2009年05月24日

明太子 新鋭アジ比べ

用意したのは福岡空港で入手した稚加榮と椒房庵の明太子。
どちらも老舗に拮抗してしる人そしるブランドとなっている。
で用意したのはどちらのブランドも安い、切り子とお徳用品。お徳用品の方が少しすくないかな。

焼酎のあてとして明太子をつまむという方法で比較した。

丸は椒房庵。味がしっかりしていること、それに尽きる。
稚加榮は生状態の部分が残っているのだがそれが持ち味であり、欠点にもなるということ。

次の福岡出張では「椒房庵」を買って帰ることになる。とりあえずは。


posted by 曲月斎 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。