DVD-BOX2 〜誤診裁判第一審〜

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • メディア: DVD




白い巨塔 DVD-BOX3 〜誤診裁判第二審〜

白い巨塔 DVD-BOX3 〜誤診裁判第二審〜

  • 出版社/メーカー: フジテレビ
  • メディア: DVD



こちらも主要キャストを本編からそのまま引き継ぎ、敵役に山本学を得て、実に見事。放映が終わる前に、田宮自身が猟銃自殺を遂げたのだけど、記憶だと、猟銃自殺の方がずっと後だったような気がする。
DVDだと9枚にもなるらしい。今はもう売っていないのでAmazonでもとっても高い。
どこかの貸しDVD屋さんにないかしらん。
ぜひ、見直してみたいものだけど。

そういえば、大映の永田雅一と対立していた田宮が、五社協定の縛りの後も、この再映像化のために四苦八苦したという逸話を何かで読んだのだけど……。最近読んだことなのに、忘れてしまった。トホホ。

てなことを書いているうちに、田宮と児玉清が学習院大で同級だったことを知る。うーん。人間の綾は分からん。


posted by 曲月斎 at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 銀幕緞帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小説の方は、たまらなく好きです。
読んだのは昭和54年頃。
テレビの方も欠かさず見ました。
続編のオープニングで教授回診の先頭が田宮二郎だったのには興奮しました。
懐かしいですよ。
Posted by 遅筆堂 at 2010年04月25日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。