2008年10月27日

朝比奈大龍勢/岡部町

ryusei-1.jpg

先途の土曜日。岡部町の殿という集落で2年に1度のお祭り「朝比奈大龍勢」というのがありました。

要は、集落ごとに作る13の連が、手作りロケット花火を作ってそれを打ち上げるという趣向。

孟宗竹の元末逆さまにした先に火薬を詰めた筒と落下傘や幟、色の煙幕などが仕込まれていて、15分に1発ずつ打ち上げていくのです。

独特の口上がまたいい。「東西トーザイッ。おおりゅうぅせい、おおりゅうううせぇえいぃいいー」というところから、花火の外題を読み上げる。「ミッキーとミニー、今度は第2東名で来てね」(これは第2東名の建設に携わっているところがスポンサーの花火)で、その後、スポンサー名を読み上げて「××さまぁご献発ぅー」

点火してくださいの合図とともに、発射のやぐらは5丈3尺ほど、導火線を火が走り、その後、しばらくして打ちあがるわけです。
ryusei-2.jpg

これを眺めながら酒を飲み、馬鹿話をしていると言う次第。なかなか秋のイベントとしては秀逸でした。

この写真は昼打ちですが、夜打ちというのもあって、こちらは普通の花火のようですが、落下傘に仕込んだ火薬がヨコに走りながら火花を散らすわけで。これもまた風情。

何でも1発100万くらいかかるそうであります。


posted by 曲月斎 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。