2005年12月09日

真冬の鐵馬

真冬に鉄馬を駆る
もう5度目の車検を通して半年。まともに乗っていない日々は相変わらずなのだが、今回、房州に出掛けるのに鉄馬を駆って行ってみる気になった。まだ、バイク自体が長年の放置のために、安定している訳ではない。下の国道を走り、フェリーに乗り継ぎ、房州まで。途中、フェリーの待ち時間が1時間あったことを差し引けば、約3時間。トリップメーターで89キロだったから、ほぼ順調な道のりだったか。
この時期はいわゆるバイクのツーリング時期ではない。まず、乗っていて寒いし、日暮れも早い。ただ、いい点もある。太平洋側は冬型の気圧配置、好天続きとなるので、バイクの一番の苦手、雨に降られる可能性は低い。
冬のバイクというのも考えようによっては快適なのかもしれない。
寒かったけど、久しぶりにバイクに乗った、という感じに満足だった。
ちなみに、バイクは全国の自動車教習所でご愛用のCB400SF。
師匠は「路面でワイプアウトしないでね。痛いから」との優しいお言葉だった。
バイク
posted by 曲月斎 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鐵馬千里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。