2010年01月16日

横浜 とんかつ丸和

398554.jpgトンカツ屋さんというのは実はどこにでもあるようで、得難い存在である。

脂っこくても嫌だし、かといってパサパサでも問題が多い。
食べてうまくなくてはまずいけない。

その点で、この横浜の丸和というトンカツ屋さんは文句ない。

今まで、ネット上でうまいという店で余り当たりだったことはないものだが、ここは大当たりだった。

まず以て、トンカツがおいしい。
ロースカツを頼んだのだが、適当に脂があって肉に厚みもあって、衣もさっくり。カラッとした揚げあがりだ。

飯もうまい。豚汁はちょっと味噌の好みが違うけど、十分にうまい。

横浜でトンカツというと、大昔の「とん亭」に止めを刺すと思い、それ以上の店が見付からずにきたが、あるところにはあるものだ。

夜、再訪して牡蠣フライを頼んだ。
これもまた美味というべし。
牡蠣の身がジューシーで、大ぶり。味わいがある。
こういう牡蠣フライでビール。冬の味である。

ぜひ、横浜に来たら訪れて欲しい1軒である。

場所は有名のトンカツ屋勝烈庵のすぐ裏手になる。
某店との味の比較は……。いうまい。

神奈川県横浜市中区住吉町5-61
posted by 曲月斎 at 22:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関内の「とん亭」、懐かしいです。
わたしも、あのすこし黒っぽいトンカツが一番だったと思っています。
神奈川新聞のそばで働いていたので、よく食べにいったものです。
「丸和」、こんどぜひ行ってみます。
Posted by 温泉クン at 2012年04月15日 11:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138495037
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック