2010年03月23日

「獄門島」

141-1560.jpg昨晩はTSUTAYAに出掛けた。
今、5本で1000だそうだ。で借りてきた1本が「獄門島」

市川コン監督の作品である。言わずと知れた横溝正史ものである。主演は石坂浩二。

娯楽作らしく、最初に登場人物の説明場面が続いて、話が展開する。今みても間然とするところのない作品だ。ワキを固める佐分利信、東野栄次郎、大滝秀治といい役者がそろっているなぁと思うことしきり。

あと、太地喜和子のせりふ回しで杉村春子を連想させるような場面がいくつかあったのが驚き。

「季違いじゃがしょうがない」は佐分利信だから言える一言だなぁ。


posted by 曲月斎 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀幕緞帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。