2008年09月22日

高い、でも美味い。

ロイヤルハウスホールド 750ml 43度ロイヤルハウスホールド 750ml 43度


久し振りにこの酒を飲んだ。
大体、1杯2500円とか3000円とかという表示にひるむのではあるが、やっぱり呑んでみたいと、某ホテルのバーで頼んだ。

今、一部で流行のシングルモルトのような肩肘張った風情はなく、かといって軽い訳でもなし。ウイスキーというのはこういう味だったなあと思い出させてくれるような気分になる。

並行品が全盛のこのご時世にあっても未だに2万円を割ることはない。それもそのはず、この酒は英国国内では発売されておらず、飲む事のできる場所はバッキンガム宮殿と、スコットランドの西端・ヘブリディーズ諸島のハリス島にあるローデル・ホテルのバーの2カ所のみという伝説付き。昭和天皇が摂政時代に訪英した縁で日本国内では販売されているというのだが、さて本当の話なのだろうか。赤坂辺りのあやしげな店でも普通に供されているのを見ると、この伝説、にわかには信じがたくなる。

口上はさておき、やはり美味しかったとしか言いようがない。もちろんこんな高い酒です。1杯ですぐ切り上げました。


posted by 曲月斎 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。