2015年08月01日

☆2015年7月に読んだ本。

2015年7月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:5572ページ
ナイス数:478ナイス

袁世凱――現代中国の出発 (岩波新書)袁世凱――現代中国の出発 (岩波新書)感想
孫文らの仕立てた中華民国の総統に収まり、「対華二十一箇条要求」を受諾した人物という認識だったけど、本質は「対外的には承認されていても、地方を統治する能力がない中央政府」と「中央政府の支援なしでも自立していける地方政府」という二項対立の上で、この人物は中央に君臨しようとしたという見立てで納得がいく。トップに立っても地方が施策に着いてこなければ其迄。その後、諸外国と結んだ地方軍閥(張作霖と日本が好例)の簇生が毛沢東の現・中国建国まで続いたということ。北一輝の月旦「奸雄の器に非ずして堕弱なる俗吏」が確かに適切。
読了日:7月31日 著者:岡本隆司
日本に古代はあったのか (角川選書)日本に古代はあったのか (角川選書)
読了日:7月31日 著者:井上章一
英語教科書は〈戦争〉をどう教えてきたか英語教科書は〈戦争〉をどう教えてきたか感想
最初の英語の教科書は人種の優劣を説く「ミッチェルの地理書」や「ハーレー万国史」から始まった。戦争の影が忍び寄ってくるにつれ、教材の中にも戦争のテーマが増える。北朝鮮を嗤えないし、僕らが大学で習った時の中国語の教科書(北京語言学院が文革当時、英米人向けに出した教科書の邦訳)を思い出しても、想像がつくというものだ。ただそれ以上に、1988年の英語の教科書で「戦争は人間を残酷にする」という話題を東南アジア人との話する章が、一部与党議員の抗議で削除されたという。気を抜くと今でも今の日本でも何があるか分からない。
読了日:7月28日 著者:江利川春雄
源平合戦の虚像を剥ぐ 治承・寿永内乱史研究 (講談社学術文庫)源平合戦の虚像を剥ぐ 治承・寿永内乱史研究 (講談社学術文庫)感想
イイクニ作ろう鎌倉幕府で終わらない、源頼朝の存在意義をかけた葛藤史である。清和源氏の嫡流であることを示しつつ、桓武平氏というブランドと戦いつつ。書状一本、官位の付与だけでは権力は確立しえないのであって、内幕を古文書史料を読み解くことで示した1冊。たぶん、治承寿永の乱は早い時期から「物語化」されているので(それは武門の家々が正統性を示すためでもあろうが)、薄皮が何枚も懸かっている状態で享受されてきた訳で、その薄皮を剥いでいく筆者の手際は快感でもある。末章に挙がる奥州藤原氏追討の見立て、お見事というほかない。
読了日:7月22日 著者:川合康
戦下のレシピ――太平洋戦争下の食を知る (岩波現代文庫)戦下のレシピ――太平洋戦争下の食を知る (岩波現代文庫)感想
戦時下の食料不足は生産力と輸送力の低下による。室町時代の京の飢饉と同じ構図だ。米食が普及したのが大正期、節米から代用品、糧物等と旧に戻したのだから食文化の歴史の退行現象である。あるときは生大豆粉、フスマ、くず米、魚粉等々、飼料のような代物を滋養があるといって食べさせる政策、つまりは戦争状態を招いてしまう政治の貧困が本当の原因である。真面目な顔で婦人雑誌が記事を掲載していたのに敬意を表するし、こんなものをありがたがって食べるような生活に成らぬよう、まず以て政治を健全に保つ努力を国民が続けていく大事さ。
読了日:7月21日 著者:斎藤美奈子
春画のからくり (ちくま文庫)春画のからくり (ちくま文庫)感想
日本の文学と美術は「過剰な装飾」というキーワードで読み解けるという。春画も例外ではない。隠し、見立て、周囲の道具立てで、衣服に含意する世界を見せる。前期の浮世絵からモロに描くことで別の世界を開いた後期の作品まで。「覗き見」も、日本では明治まで性的興奮の対象たり得なかったかもしれぬ(だって家の構造がそうでしょ)。また手淫が宗教的戒律として存在してきた西欧文化からは春画も別の視点から見えると説く。ともあれ、着衣のこだわりは、どこかフェティシズムへの連環を感じさせる。誰が春画を見ていたのかへの関心も興味深い。
読了日:7月19日 著者:田中優子
居酒屋の誕生: 江戸の呑みだおれ文化 (ちくま学芸文庫)居酒屋の誕生: 江戸の呑みだおれ文化 (ちくま学芸文庫)感想
江戸という町は職人や江戸詰めの武士など男性シングル者の多い町。必然的に外食産業、居酒屋が発達する訳で背景を探った1冊。当時常用していた日本酒は池田、伊丹等の上方の酒が船で江戸まで運ばれる間に美味くなることを見つけた人々は余計に酒に親しむ機会が増えた。ただその肴は「切らず汁(おからの味噌汁)」であったり、薬食いだったり。タコが店先に下がっているのが看板代わりとは。最初はチロリで燗をつけていたものが徳利になり、いよいよ安直になっていく訳で。個人的には本を読んでいて、鶯谷の居酒屋鍵屋の風情を思い出しました。
