2017年04月01日

☆2017年3月に読んだ本。

3月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2240ナイス数:324武田氏滅亡 (角川選書)武田氏滅亡 (角川選書)感想長篠合戦の後、すぐ武田氏は滅亡するような感覚を抱きがちだが、間には1575〜1582年という時間が挟まっている(関ヶ原の後、即豊臣氏滅亡という感じに似て。この間実に15年)。その間のことを詳細に跡づけした1冊。武田氏の存亡に限らず、戦国大名は勝頼と同じように精一杯領国支配を続けようと努力したのだろう。隣国と抗争したり、調略したり、同盟を結んだり。合戦もさることながら、日常的な撫民がどれだけできたか、で命運が分かれていったのがよく分かる。最終章の滅亡までは時系列のドキュメント風。一気に崩れていく様は壮観。読了日:03月24日 著者:平山 優
裁判の非情と人情 (岩波新書)裁判の非情と人情 (岩波新書)感想刑事裁判官として長年の経験を積んだ筆者ならではの随筆。1篇4ページほどながら、味わい深い。藤沢周平を読み、鬼平を若手に勧めたり、無罪判決を起案する話であったり、また後進の育て方だったり。法曹の世界に軸足を置きながら、展開する方向は多岐。碩学ぶりと人柄が偲ばれる内容だ。同じ法曹の世界の穂積重陳の「法窓夜話」を思い出した。裁判員裁判制度が導入されて変わることを期待する点や、最高裁の判事の事務方を務めた経験など、ならではの話が多い。担当事件について裁判官は順番ながら検察は上席の思惑が反映するとは知らなかった。読了日:03月06日 著者:原田 國男
海の向こうから見た倭国 (講談社現代新書)海の向こうから見た倭国 (講談社現代新書)感想神功皇后の三韓征伐など今は史実として認める方は少ないだろう。とはいえ、百済、新羅、任那に高句麗。日本もまだ統一国家といえるものがない時代に、先方もそうだった訳で、中小社会がしのぎを削っていた。そんな社会の交流を考古学の手法で読み解こうというのが本書の趣向。出土品であったり、前方後円墳だったり。「吉備の乱」とか「磐井の乱」とか、勝者の歴史からだけでは本当の意味が実はなかなか捉えにくいものであり、その点で考古学的な手法を取り入れた筆者の姿勢、書きぶりには好感が持てる。単線的な交流に簡潔化していない分析が新鮮。読了日:03月06日 著者:高田 貫太
ブッダと法然 (新潮新書)ブッダと法然 (新潮新書)感想釈迦と法然。「0」から「1」を生んだ宗教者という視点で読み解いていく。縁起を説いた人と念仏往生を説いた人。先行する考えを否定することで次の段階に進んでいく。「空亦復空」であり、悟りを開いたと思った瞬間に次の考えを生んでいかざるをえない。キリスト教は公会議で教義を1本に絞ってきたのとは対照的に絶対者・阿弥陀を想定しながら、そこで止まることがなかった点に筆者は仏教の特色を見る。読み終わって感じること。法然のという人はやはり叡山の人で、持戒清浄、大原問答に勝てる学識、もっと認識が改められていい宗教者である。読了日:03月05日 著者:平岡聡
ロシア革命――破局の8か月 (岩波新書)ロシア革命――破局の8か月 (岩波新書)感想帝政ロシアの2月革命から10月革命に至る間の動きを追った1冊。混迷の構図の原因は「2分法」の思想にあるという。資本家、支配者などの「あいつら」と農民、兵士、労働者などの「われわれ」という構図だ。相手を考える余裕がなければ双方の理解と交渉と妥協が成立するはずもない。結局、ボルシェビキは結局、力で圧倒することで政体を確立したのだから。同じく共産主義革命が起きた中国を見れば根底には「士庶」「華夷」の別があり、本書で取り上げられた崩壊にも似る。で、日本では……。中世くらいのイメージかなぁ。さらに今の世相も……。読了日:03月04日 著者:池田 嘉郎
中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』 シリーズ<本と日本史>3 (集英社新書)中世の声と文字 親鸞の手紙と『平家物語』 シリーズ<本と日本史>3 (集英社新書)感想本来の本書の趣旨は、人が意図を伝える手段としての手紙や物語が書き言葉の漢文ではなく、仮名交じりになったという事象をきちんと分析、紹介することにあったはず。親鸞の手紙や和讃を取り上げるが表層的な感じ。後段の平家物語の部分は兪々表層。語り本系から読み本系へ発展したとする嘗ての説を筆者は奉じているが、最近の研究では逆。延慶本辺りに古態を見るのが定説だ。保元、平治物語もそう。昨今の国文学研究の進展を理解していないように見える。むしろ、本書は慈圓はなぜ愚管抄を漢字仮名交じりで書いたかを説く方が大切ではなかったか。読了日:03月03日 著者:大隅 和雄
〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書)〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書)感想痲薬という字面の禍々しさ。「規制薬物=麻薬」なら中枢神経を抑制するモルヒネ類も興奮させる覚醒剤類も幻覚を催すLSDの類いも同じ範疇になる。寧ろ「血液脳関門通過物質」であることが共通項になる。罌粟、麦角といった植物を生かす古代からの知恵と、モルヒネの単離、尿素合成に始まる近現代の有機化学の技術が出会った時に、別方向へのベクトルが働いた気がする。南北戦争や普仏戦争でのモルヒネ、WWUでの覚醒剤、ベトナム戦争時のコカイン。薬用だけとはいかない。ただ薬も麻薬も結局は使い方次第という結論では肩透かしの感もある、が。読了日:03月01日 著者:船山 信次
読書メーター
posted by 曲月斎 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする