2008年10月27日

ホームカミングデー

okuma.jpg26日はまた、母校のホームカミングデーでありました。

何を小じゃれたと思うのですが、卒業25年目、35年目、45年目のOBが招待されるというのであります。

8月には招待状を発送したというのですが、来た覚えもなし。知人に電話をしても「うちにも来てないよ」との答えであります。

招待もされないでいくのも変ですが、まあ、東京で用事があったのでそのついでに覗いてみるかということでのこのこと出かけました。

馬場下の交差点から戸山キャンパス、南門通りから本部へと歩いたのですが、なじみの店はもう大半が閉店したようで、見慣れぬ景色。あの第1学生会館跡も今は「小野梓記念会堂」になっているし、西武の堤康次郎が寄付し、学生紛争で幽霊屋敷のようになっていた第2学生会館は「大隈タワー」という名になっていました。

もともと、人勝手な空気が強く、同窓だからといって群れることも少ないように思っていたんですけど、改めてそういうのが気風なんだと思い悟る次第。

昔、春風亭小朝の随筆に、師匠の同窓会につれられていった時の話がでてましたっけ。「同窓会なんてどうにかなったヤツだけが出てくるんだから」って。どうにもならない小生など顔を出すこともなかったように思い升。

とあれ、創立125周年記念用のキャラクターグッズを数点、買って帰ってきましたとさ。


posted by 曲月斎 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。