読了日:7月18日 著者:飯野亮一
教授の異常な弁解 (文春文庫)教授の異常な弁解 (文春文庫)感想
週刊文春の連載。軽い読み物という点からいうと、同じく文春に連載していた高島俊男の「お言葉ですが」を連想していたのですが、ちょっと味わいが足りない感じ。それはそれで独自のツチヤ・ワールドなのですが。
読了日:7月17日 著者:土屋賢二
少年と少女のポルカ (講談社文庫)少年と少女のポルカ (講談社文庫)感想
個人的な感想です。最後まで文体への違和感がぬぐえず、筋を追うのがやっと。作者との年齢の差を感じてしまったなぁ。学園ものなのですが、脳の中で絵が描けない感じでした。読解力、想像力不足かぁ。
読了日:7月17日 著者:藤野千夜
日本の軍隊を知る: 基礎知識編 (地域のなかの軍隊)日本の軍隊を知る: 基礎知識編 (地域のなかの軍隊)感想
今年は戦後70年、旧日本陸海軍という機構やその習慣、法令規則自体が記憶の彼方に消えようとしている中、実際はどうなのかという説明を試みた1冊。徴兵制という仕掛けから、徴兵忌避、陸軍の駐屯地、海軍の鎮守府の分布や性格、在郷軍人という存在、軍事郵便、軍隊生活全般に至るまでまとめている。従軍僧や神官、軍馬、演習等にも言及している。先行研究の論文紹介も行き届き、入門書としては手頃だと思う。色んな分野で述べられていることは多岐に渉るが、やはり15年戦争が始まって以降というのはそれ以前と際だって異なるのが印象的。
読了日:7月17日 著者:
昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年感想
国内の映画、ドラマ、漫画などに登場する食卓の様子を分析することで、背景にある世界を描き出すことを試みた1冊。基調低音は他の著作と同じで「戦前生まれの母親は戦中戦後に育ち、料理を覚えられず、その子供世代に料理が苦手という図式が引き継がれた」という見立てだ。加えて地域社会、大家族制の崩壊や住空間(台所)、家族構成の変化も加わった。ただ筆者は「飯は誰かと一緒に食べた方が美味しい」というテーマを論証し続けているといえる。そして危惧するように「料理を作って食べる、食べさせる文化」は今、脆弱になっているのも事実。
読了日:7月16日 著者:阿古真理
昭和育ちのおいしい記憶 (単行本)昭和育ちのおいしい記憶 (単行本)感想
「小林カツ代と栗原はるみ」を読んでの転進だったので少し期待はずれ。というのは随筆漫筆であり、何か切れ味も薬味も欲しい方だから。多分、料理の随筆でも辰巳浜子の「料理歳時記」や四方田犬彦の「ひと皿の記憶」みたいな内容なら違ったかも。それでも家計調査や農産物調査のデータに人口動態を絡めて、料理の変化に時代相を絡めて考えるのは筆者ならでは。面白い。さらに「食文化は結局刷り込みと慣れだ」とか、「人と親しくなるのは体験を共有すること、手っ取り早いのは同じ物を食べることだ」など、筆者らしい切口上が心地よい。
読了日:7月13日 著者:阿古真理
夢野久作全集〈8〉 (ちくま文庫)夢野久作全集〈8〉 (ちくま文庫)感想
この中に所収の「キチガイ地獄」のみをキンドルで読了。言わぬが花のどんでん返し、こういう展開の小説もあるもんですね。北海道・大雪山から樺戸監獄、さらには九州へと話が展開するのですが。一人称独白形式の小説ながら、その手際にはお見事というしかない鮮やかさ、です。
読了日:7月12日 著者:夢野久作
ふしぎなイギリス (講談社現代新書)ふしぎなイギリス (講談社現代新書)感想
筆者は毎日新聞の外報記者。俎上に載るのは主にサッチャー以降の英国の有り様だ。合理主義者の英国民が何で王室という存在の存続を認めているのか、議会と国民(納税者としての辛辣な視点も含めて)の関係であったり、看板はどうあれ実を取る国民性であったり。視座が多角的だ。1976年、木村治美が「黄昏のロンドンから」でルポした後の様変わりぶりが分かる。「アングロサクソンの国」という米国との対等な立ち位置から「ジュニアパートナー」という表現への変容、超大国を如何に扱うか。愚直な日本と彼我の差を感じざるを得ない。
読了日:7月11日 著者:笠原敏彦
例外状態例外状態感想
市民の危急が迫った場合、法の規定がない場合、法の執行停止が宣言されることがある。そんな状況を「例外状態」と呼ぶ。古代ローマからこの問題は存在した。今もグアンタナモ基地があるように「例外状態」はある。西欧での例外状態の由来や変遷を論考する。今次国会の安保法制も事前にこの間隙を埋めるため、というのが一つの理屈ながら、誰が強権を振るうのか? 日本で行政府の長が振るうことを認めるとすれば危い。間接民主制で議院内閣制。そこまでの信認を付与していないというのが実感ではないか。戦時と平時は同時に存在しうるが。
