2009年08月22日

阪神甲子園球場。

p1.jpg甲子園球場に行ってきた。

この前書いたけど、今年で25年目の夏。今でも初めてこの球場を訪れた時に、中の通路を抜け、席に着いた時に目の前に広がった青い芝の美しさが忘れがたい。

日本でも特別な球場であります。
その昔、阪神電鉄の若手技師がまだ球場なんてものが日本に満足になかった時代にアメリカに行って、ニューヨーク・ジャイアンツの本拠だったポログラウンドをモデルに作ったと言います。

外観の品格、そして見やすい客席、猥雑だった売店の並ぶ通路。という中の猥雑な通路は新球場ではなくなってしまいました。

koushien.jpgというのは、関係者の動線は1階、観客は2階、3階になり、焼き鳥屋の煙も通路に流れず、赤星のつけ麵やら、球児のカツオたたきどんぶりとか、どこかネズミ王国風というか、模擬店の羅列というか。こちゃこちゃした感じになってしまいました。

競馬場が鉄火場ではなくなっているのと同じように、どこかで軽くなっちゃった感じ。非難する点なんてないんですけどね。

という訳で、新球場はとてもきれいです。


posted by 曲月斎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 騙仕合傳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。