2009年05月05日

憲法を想ふ。

第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

こりゃ日本国憲法の条文です。

きょう、やっとベッドがとどきました。
3月末に転居して以来、どうするか迷い、部屋の混乱もうち続く中、打開の糸口も立たないままに過ごしてきたのですが、やっと2部屋目が何とかなる具合になってきたので、ベッドであります。

段ボールの谷間に布団を敷き寝ていた生活からの脱却。夢のような話であります。

今、窓の外には、夏に向けて日差しを遮るべく、緑のカーテンを育成開始しました。
苗.jpg植えたのは、ヘチマ、フウセンカズラ、ニガウリ、キュウリ。何れも蔓を伸ばして茂る植物であります。元番頭に言わせると、「毒のあるものとか、苦いもんとか、どうしてそういうものばかり育てるのですか」とおしゃるので、ヘチマとキュウリを追加しました。

藤枝にいたときはごく自然に緑も何もあったのですが、ここにいると何か息苦しくなります。緑が欲しい。

そこで緑のカーテン計画であります。
健康で文化的な生活は実現するのでありましょうか。


posted by 曲月斎 at 13:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎年、やろうかなあと思った頃には時機を逸していまして、今年はまだ間にあるので、この際、検討しようかなと思っています。
植えるもの候補は、琉球朝顔です。
Posted by 遅筆堂 at 2009年05月05日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。