2008年09月15日

「ベートーヴェンの交響曲」

「ベートーヴェンの交響曲」


よくできた本、だと思う。
新進気鋭(といったら失礼か)の指揮者、金聖響がベートーヴェンの9曲の交響曲に就いて、今の所感、曲の来歴、指揮をしている上での心得など、腹蔵なく語っているのである。

最近のCD売り場に行って驚いたのだが、LP時代にはあれほど全盛を誇ったカラヤンが廉価盤である。フルトベングラーもバーンスタインもそう。トスカニーニなんて数えるほど。セル、ショルティ、ワルター、クリュイタンスなどなどに至ってはほとんど見掛けなくなっていた。

何でも、この本によると、こういう人々は老大家の時代の指揮者といわれるそうで、荘重に振ることが一つの価値であったのだが、原典に帰れというムーブメントや、作曲当時の楽団編成、奏法などに基づけば、ベートーヴェン自身が意図した音はこうだったはず、という解釈も成り立つ訳で、そういう一種のルネサンスが起きていたのだった。

ちなみに玉木によれば、最近小生が嵌っていた「7番」は誰が振っても名演に聞こえる曲だそうである。

でも、この1冊を読むと、スコア(総譜)が見てみたくなるから不思議な話。元番頭(この人は異才の人なのだが)が「最近、スコアが追えるようになりました」と言っていたが、確かにそんな楽しみ方もあるのかもしれない。

老大家の時代、最後の指揮者でもあるカルロス・クライバーの「7番」のDVDの話はまた機会があれば別稿で。

そう、一番大事なことを忘れていました。

この本ですばらしいのは「年譜」です。ベートーヴェンの生きた時代、世界では、あるいは日本ではどんなことが起きていたのかをつぶさに教えてくれます。時代の位相の中での音楽という視点を思い出させてくれる貴重な資料です。こういうのに手間を掛けた本、って好きやなぁ。


posted by 曲月斎 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。