読了日:7月9日 著者:ジョルジョアガンベン
支那米の袋 (青空文庫POD(ポケット版))支那米の袋 (青空文庫POD(ポケット版))感想
1人称小説、夢野自家薬籠中の独白体小説。浦鹽なんて言葉(ウラジオストックのこと)が出てきたり、被虐趣味の女性が出てきたり。筋立てはご存じどんでん返し。でも読んでいて江戸川乱歩(1894年生)とか横溝正史(1902年生)とかを連想していました。ちなみに夢野は1889年生、でした。
読了日:7月9日 著者:夢野久作
少女地獄 (1976年) (角川文庫)少女地獄 (1976年) (角川文庫)感想
最初に読んだ時はこの文庫本。再読したのは先日届いたキンドル。昭和の文庫本は活字が小さいので老眼にはつらいと思っていた矢先に、電子書籍を薦められて、ついに手を出す。Amazonで書籍検索をしているはずがいつの間にか青空文庫につながっていて、代金は0。確かに著作権切れだから当たり前なのだけど、何か不思議な感じもする。電子書籍、まだ使い慣れていないので何ともいえないけど、数ページすっ飛ばして読むこともあるので、愚直に指で送るのが何か億劫。まさか夢野久作にこんな形で再会するとは思っていなかった。相変わらず新鮮。
読了日:7月9日 著者:夢野久作
「皇国史観」という問題―十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策「皇国史観」という問題―十五年戦争期における文部省の修史事業と思想統制政策感想
「国体」という特殊な価値を体現している国家に対する絶対的優越感=観を「皇国史観」。文部省の役割が大きいことが分かる。1935年の天皇機関説事件を契機に2度に渡る国体明徴声明、満州国、北支への進出に関連しての田中智学による「八紘一宇」の提唱等々。「国体の本義」「臣民の道」の発行、高文試験での国史必須化と官製歴史書「国史概説」の登場……。すべて帰納されるのは当時の歴史学界の空気になかったか。「近代に於ける学問=『純正史学』と教育=『応用史学』」という二重構造、つまり「密教と顕教」の関係を受容してきたことに。
読了日:7月8日 著者:長谷川亮一
英国二重スパイ・システム - ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦英国二重スパイ・システム - ノルマンディー上陸を支えた欺瞞作戦感想
偵察衛星も、インターネットや携帯電話の傍受も存在しなかった時代の話。第二次世界大戦の欧州戦線の一つの転換点だったノルマンディー上陸作戦に関しての情報戦の裏話である。英情報網の優秀さを裏付けるような話で、今は米がそんな覗き見の仕事を一手に担っているのだろうな、と。本書に出てくるのだけど、駐独大使であった大島浩陸軍中将が日本向けの外交電がほとんど連合国側に筒抜けだったという逸話は国内の有様を示すようなエピソードだ。独中枢の意向を知らせることとなった情報は詳細で多岐だったという。日本陸軍の性格を示すようだ。
読了日:7月6日 著者:ベン・マッキンタイアー
小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代 (新潮新書)感想
戦後家庭料理史、日本の女性史である。昭和前半生まれの世代は家の伝統料理や知恵を知らずに育った。家事を覚える時期が戦中戦後の混乱と飢餓の時代。家事負担の煩わしさから開放を意図して子の世代に教えなかった、られなかった。で、昭和後半生まれの世代も料理に苦手意識を抱き、「オレンジページ」などに依った。高度成長期を挟んで家族構成、住環境が変わった。バブル期を挟んで家計構造が変わる。伝統的な調理法は残せないのだ。そこで旗手として現れたのは小林と栗原。2人に限らず多くの料理研究家を紹介し、内容を充実させた好著!!
読了日:7月3日 著者:阿古真理
山賊ダイアリー(6) (イブニングKC)山賊ダイアリー(6) (イブニングKC)感想
相変わらずの「山賊暮らし」ぶり。だいぶ板に付いてきたというか。ハト、ウサギ、カモ、たまにシカ、川にコイを釣りにいく話まで。ストレートに話が展開していかないのが、らしいといえばらしくて、いいのかも。筆者が住んでいるのがやはり岡山。中国山地はやはりこの辺とは少し、山の様相が違うのかもしれません。今、住んでいる辺りでは狩猟期間に入ると、イノシシを狙うハンターが結構います。害獣駆除でシカも対象になります。もっとイノシシが話に出てくるかなと思いつつ……。この巻はDVD付きverもあるのですが、通常版です。
読了日:7月2日 著者:岡本健太郎

読書メーター
posted by 曲月斎 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする