2014年01月04日

☆2013年のまとめ。

2013年の読書メーター
読んだ本の数:142冊
読んだページ数:36216ページ
ナイス数:1975ナイス

藤森照信×山口晃 日本建築集中講義藤森照信×山口晃 日本建築集中講義感想
古くは法隆寺、新しくは聴竹居、日本建築の名品、優品、珍品を取り上げて、藤森テルノブ先生と画家の山口晃師が巡るという構成。元々、裏千家御用の淡交社の雑誌に掲載されたもの、品よくまとまっている。山口師の絵は一昔前の夏目房之介風であり、その感覚は新鮮だった。引き換え藤森センセイはもう自家薬籠中の所説という感じ。軽みを感じたとすれば、良き聞き手をえ、良き編集者を得たゆえだろう。中で未訪の閑谷学校や西本願寺書院などいってみたいと思うところがあったのはまた幸せ。
読了日:12月30日 著者:藤森照信,山口晃
今日の風 (中公文庫)今日の風 (中公文庫)感想
昭和40年前後の随筆が中心。今、読み返すと、こういう感覚を持てる大人がいたのだ、という事実に感嘆を禁じえない。今となってはジェンダーとか、いろいろな制約はあるにせよ、そういうものを超越して読ませてしまうのがこの筆者の人徳というか。でも、あれだけの仕事をこなしながら、自由な時間にこれだけの随筆をこなしてしまうというのは一種の天才、なのでありましょう。
読了日:12月29日 著者:入江相政
歌舞伎 型の真髄 (単行本)歌舞伎 型の真髄 (単行本)感想
数々の演目を取り上げ、演目ごと、場面ごとに、上演された型を紹介して行く。古い時代は劇評や写真を頼りに推量、推定する。膨大な蓄積があっての藝である。歌舞伎という演劇が数日に渡って興行されるからできる芸当ともいえる。同じ古典演劇で、能なら1回限りが原則。偶然の産物が型として、小書(特別演出)として、残ることもあるが、大半は揮発してしまう。そんな彼我の差を読みながら考えていた。あと、ああ、この場面と思い浮かぶ程度に演目を脳内で画像化できないと面白くもなんともない1冊になる。
読了日:12月27日 著者:渡辺保
日本海軍進水絵はがき〈第4巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍進水絵はがき〈第4巻〉 (光人社NF文庫)感想
このシリーズは切り離せばそのまま絵はがきとして使えます、という趣向。つまり本の「のど」の部分の製本が甘い。少し開いて読もうとすると、本自体がバラバラになってしまうという代物。この巻の中に出てくる戦艦摂津、戦艦加賀のように、計画と実態は食い違ってしまうと思うのはうがちすぎですな。
読了日:12月24日 著者:
日本海軍進水絵はがき〈第3巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍進水絵はがき〈第3巻〉 (光人社NF文庫)感想
重巡利根の絵はがきが所収されているが、出てくるのは進水式のくす玉と日章旗&スリーダイヤの旗。今の自衛艦の進水式に変わらぬ有様で、興味深い。あと藤永田造船所というのが頻出する。見れば元禄年間創業の大阪・堂島の船大工屋兵庫屋を淵源にもち、1967年に三井造船に吸収合併されるまでそのブランドはあったという。特に駆逐艦の建造を得意として「東の浦賀船渠、西の藤永田」と言われたよし。
読了日:12月23日 著者:
日本海軍 進水絵はがき〈第2巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍 進水絵はがき〈第2巻〉 (光人社NF文庫)感想
同じ絵はがきでも、かつてタミヤなどプラモデルメーカーが連合して発売していたウォーターラインシリーズの箱の絵、のようなタッチのものもある。いわば劇画調というか。でも、進水式の空気にはそういう勇猛果敢なものよりもどこかめでたさがあるものの方がふさわしい。
読了日:12月23日 著者:
日本海軍 進水絵はがき〈第1巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍 進水絵はがき〈第1巻〉 (光人社NF文庫)感想
進水式というのは実に晴れがましい。今でも防衛省の海自のHPにいけばその光景を見せてくれる。そこで記念品で登場するのが絵はがき、というのが時代である。昭和初期の「意匠(デザインとはいわない)」を尽くしたものもあり、なかなかに興味深い。中でも龍驤、雪風、第12号掃海艦のものがそんな空気を伝えている。
読了日:12月23日 著者:
味のぐるり (中公文庫 M 62-5)味のぐるり (中公文庫 M 62-5)感想
明治38年生まれの筆者。生家は藤原俊成、定家親子を先祖にもつ家柄である。お公家さんの出だなぁ、というしかない筆捌き。久しぶりにこの人の文章を読んで思った。今までの食の遍歴を綴るもの。品のいい店が多いのだけど嫌みにならないのが筆者の徳、というものだろう。体言止めがうまくリズムを作っているし。自身の書き方の上では知らず知らず影響を受けていたかも。ただ、こういう文章を書く品格のある人物はもう日本にはいない。それをスノビッシュとか、ペダンチックとか、ディレッタンティズムとか謂わば言えと言い切れる気位の歯切れ良さ。
読了日:12月23日 著者:入江相政
そして、メディアは日本を戦争に導いたそして、メディアは日本を戦争に導いた感想
要点は最後の2章、「暴力とジャーナリズム」「現在への問いかけ」にある。特定秘密保護法が成立した今、国民を四角形に囲い込む1辺が成立してしまったのを感じる(残りの3辺は教育、暴力、情報の一元化)。昭和1ケタ時代に似ているという措辞は今までにも重々感じてきたところ。中で、週刊朝日の「ハシシタ事件」に関しての橋下市長の態度など劇場型になっているという指摘が興味深い。確かに情報発信の手段を個々が持てなかった時代との差、経験則が成立しえない、煽情や大衆行動、暴走が起きやすいのは事実。改めて「軽躁」という言葉を想う。
読了日:12月21日 著者:半藤一利,保阪正康
場末の文体論場末の文体論感想
1956年生まれの筆者の妄言、いちいち心に響く。高度成長期、自身が果たせなかった夢を託す親、収集癖もリアルでないと納得できない世代。こういう人種はある意味で奇矯であると思うし、その自覚はある。でも筆者がこの本で書いていることは、痒いところに手が届く愉悦に近い。他の世代に共感を得うるとは思えないが。本を溜め込む親父、ブリタニカのセールスの親父、いたよ、うんいた、としか言えない。ただ筆者の目指すところはそういう同時代感だけではないのは言うまでもない。悲しいくらいにある意味で普遍的なのだから。
読了日:12月19日 著者:小田嶋隆
小田嶋隆のコラム道小田嶋隆のコラム道感想
随筆、漫筆、コラム、エッセー、随想。色々な言い方はあるにせよ、本記が主菜なら、コラムはお新香である。このお新香を美味しく食べてもらうには、盛り方、塩加減、素材は何、等々を縷々書いている本。コラムについてのコラムだ。ハウトゥ本ではない。巻末に付いている内田樹との対談を先に読んで、本編を読み返すと面白かったかもしれない。筆者のいう、主語、結語の大切さ、視座の多様性、話題を飛躍させるテクニックなどなど、掬すべき点は多かったとまじめっぽく書くと、似合わない気がする。原稿の行数と締め切り、確かに執筆の2大要素だ。
読了日:12月16日 著者:小田嶋隆
正弦曲線 (中公文庫)正弦曲線 (中公文庫)感想
不明にして筆者のことは知らぬ。岐阜県出身の作家で仏文系が専門みたいだ。扨措、故丸谷才一が力業の随筆とすれば、筆者は手弱女ぶりが目立つ。標題は三角函数の「sin cos tan」に由来する。バイオリズムを想えば分かるけど、いつも同じ振れ幅の波動だが、少しずつ前に進む。そんな論法を身近で展開してみせる。野帳、測鉛、パジャマ、瓦、製氷皿。60年代生まれの感覚をどこかで擽りながら進む。こういう本もたまにはいいか、と思う。ところで活字の組体裁で天の余白は広めで小洒落ていると思ったが……。目の錯覚だった。なぜ?
読了日:12月15日 著者:堀江敏幸
大衆めし 激動の戦後史: 「いいモノ」食ってりゃ幸せか? (ちくま新書)大衆めし 激動の戦後史: 「いいモノ」食ってりゃ幸せか? (ちくま新書)感想
一番おもしろい部分は「野菜炒め」の考察。家庭の厨房の火力が強くならないと作れない。炭火とか、竈では無理であるとの指摘は実に目から鱗。1960年代ごろから一般化する。かつて横浜の南京町ではコークスを燃やして料理を作っていたのを思い出す。その下りに至るまでの全段、結構話がややこしい。言い換えれば理屈っぽいというか。大洋漁業に関わったらしいこと、大量生産大量消費の時代に移っていったこと。そういう記述が筆者の体験と重ね合わせて綴られるのであるが。で、日本料理は料亭割烹のもので家庭の菜とは違うという論理は如何かな。
読了日:12月12日 著者:遠藤哲夫
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)感想
久しぶりの読み直し。内容については各氏が書いているので。俎上に上がっているのはノモンハン事件、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島攻防戦、インパール作戦、レイテ沖海戦、そして沖縄戦。そろいもそろって敗因に共通項があり、それをえぐり出していくのが妙味。2度目だったので、各章のアナリシスを読み、最後の失敗の本質、失敗の教訓と読み進めるといいでしょう。詳細な項目に戻りたければ1章目の各項に戻ればいい。今でも何も改善されていないのだな、と久しぶりに読み直して、ひとりつぶやくばかり。
読了日:12月10日 著者:戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾孝生,村井友秀,野中郁次郎
日本軍艦ハンドブック (光人社NF文庫)日本軍艦ハンドブック (光人社NF文庫)感想
光人社NF文庫っていうのは、不思議なラインナップです。これは旧日本海軍の軍艦の艦歴などを略記した本。文庫の紙質という制約の中、写真を掲載してもつらい。Webにある「天翔艦隊」(http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/tensyofleet.htm)の艦影でもきちんと載せた方が良かったか。ざっとした記述なのだけど、戦艦→空母→重巡→軽巡→駆逐艦、とあっけなく沈んでいるのがよく分かる。中で潜水艦では「消息不明」「沈没と推定」「喪失と認定」という用語が増えるのは何ともいえぬ。
読了日:12月9日 著者:雑誌「丸」編集部
著名人名づけ事典 (文春新書)著名人名づけ事典 (文春新書)感想
失礼ながら、好事家がまとめた1冊、って感じ。ただただ羅列。その上、「願いを込めたものではなかっただろうか」「意味を込めた命名であっただろうか」という文末が非常に目立ち、筆者の「思い込み」が窺える。本の体裁とすれば、著名人の尊属、卑属を羅列し、事績を切り貼りしただけの本。名前の通事(1字をもらって、みたいな部分)があればそれを宛て推量する、くらい。今後、この本を眺めるとすれば、森鴎外の子供の名前は何と読むのだったっけ、と探す時くらい。工具書にもならない1冊。徒労感が残る。でも筆者は満足なのだろうな。
読了日:12月6日 著者:矢島裕紀彦
謎解き洛中洛外図 (岩波新書)謎解き洛中洛外図 (岩波新書)感想
1994年京博の図録「都の形象」が見付かったら読み直すかと思っていた1冊。今回の引っ越しで2冊がそろった上に、東博の新図録も加わって再読。上杉本洛中洛外図屏風の成立を探るという内容。明治時代に存在を知られるようになって時期や作者、注文主等の経緯が探られてきた。先学先考の論文を引用しながら、結論はある1点に収斂していく。パズルであり、歴史学や美学、建築学など学際を縫う世界。それはおもしろい。でも、一推論である。個人的には「研究とは世の中の何に役立つのか考えよ」と師匠に学生時代に言われた言葉が脳裏に浮かぶ。
読了日:12月4日 著者:黒田日出男
龍の棲む日本 (岩波新書)龍の棲む日本 (岩波新書)感想
結構、話題の展開に飛躍がある。理解するにはエピローグを読んでからの方がいいかもしれない。測量も衛星写真もない時代に書かれた行基図。日本の古い地図であるが、「日本は密教法具の独鈷の形である」という理屈が加わったり、「金輪際(地底の最深部)から続く要石がある」「竜が出入りする穴が各地にあり、つながっている」などの解釈だったりと、残っている図の背景の不可解さを謎解きしていく。それが蒙古襲来であったり、鉄砲伝来とともに変化、衰退していくという指摘はおもしろい。ただ筆者のいう竜穴のように論理は天衣無縫、である。
読了日:12月3日 著者:黒田日出男
倫敦巴里 (1977年)倫敦巴里 (1977年)感想
引っ越しの余録。本棚のいい位置に鎮座していたはずだったが、久しぶりにひょっこりと出てきた。いわゆる「パロディ(筆者のいう『もじり』)」の極北を連ねた本、である。川端康成の「雪国」の冒頭のもじりであったり、「兎と亀」の映画版の想定だったり。ただいずれのものも、本歌(元ネタ)が分かっていないと笑えない、という代物。今読み返してもおもしろいと思う。でも今の若い世代に理解を求めるのは難しいだろうとも思う。ただ、それ以上に、今の時代に、こういう共通認識みたいなものが形成されていないことが不思議であり、不安でもある。
読了日:11月26日 著者:和田誠
山賊ダイアリー(4) (イブニングKC)山賊ダイアリー(4) (イブニングKC)感想
今年2013年の本、となれば、この山賊ダイアリーシリーズが5指に入るのは間違いない。その新刊。イノシシには美味いと不味いがあるなんていうのはまさに実感。下手なものを持ち込んで、店の親父に嫌みを言われることもままある訳で、狩猟をしなくても、筆者のいうような生活感はあるのであります。今回は猟そのものよりも、その周辺の生き方(獲物の捌き、休猟期入り前の暮らしなどなど)を重点に取り上げているので、それはそれ、おもしろいものであります。今、猟期。今年はまだシシ肉の到来がないなあ。どこかで探してこなくては。
読了日:11月24日 著者:岡本健太郎
神社の本殿: 建築にみる神の空間 (歴史文化ライブラリー)神社の本殿: 建築にみる神の空間 (歴史文化ライブラリー)感想
神社では何を拝むのか。筆者は本殿を拝んでいる、と喝破する。成立から発展を追いかけた1冊。本殿は仏教の影響を受けて住居空間の延長として発生。仏教とは違う姿たらんと発展、融合し、今に至っているとの説明だ。構造的な話、専門的な用語が頻出する本だけに、図版の配置や数にもっと配慮があれば初学の者でも理解しやすい本だったろう。神のいます空間は占有空間で人が基本的には入らないので粗略に作ってあるというのが面白い。中世からの進展で拝殿が大きくなり、今や拝殿を拝んでいるのが実態かもしれぬが。ありそうでなかった1冊である。
読了日:11月24日 著者:三浦正幸
詰むや詰まざるや 続 (2) (東洋文庫 335)詰むや詰まざるや 続 (2) (東洋文庫 335)感想
完全に眺めた本。将棋という世界のほかに、詰将棋という世界が広がっているのです。5五の位で詰むのが都詰という話とか、詰み上がりの形が盤面半分がすべて市松模様になったり、大とか小とかいう文字になったり。詰将棋作家がいて欠陥を指摘するファンがいて改作する好事家がいる。眺めているだけですが、趣味の世界の深淵さは何か空恐ろしいような。ちなみにプロ棋士のタイトルホルダーに詰将棋を作ってもらうと1題63000円らしいです。http://www.shogi.or.jp/kansai/kishi/kisihaken.htm
読了日:11月22日 著者:
歌舞伎は恋: 山川静夫の芝居話歌舞伎は恋: 山川静夫の芝居話感想
「大向こうの人々」の読後感がさわやかだったので読んだのだけど、ちょっと高踏的かなあ。澄ました感じではないのだけど、どこかに昔は良かった系の匂いがある。中村右介の「歌舞伎 家と血と藝」と引き比べると直接話を聞いている強みがある分、話の内容にはバイアスがかかる、というか。特に17代目勘三郎の個性に惹かれている分、随筆の行間にもそのにおいが残る。それをいいもんだと思うか、くさいと思うか。意見の分かれるところかなあ。
読了日:11月20日 著者:山川静夫
日本の家紋大事典日本の家紋大事典感想
読んだ、というのは正確ではないと思いつつ。家紋の本(紋帳)と解説書の中庸を狙った1冊。意匠は丁寧に描かれているし、もう少しサイズが大きければもっと良かったかも。筆者の意図で、他の紋帳に掲載されていないようなものを敢えて掲載しているなど、なかなかに意欲的な選択ぶりです。筆者は上絵師(家紋を和服に描き込む職人さん)で、そういう視点もこの本に反映されているよう。家紋って、と思ったら、この本はおすすめです。デザインを眺めているだけでも楽しいです。
読了日:11月19日 著者:森本勇矢
監督はスタンドとも勝負する (1963年) (コンパクト・シリーズ〈30〉)監督はスタンドとも勝負する (1963年) (コンパクト・シリーズ〈30〉)感想
三原脩、といってももう歴史の中の人物だ。この本は元々は「文藝朝日」という雑誌に連載されたものをまとめたもので、1968年刊。「主力選手の調子が少しぐらい悪くても、監督の勘がひらめかなくても、ちっともびくともしないようなチームに育てたい。(中略)野球は生きものであり、運、不運が勝負を決する度合いが他の競技にくらべてことさら大きいスポーツだ、ということだ。賭博的要素を含んでいるから面白いのだ」と書いている。こんなことを誰かから聞いたような気がすると思ったら、弟子の仰木彬だった。今読み直しても球趣に富む1冊だ。
読了日:11月10日 著者:三原脩
金融政策入門 (岩波新書)金融政策入門 (岩波新書)感想
安倍内閣の発足、日銀の黒田総裁の就任と、国内の金融政策に関心を集めている中、もう一度確認するために読んだ。かいつまんで言えば、景気対策として財政政策よりも金融政策が有効である/日銀の人事には国民は直接関与はできないものの、議院の議決が必要であり、間接的に民意の反映である/というところかなあ。ともあれ、中央銀行の役割から説き起こして、今はやりのインフレターゲット策まで書き綴った内容です。ただ、末尾の「おわりに」で筆者が自戒の意味を込めて書いたという6箇条の但し書き部分が一番、得心がいった部分だったかな。
読了日:11月5日 著者:湯本雅士
囲碁発陽論 (東洋文庫 412)囲碁発陽論 (東洋文庫 412)感想
日本のスポーツ記事の起源は大相撲にある。その大相撲の評論の文体は、碁将棋の解説にあるのではないか、と思う。江戸時代の囲碁の家に生まれた井上因碩の書いた詰め碁の本。作品自体のおもしろさもさることながら、評というか、注釈を入れている藤沢秀行の文体、その歯切れの良さが魅力になっているのがおもしろい。褒めるところは褒め、簡潔な解説ぶり。いつの日にか、この棋譜を自分で並べてみながら、渋茶でも啜りたいと思うのだが、当分先になるのはいうまでもない。この本の本当の楽しみはその日までとっておくしかない。
読了日:11月4日 著者:井上因碩
詰むや詰まざるや―将棋無双・将棋図巧 (東洋文庫 282)詰むや詰まざるや―将棋無双・将棋図巧 (東洋文庫 282)感想
将棋が上手い訳でも、関心がある訳でもない。でもこの本は不思議な魅力がある。江戸時代、将棋は伊藤家や大橋本家、大橋分家が幕府の将棋所を預かっていた。その7世名人の大橋宗看、その弟の看寿が書いた詰め将棋の本がこれ。読者として想定しているのは将軍只一人。自身の藝と能力、家の名誉など一切合切をかけてこれらの詰め将棋を考案したわけで、その藝にはうなるしかない。39枚の駒が消えていくもの、裸の王将1枚が詰んでいくもの、手数611手を要するものなどなど、緻密な藝はすごいとしかいいようがない。
読了日:11月4日 著者:伊藤宗看,伊藤看寿
新版 歌舞伎十八番新版 歌舞伎十八番感想
今年急逝した12代団十郎の文。歌舞伎十八番といえば古くは戸板康二の著作があるが、演じる側から書いているのが興味深い。言ってみれば渡辺保の名著「歌舞伎手帳」で余白のような部分に、書き込んでいる藝談の部分のような味わい。これを歌舞伎十八番の根源、団十郎が語ったというところがミソです。勧進帳、助六、矢の根、毛抜など、上演頻度の高い狂言に関しては興味深い。口伝や伝承といった歴史的な部分から上演者としての経験を織り交ぜている。いわば堀越夏雄の肉声です。読んだ後、「歌舞伎 家と血と藝」を再読すると興趣が深いです。
読了日:10月26日 著者:十二代目市川團十郎
仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)仏像の顔――形と表情をよむ (岩波新書)感想
入門書としては好個の1冊でしょう。図版がもっと挿入されていればもっとよかったのに、と思います。 印度から中国、そして日本。日本国内では飛鳥、白鳳の昔から鎌倉時代までの変遷を追います。当たり前のことですけど、顔を科学することが仏像の表情の研究に役立つというのはコロンブスの卵、みたいな話。習った記憶の彼方の「日本美術史」ではそんな視点はなかったなあ。ただ、初心者向けに書いていることを筆者自身も認めていますが、ちょっと訳知りな方にはもの足りないかもしれない。そんな気もしました。
読了日:10月16日 著者:清水眞澄
暦に見る日本人の知恵 (生活人新書)暦に見る日本人の知恵 (生活人新書)感想
これも今更、本かな。日本が採用していた「旧暦」と呼ばれるものは、月の満ち欠けを基本にした太陰暦の部分と、太陽の運行を利用した二十四節気の2つの組み合わせで成立している訳で、それをどう割り振るか、という点で改暦が繰り返されてきたのですから。日本人の知恵と大上段に振りかざすほどの内容ではないです。「こよみのページ」をWebで検索してその詳細な注釈を読んだ方が得策です。
読了日:10月10日 著者:岡田芳朗
スポーツの世界は学歴社会 (PHP新書)スポーツの世界は学歴社会 (PHP新書)感想
プロスポーツ選手と学歴の相関関係を探った1冊。目新しいのは統計経済学の手法を取り入れ(ちょっとその変数の設定には疑問が残るが)て、大卒、あるいは特定の大学を卒業する方が、セカンドライフを含めて優位である、というのが本書の結論。ただ、中盤で調べたことがうれしくなったのか、少し訳が分かっている人間には既知のことを羅列されるのには閉口。ただ、手法が目新しく見えるとはいえ、何かサプライズはない気がする。
読了日:10月10日 著者:橘木俊詔,齋藤隆志
孤独なボウリング―米国コミュニティの崩壊と再生孤独なボウリング―米国コミュニティの崩壊と再生感想
「社会関係資本」という概念こそが人間が生きていく上で重要である、ということ−−ま、人間ひとりじゃ生きていけない−−ってことなのだが。米国内での社会的な統計調査の結果を駆使して、1960年代から始まった社会構造の変化、つまり社会関係資本の衰退を分析する。その理由は? 時間と金銭的な問題、世代交代、技術革新などなど傍証が並ぶ。社会関係資本は大事、ということになるのだけど再生の端緒はあるのだろうか。米国内がそうであったように日本国内でも同じ現象は進行している訳で、加えて少子高齢化が進んでいる。不可逆的に見えるが
読了日:10月9日 著者:ロバート・D.パットナム
ひと皿の記憶: 食神、世界をめぐる (ちくま文庫)ひと皿の記憶: 食神、世界をめぐる (ちくま文庫)感想
本を読んでいて「これを食ってみたい」と思ったのは久々の経験。 それほどに食い物を美味く、巧く書く技能に長けているとしか言いようがない。言ってみれば、「丸谷才一+開高健+吉田健一」というべきか。 冒頭の能勢のアユから始まって、世界を巡る食談は端倪すべからざる、としかいいようがないので、知り合いのイタリアンシェフに「フィレンツェ風ステーキは作れるか」と尋ねるしかないほど。 一時が万事、腹が空いている時には読むべき1冊ではない。 「食べることは記憶につながる」というテーゼを傍証する旅に付き合うのもまた一興である
読了日:10月8日 著者:四方田犬彦
ヒロシマヒロシマ感想
「葭のずいから天覗く」ということわざが思い浮かんだ。被爆直後の広島で生存者に聞き取り調査をし、それを時系列で整理する。人類が初めて蒙ったこの惨劇を「点」を細密に描くことでそれ以外の情景を連想させている。筆致が上手い。ただ真実を探ればはその何万倍もの事実の山があるのも確かだ。後段はその生存者の後日談。こういうルポを読んだなら、当然抱くその後の話に答えてくれている。GHQが報道制限をした中で、ある意味で率直な姿を米本国に伝えたこの一編のルポは貴重なものだろう。出来れば訳出される時に広島の地図が欲しかった。
読了日:10月2日 著者:ジョンハーシー
一軍人の思想 (1940年) (岩波新書)一軍人の思想 (1940年) (岩波新書)感想
第1次大戦後の制約の下、独逸陸軍を再建したといわれる人物の本です。たぶん、今の日本ではゼークトの組織論、と喧伝される部分で唯一知名度を保っているともいえるかも。その論に曰く「有能な怠け者。これは前線指揮官に向いている。/有能な働き者。これは参謀に向いている。/無能な怠け者。これは総司令官または連絡将校に向いている、もしくは下級兵士。/無能な働き者。これは処刑するしかない」と。でもそんなことは書きそうもない人物の本に見えましたね。「次の大戦は米がついた方が勝つ」ともあったし。所謂、「ギョエテ曰く」の伝説?
読了日:10月2日 著者:ゼークト
戦前日本の安全保障 (講談社現代新書)戦前日本の安全保障 (講談社現代新書)感想
本の俎上に上っているのは4人。山県有朋、原敬、浜口雄幸、永田鉄山。山県を除けば、普選の人、金解禁の人、暗殺された人、ということに日本史の教科書的にはなるものの、その思惑が紹介されていて面白い。就中、英米との協調で貿易立国を目指した原は後の東洋経済の石橋湛山の考えにも通じるし、国際連盟や多国間条約で安定を目指した浜口の思考回路も興味深い。そして統制派の総帥・永田は軍官民の総力戦を認識しながら純粋に受け止めきれなかったのが後々の禍根となったのもおもしろい。山県を除く、残りの3人が斃れていなかったら……。if?
読了日:9月30日 著者:川田稔
へうげもの(17) (モーニングKC)へうげもの(17) (モーニングKC)感想
最終章に向かって本当に着々と進んでいる感じ。でも何かどんでん返しを仕掛けてきそうな。井戸茶碗でカレーを食べさせる発想は秀逸(ま、ドリアンを持ち出してきたかつてを思い出すけど)。ともあれ、無事に完結することを祈るばかり。
読了日:9月22日 著者:山田芳裕
相棒season10(上) (朝日文庫)相棒season10(上) (朝日文庫)感想
改めてノベライズ、という作業の妙味を実感。普通は本を読むことで頭の中に画像が浮かんで読書が進むのに、この本は逆。画像をおうように活字が進む。不思議な感じですね。あと、個人的には台本そのままを出版したらおもしろいのになあ。ノベライズと台本の間の落差がちょっと読んでみたい気がする。
読了日:9月22日 著者:碇卯人(ノベライズ),輿水泰弘ほか(脚本)
「方言コスプレ」の時代――ニセ関西弁から龍馬語まで「方言コスプレ」の時代――ニセ関西弁から龍馬語まで感想
今、高知に住んでいると、標準語を話すか、土佐弁を話すかの2分法だから得心があまりゆかぬ。ただ、土佐弁は変形している、つまり筆者のいうテレビの生み出した「土佐弁風」になっている気がする。確かに時制の概念は残っているけど、四つ仮名の聞き分け、発音は薄れているし、「××じゃき」「××ぜよ」という語尾は「年配の方」という語感になる。土佐弁のネイティブにとっても、コスプレ的な用法が生まれてるのかもしれない。「きんこん土佐日記」が表紙というのが象徴的。あと方言を上手く書き生かしているのは「カツオ人間」だと書いて置こう
読了日:9月22日 著者:田中ゆかり
江戸の艶道を愉しむ―性愛文化の探究江戸の艶道を愉しむ―性愛文化の探究感想
ちょっと内容的には今一つの本。江戸時代の色道指南本を中心に、挿絵とそれの翻刻、そして書誌的な解説と、内容が何とも。類書がないのかもしれないけど、その中身にはあまり掬すべきものはなかった気がする。
読了日:9月17日 著者:〓露庵主人
江戸の色道: 古川柳から覗く男色の世界 (新潮選書)江戸の色道: 古川柳から覗く男色の世界 (新潮選書)感想
何気ない文章が「陰間」と呼ばれた男娼の世界からのぞくとその隠喩となっているのを指摘している本です。確かに能「菊慈童」が皇帝に枕をまたいだからといって配流されて、その皇帝にまた思いを寄せるという訳の分からぬ世界より、こりゃ男色だと洒落のめした方が理解はしやすいかも。でも、肝心の筆者の生硬い講釈が続くのが何とも味気ないのは事実。同系統の本は数冊読んだけど、古川柳にカンしてはこの本がいいのかもしれないですけど、全体像から考えると見誤る気もします。
読了日:9月17日 著者:渡辺信一郎
血盟団事件血盟団事件感想
冒頭の提示がすべてな気がする。首謀者の井上日召は戦後、妾宅で暮らしで家族の面倒は見なかったという。ある種の右翼ゴロのような存在だったのでは、と思うしかない気がする。その理屈付けに社会変革を求めたのではないか、と。騙された者、犠牲になった者、戦後も「フィクサー」という生業を続けた者……。社会構造が未熟だった故の暴走だった部分もある。ただ、今は完備し、改善されたのかというと、はなはだ心元ない気がする。あと書き方は今一つ。マイケル・シーデルの「ディマジオの奇跡」みたいな味のある筆裁きならもっと読後感は違ったかも
読了日:9月17日 著者:中島岳志
戦略論の名著 - 孫子、マキアヴェリから現代まで (中公新書)戦略論の名著 - 孫子、マキアヴェリから現代まで (中公新書)感想
中国の古典孫子から近現代に至るまでの主要な戦略、戦術に関する書籍を紹介、というより、書かれた時代背景やその意義みたいなものを軽く紹介した本。ではその本に何が書かれているのか、ということは出ていません。 出ていないというか、そういうことよりも、戦略書入門みたいな話ですから、おかど違いな要求ではあるとは思いますが。 個人的にはちょっと本を選び間違えたかな、と思っています。
読了日:9月16日 著者:野中郁次郎
「鉄道唱歌」の謎―“汽笛一声”に沸いた人々の情熱 (交通新聞社新書)「鉄道唱歌」の謎―“汽笛一声”に沸いた人々の情熱 (交通新聞社新書)感想
作詞の大和田建樹は伊予宇和島の人。博覧強記を地で行くような人物で、数々の本を書き、詞を書き、旅をして。明治時代にしては太り過ぎで、54歳で死去。作曲の多梅雅は心臓を患い、51歳で死去。版元を務めた三木佐助は家業の出版業に加え、ヤマハのピアノなどの販売元として、あるいはスタンウェイの総代理店として大阪に今に残る三木楽器を育てる一方、出版業では開成館として手広く商い、大阪書籍などの設立に関与、74歳で死去。この3人を中心に進むのだが、誰の名も表舞台からは消えてもまだJRではこの曲を使っているかな。
読了日:9月13日 著者:中村建治
苦い蜜―わたしの人生地図苦い蜜―わたしの人生地図感想
澤地久枝という人は抑えた筆致で文章を書いていくのがモットー。この手のテーマでは吉村昭と双璧だけど、師匠という五味川純平の影響が強いのか、どこか剛直な感じも残る。この1冊は冒頭の「わが還暦・ゴッホへの旅」が一番。後は自著の追い書きのような内容が多く、本を読んでいない人間にはちょっと理解しかねる部分が残る。ちなみにこれは死んだ親父どのの本棚から見つけた1冊。奥付だと1991年刊とある。ちょうど現場の責任者をやっていたころに読んだものだったか。今のこの人の随筆はすこぶるいいのだけど、時代の差、かなあ。
読了日:9月13日 著者:澤地久枝
発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学 (ちくま学芸文庫)発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学 (ちくま学芸文庫)感想
「地域が自立するための処方箋を描いた先駆的名著」という謳い文句や、「孤独なボウリング」にも出てくるのでちょっと気になってトライしましたが、どうにも頭に論旨が入ってこなかった。その点で巻末にある元鳥取県知事の片山善博の解説が一番、この筆者の言わんとしていることを要約しているように思えた。363ページに及ぶ1冊は13ページ分の解説に尽きる。国を単位とせず地域を単位として経済を考えるとする筆者の主張はよくわかる。ただそれ以上に日本では人口減少、高齢化が急激に進んでいるのも事実である。
読了日:9月12日 著者:ジェインジェイコブズ
昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)感想
田原総一郎が先日、テレビで勧めていたので読了。太平洋戦争開戦前夜に日本のエリート官僚らが日米決戦の是非をシュミレーションした、という話が前半の骨子。後半は戦争を回避するために、天皇から大命が降下しながら何もできなかった東條英樹の姿が後半の軸。小説風に仕立てることで、軽く読めるのだけど、むしろ、一つひとつのインタビューであったり、メモであったり、備忘録の記述であったり、事実を提示する形式で書いてくれた方が説得力があったように思う。もっとも猪瀬直樹の本はこういう形式が多いのだけど。ちょっともの足りず。
読了日:9月12日 著者:猪瀬直樹
歌舞伎 家と血と藝 (講談社現代新書)歌舞伎 家と血と藝 (講談社現代新書)感想
歴史書には「編年体」と「紀伝体」があるけど、どちらでも楽しめる本。渡辺保の本が「正史」なら、この本は「稗史」。出典も筆者が咀嚼した上で一篇の文章に仕立てている。際どい部分まで書き込んでいるけど、却って得心がいく。歌舞伎興行としての側面と、藝の伝承と、血統と「名跡」という看板と人気と。その連立方程式の一つの解を示す1冊だ。明治の團菊時代、昭和の菊五郎、吉右衛門、戦後の歌右衛門……。首魁が現れ、時代を動かした。筆者は当代を2代目吉右衛門にその姿を見ているが。こういう政治力学的に歌舞伎を読み解いた本は貴重。
読了日:9月7日 著者:中川右介
暴走する地方自治 (ちくま新書)暴走する地方自治 (ちくま新書)感想
要は軽躁に走るべからず。「改革派」を看板に登場する首長は新鮮に映るが立論の危うさをまず説く。 続けて主要国の地方自治制度に言及する。昨今取りざたの道州制も生なかの覚悟では実現できないし、基礎自治体のありよう、国全体の制度設計が必要なことがよくわかる。 首長は時に裸の王様である。本来は二元代表制でその一方を担うはずの議会の体たらくもある。 人口減少社会、財源の縮小。アベノミクスの破綻、或いは大都市を襲う災害によって地方交付税など吹き飛ぶ可能性もある。地方の基礎自治体が扶助費すら賄えない現状なのに。
読了日:9月3日 著者:田村秀
森の力 植物生態学者の理論と実践 (講談社現代新書)森の力 植物生態学者の理論と実践 (講談社現代新書)感想
高知は山林面積が大きな県。戦後の計画造林の影響でほとんどが杉、檜の林。本来の照葉樹林ではありません。 本当は間伐をして手入れをしなければいけないのですが行き届きません。このままならいつかは破綻するでしょう。 筆者のいう本来の植生に戻すにはまた手間がいります。人口が縮減する今、その試みも必要なのではないか、と思います。 昔、川根本町の杉山嘉英・元町長の話を思い出します。「ここで育った材木を使って家を建てれば数百年は持つ家がつくれます。でも林は手入れが必要。もし元の林に戻すにはまた努力が必要です」と。
読了日:8月29日 著者:宮脇昭
政治学のエッセンシャルズ―視点と争点政治学のエッセンシャルズ―視点と争点感想
拾い読み可、大学生向けの講義なので実に理解しやすい(文章はかなり修飾関係が難解)。 1項目、政治と選挙では、英、米、豪などのいわゆる「民主主義」と欧州大陸の民主主義の概念を述べる(前者は二大政党制、後者は連立政権になる)。で、日本は、という話で、結局は地縁、血縁など縁を基盤にした価値判断が未だに主流を占め、これが「日本型」民主主義の典型と説く解説は明快。 後段の各章もわかりやすい。事前会計に重きを置く公会計と事後会計に重きを置く一般企業の差や、日本とアジア、天皇制など網羅した内容だ。各章の参考図書が親切。
読了日:8月27日 著者:松浦正孝,山口二郎,吉田徹,宮脇淳,辻康夫,空井護,中村研一,眞壁仁,中島岳志,川島真,野村真紀,田口晃,宮本太郎,山崎幹根,遠藤乾
脱グローバル論 日本の未来のつくりかた脱グローバル論 日本の未来のつくりかた感想
大阪市長時代の平松さんって印象がないのだけど、対談の形で提示されると興味深い。 「グローバル資本主義」が迫ってきたら、どうなるか、ということを考えていたというのがよく分かる本だからです。 今のTPP問題もそうですが、「政治的決断」とかいうのは松岡洋右のジュネーブでの姿同様、かっこうよくみえるけど、実際には違うのだということが後々見えてくるのです。 ネオコン以降、競争社会、市場経済こそ至上という考えが蔓延していますが、それだけではない社会、後戻りはできないけど、新たな形で創造しうるという励みになります。
読了日:8月23日 著者:内田樹,中島岳志,平松邦夫,イケダハヤト,小田嶋隆,高木新平,平川克美
華より幽へ―観世榮夫自伝華より幽へ―観世榮夫自伝感想
大学に入って最初に見た能がこの人の「頼政」ではなかったか。独特の存在感は比類ないものだった。 そんな思い出話はさておき、実に能の鍛錬のもつ、多様性を実践して見せた御仁だと思う。観世流の分家に産まれ、三つ子の魂で能に親しみ、戦火を潜って、戦後は「シテ一人で決める能ではなく公演する全体で作る能」を目指して喜多流に転じ、さらに能の世界から離れ、再び兄寿夫の死の後、能界に戻った。山姥のような人生。そのエネルギッシュさ。「自分の好奇心の赴くままに」と記述しているけど、好奇心を満たすには体力がいるのを実感。凄い人だ。
読了日:8月23日 著者:観世栄夫
師弟 ~吉本新喜劇・岡八朗師匠と歩んだ31年~ (ヨシモトブックス)師弟 ~吉本新喜劇・岡八朗師匠と歩んだ31年~ (ヨシモトブックス)感想
人ものの原稿を書く時の極意。2つ褒めて1つ貶す、と教わった。世の中に完璧な人間などいない。ひとさじのスパイスが造型を際立たせるのだ。が。 この本はしんどい。全編いい人、自分も善人という論調が続くからだ。事実かもしれない。でも何か違和感の方がさきに立ってしまった。
読了日:8月20日 著者:オール巨人
彼のオートバイ、彼女の島 (角川文庫 緑 371-9)彼のオートバイ、彼女の島 (角川文庫 緑 371-9)感想
片岡義男の本、なんてね。池波正太郎と並んで、数多く読んでる作家かもしれない。今から30年以上前の夏。プールの監視員のバイトをしながらこの1冊を読んだ。それ以来のこと。読み返してみて、マニアックな書き癖は何か今も文体に影響を与えられているのかもしれない。 今、高知のこの辺りではツーリングのバイクが多数往来。それぞれに「彼女の島」を目指しているのかもしれない。
読了日:8月13日 著者:片岡義男
映画は父を殺すためにある: 通過儀礼という見方 (ちくま文庫)映画は父を殺すためにある: 通過儀礼という見方 (ちくま文庫)感想
こういう解釈があるのかと思うと同時に、このキーワードを使えば何でもこじつけられるということできる。そのキーワードは「通過儀礼」。 「通過儀礼」の形式として、1日だけのローマの休日を楽しんだアン王女、「東京物語」の老夫婦の東京行などなど。挙げている解釈は明解とみるか、牽強付会とみるか……。 本文もさることながら、この本の一番の出色は文庫版解説の町山智浩の文章が一番おもしろかった、といってはいけないか。 島田裕巳という書き手の立ち位置が一番よく分かった。
読了日:8月13日 著者:島田裕巳
観世寿夫著作集〈3〉伝統と現代 (1981年)観世寿夫著作集〈3〉伝統と現代 (1981年)感想
荻原達子女史の編集にかかる1冊。彼女が拙に漏らした言葉「昔の学生さんは元気があったわよねえ」につきる。 というのは、寿夫の言葉、対談相手も含めて、ある意味での60年安保、70年安保の熱気が含まれているからだ。そういう思想に浮くの一つの事実。でも同時に、寿夫が指摘する「観客論」は今に至っても色あせることはない。なぜか。能の観客があの時代より進歩しているとは思えないからだ。否、退歩しているかもしれない。 彼は金のための家元制度、ということを喝破しているけど、その現実は何も変わるところはないのだから。
読了日:8月10日 著者:観世寿夫
ゴルフの作法ゴルフの作法感想
個人競技のゴルフで、師弟関係というのは不思議なものだけど、芹沢一門っていうのは、ノーブルなゴルファーが多い。藤田寛之、宮本勝昌、上井邦浩……。で、書いてある内容はごく常識的なものだけど、この人の看板で書かれると、ううん、なるほど、と思ってしまうのが不思議ではある。
読了日:8月8日 著者:
関西弁講義 (講談社学術文庫)関西弁講義 (講談社学術文庫)感想
大阪弁、京都弁など関西圏の言葉の言語学的論考。日本語はアクセントが1カ所で高低の変化をするのが一般的だが、関西弁は高い発音からと低い発音からの区別もあると説く。 種々の用例引証は興味深いが、実際のところ、音が頭の中で響かない悲しさ、ネイティブには面白い本だと思うのだが
読了日:8月8日 著者:山下好孝
「リベラル保守」宣言「リベラル保守」宣言感想
筆者の前提は以下の通り。「人間の理性によって理想社会を作ることが可能とする立場」に立ち、その実現の手段として、国家を使えば共産主義であったり、社会民主主義ということになり、それに頼らないとなるとアナキズムになる。一方、「人間の完成可能性を疑い、長年の制度や伝統や良識に信頼を置く立場」というのが保守主義(親鸞の悪人正機説もそうという解釈は上手い)。以下思索が続くのだけど、橋下市長の言動の分析や原発に対する立場など、教えられることが多い。いえば自民党宏池会みたいな存在が本当は一方の旗手になるのがいいのだろうが
読了日:8月5日 著者:中島岳志
有川浩の高知案内 (ダ・ヴィンチブックス)有川浩の高知案内 (ダ・ヴィンチブックス)感想
カツオ人間写真集第2弾かと思いきや、存外まじめなガイドブック。ちなみに自分が住んでいるところであるからして、どこを紹介するのか、気になったが、東は馬路と安芸だけ。本当は室戸まで行ってほしいんだけどなあ。でもアクセスの点で1泊2日のコースではしんどい、という現実がはしなくも現れる。ちなみに安芸は地場産市場と大山岬、伊尾木洞。馬路は馬路温泉。参考になるような……。日本3大がっかりの「はりまや橋」をきちんと紹介している視点はたしかにその通り。今度西の方に行くときには参考にしようかな。彼女は高知市内出身だそう。
読了日:8月1日 著者:
蕎麦の事典 (講談社学術文庫)蕎麦の事典 (講談社学術文庫)感想
毎日、少しずつ読み進めた。蕎麦という食品が今の暮らし以上に身近な存在であったことを教えてくれる。備荒用の食品から、嗜好品へと、変化していくのがおもしろい。あと、いろんなそば切りの変わり、また、蕎麦粉を使った粉食、あるいは汁物への変化と、なかなかに楽しい。 よくある蕎麦のうんちく本よりも、はるかに実証的で楽しかった。
読了日:7月31日 著者:新島繁
ラブコメ今昔 (角川文庫)ラブコメ今昔 (角川文庫)感想
この人の文体は歯切れがいいので、嫌いではない。 よく取材をしているし。 以上。
読了日:7月23日 著者:有川浩
政治の終焉 (NHK出版新書 406)政治の終焉 (NHK出版新書 406)感想
2012年末の総選挙後に書かれ、2013年の参院選前夜に読了。両碩学が危惧している通り、追憶の対象として自民党の勝利、理念なき政治屋が跳梁跋扈する日は目前に迫っている。マスコミもかつての微分的な手法での取材を抜け出せず、時代が要請している積分的な視点に欠けるとの指摘はごもっとも。政治学者としての御厨がプロとして現況を分析不能を明かせば、経済学者の松原も所謂アベノミクスの効能がないことに慨嘆する。どうすりゃいいんだ、というのが結論。結局、個人的には地方の再生、再編、再構築をどうするか、に帰納することにした。
読了日:7月21日 著者:御厨貴,松原隆一郎
限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書)限界集落の真実: 過疎の村は消えるか? (ちくま新書)感想
「限界集落」という用語は高知から生まれた。人口減少+高齢化により集落としての社会的な機能が喪失し、集落が消失する、という概念だ。筆者は自身のフィールドワークから、集落は消失した例はない、と再三力説するのだが、高知に住んでいると、現実には消失してしまった集落がたくさんある。概念として、明治の大合併以前の村落単位と考えればもちろん、昭和の大合併直前の状況、各小学校区を単位とした集落でも、消滅している。たとえ、住基台帳の上では住民登録があっても、居住者がいないのだ。こういう本を書くなら少しは虫の視座がほしい。
読了日:7月19日 著者:山下祐介
古語と現代語のあいだ―ミッシングリンクを紐解く (NHK出版新書 409)古語と現代語のあいだ―ミッシングリンクを紐解く (NHK出版新書 409)感想
相性のいい書き手と悪い書き手がいるもので、この人は後者。若山牧水の「白鳥はかなしからずや海のあお」という歌の「悲しい」と解釈すべきか、「愛しい」と読むべきか、といった話から始まるのだけど、最後は文科省が出てきて教科書検定がでてきて、仮名遣いの件が出てきて……。ミッシングリンクという用語は新鮮なのだけど、文学として、或いは史料として、どう読むかという話なのだから、ちと期待とはミッシングリンクでした。擬古文めかしたい時もあるしね、ちとピンぼけ。
読了日:7月16日 著者:白石良夫
バチカン近現代史 (中公新書)バチカン近現代史 (中公新書)感想
一応、カソリックの学校で6年間を過ごした。受洗することはなかったけど、ローマ教皇は身近な存在ではあった。無条件で君臨できた中世はさておき、近現代に於いてどう立ち回って来たのかを記述する。都合が悪くなればオーストリアに頼り、反共の目標の下、ナチスとも妥協してきた。そして記憶に新しいヨハネ・パウロ2世が東西対立を破った話に続く。時代が近づくにつれ、やや筆鋒が緩む気もするが、事実の叙述の積み重ねに終始している分、嫌みを抜いているのが救い。確かにもう一つの世界近現代史である。
読了日:7月15日 著者:松本佐保
続・暴力団 (新潮新書)続・暴力団 (新潮新書)感想
暴対法+暴排条例=カオス、ということか。一般的には「暴力団対警察」という図式を考えがちだが、実は「暴力団対一般社会」という構図になっていること、あるいは警察がよくも悪くも、組織を合法的に大きくしていること、また、暴力団の側も昔のような構成員ではなく、半グレと呼ばれる集団まで巻き込んでいること、などなどの指摘が続く。何とも、どうしたものだろう、という感想しか残らない1冊。ある意味でこれが真実をさらしている部分はあるとは推察するが。
読了日:7月8日 著者:溝口敦
ウイスキー粋人列伝 (文春新書 918)ウイスキー粋人列伝 (文春新書 918)感想
サントリー提供、の7文字が透かし入りで入っているとさえ思うような本です。 本を切り貼りして、あれこれと書いた本であり、時に秀逸なエピソードを抜き出してきたものだ、とも思います。でも。 ともかく出てくるウイスキーがダルマであり、角であり、ローヤルであり。あるいは同社が輸入元を引き受けているブランドであったり。 日本のウイスキー草創期から、この会社が大きなウエートを占めてきたことは認めますが、ちょっと手の込みすぎたPR本という感じが否めません。 ちなみに私はニッカの方に好意があるせいかもしれませんが。
読了日:7月8日 著者:矢島裕紀彦
やり直し教養講座 戦争で読み解く日本近現代史 (NHK出版新書 358)やり直し教養講座 戦争で読み解く日本近現代史 (NHK出版新書 358)感想
日本の近現代史を振り返る上で、関係の精査が欠かすことのできない米中韓英露の5カ国に関して、それぞれに紀伝体?風に書いた1冊。 戦争から、という言葉通り、戦争がキーワードなのだけど、それゆえに非常に平板になる。 そして挙げ句の果ては、明治大正の外交官、政治家は偉かった。大衆に迎合しない毅然とした姿勢こそ必要だ、みたいな結論では……。 いかな入門書とはいえ、もう少し丁寧さがないと、却って誤った歴史認識に繋がるような気がする。残念。
読了日:7月3日 著者:河合敦
日本人の地獄と極楽 (読みなおす日本史)日本人の地獄と極楽 (読みなおす日本史)感想
「地獄八景亡者戯」でこんな場面がある。「ご隠居、地獄ってどこですかいな」「そりゃ極楽のあっちゃ側や」「じゃ極楽は」「地獄のこっちゃ側や」って。ディズニーランドとUSJが隣り合わせなような感覚。その源流を探ったのがこの本。 源信僧都の「往生要集」が末法思想にのって流布した、と教えるのが日本史の教科書だが、祖霊は山や海に帰っていくという祖先崇拝の心持ちに乗った「地獄極楽観」があったと読み解く。曰く「発心因縁十王経」なる日本製の偽経や各地に残った民俗風習からそれを肉付けしていく。すこぶる面白い1冊である。
読了日:7月2日 著者:五来重
高柳重信全句集高柳重信全句集感想
高田馬場の「旗亭尚武」の思い出から浮かんできた俳人。日本海軍などの連作や、分かち書きの句の形式など、に取り組んだ方らしい。 こういう本は急に読み通す訳ではないけど、ぱらぱらとめくって、気になった一句を。「夕風/絶交/運河・ガレージ/十九の春」(日本海軍・補遺)
読了日:6月28日 著者:高柳重信
昭和戦前傑作落語選集 (講談社文芸文庫)昭和戦前傑作落語選集 (講談社文芸文庫)感想
大日本雄辯会講談社の「講談倶楽部」といえば、戦前を代表する雑誌の一つ。その速記を集めたのがこの本だ。 第1)源平盛衰記に見る話藝の妙。 筆記されているのは7代目正藏のもの。つまり先代三平の父。解説に在るとおり、台本はないけど、三平〜当代と続く藝風の伝承を感じた。 第2)金語楼の存在 新作で名をはせた人物ではあり、「金語楼の後備兵」「女優志願」の2篇が収められているけど、不易流行とはいかんなあ。 第3)文楽、圓生、今輔、金馬…… 戦後まで生き残り名を残した人の口演は何か楽しい。荒削りなのかもしれないけど。
読了日:6月27日 著者:三遊亭金馬,柳家小さん,春風亭柳好,柳家金語楼,三遊亭圓生,柳亭左楽,桂文楽,古今亭志ん生,柳家小三治,春風亭柳橋,橘家円蔵,柳家権太楼,桂米丸
コミュニティを再考する (平凡社新書)コミュニティを再考する (平凡社新書)感想
3・11以降、コミュニティの存在を称揚、あるいは至高の妙方のように、紹介する向きが多い。曰く「絆」「つながり」と。でも一歩、立ち止まって考えれば、そんな綺麗事ばかりではない。家であり、集落であり、個人の生活を優先する中にあって、否定されてきた存在ではなかったか。地域は人口減少で崩壊し、会社中心の終身雇用を基盤とした繋がりも消えたいま、コミュニティの文字を唱えれば頓服のように幸福になれるという幻想を掻き立てている気がしてならぬ。この文は頗る衒学的で難解だけど、この呪文の本当の意味を考える契機にはなる1冊。
読了日:6月25日 著者:伊豫谷登士翁,齋藤純一,吉原直樹
はなくそ時評蔵出し100選 (TOKYO NEWS MOOK 359号)はなくそ時評蔵出し100選 (TOKYO NEWS MOOK 359号)感想
しりあがり寿の1コママンガ集。筆というか、割り箸というか、独特の線で俳画にも見えるのが不思議。 中で、今年の3・11。教室でこの数字を書いて見せた教師は「絶対に忘れてはならない。これはなんでしょう」と聞くと、生徒が「円周率」と答えるもの。何とも当たっているなあ、と。 こういう味は他の作家ではないものですねえ。 お約束のパタパタ漫画付き。
読了日:6月25日 著者:しりあがり寿
ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書)ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書)感想
こんな風に書き込んでいることも、どこかで収集されているだろうし、それを解析しようとする人もいるでしょう。「ビッグデータ」という漠然とした存在を、どう利用しているのか、というのを解説している本です。入門書としてはわかりやすい書き方に好感がもてます。Twitterの文字数制限の起源、あるいはアマゾンのデータ処理への姿勢、Googleの戦略など、なるほどと思わせることが続々出てきます。で、これから。東日本大震災の際のホンダのようにGPSデータを活用したいい例もある一方、個人情報の管理も難しいと改めて思います。
読了日:6月24日 著者:海部美知
追記
posted by 曲月斎 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

☆12月に読んだ本。

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:3593ページ
ナイス数:256ナイス

藤森照信×山口晃 日本建築集中講義藤森照信×山口晃 日本建築集中講義感想
古くは法隆寺、新しくは聴竹居、日本建築の名品、優品、珍品を取り上げて、藤森テルノブ先生と画家の山口晃師が巡るという構成。元々、裏千家御用の淡交社の雑誌に掲載されたもの、品よくまとまっている。山口師の絵は一昔前の夏目房之介風であり、その感覚は新鮮だった。引き換え藤森センセイはもう自家薬籠中の所説という感じ。軽みを感じたとすれば、良き聞き手をえ、良き編集者を得たゆえだろう。中で未訪の閑谷学校や西本願寺書院などいってみたいと思うところがあったのはまた幸せ。
読了日:12月30日 著者:藤森照信,山口晃
今日の風 (中公文庫)今日の風 (中公文庫)感想
昭和40年前後の随筆が中心。今、読み返すと、こういう感覚を持てる大人がいたのだ、という事実に感嘆を禁じえない。今となってはジェンダーとか、いろいろな制約はあるにせよ、そういうものを超越して読ませてしまうのがこの筆者の人徳というか。でも、あれだけの仕事をこなしながら、自由な時間にこれだけの随筆をこなしてしまうというのは一種の天才、なのでありましょう。
読了日:12月29日 著者:入江相政
歌舞伎 型の真髄 (単行本)歌舞伎 型の真髄 (単行本)感想
数々の演目を取り上げ、演目ごと、場面ごとに、上演された型を紹介して行く。古い時代は劇評や写真を頼りに推量、推定する。膨大な蓄積があっての藝である。歌舞伎という演劇が数日に渡って興行されるからできる芸当ともいえる。同じ古典演劇で、能なら1回限りが原則。偶然の産物が型として、小書(特別演出)として、残ることもあるが、大半は揮発してしまう。そんな彼我の差を読みながら考えていた。あと、ああ、この場面と思い浮かぶ程度に演目を脳内で画像化できないと面白くもなんともない1冊になる。
読了日:12月27日 著者:渡辺保
日本海軍進水絵はがき〈第4巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍進水絵はがき〈第4巻〉 (光人社NF文庫)感想
このシリーズは切り離せばそのまま絵はがきとして使えます、という趣向。つまり本の「のど」の部分の製本が甘い。少し開いて読もうとすると、本自体がバラバラになってしまうという代物。この巻の中に出てくる戦艦摂津、戦艦加賀のように、計画と実態は食い違ってしまうと思うのはうがちすぎですな。
読了日:12月24日 著者:
日本海軍進水絵はがき〈第3巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍進水絵はがき〈第3巻〉 (光人社NF文庫)感想
重巡利根の絵はがきが所収されているが、出てくるのは進水式のくす玉と日章旗&スリーダイヤの旗。今の自衛艦の進水式に変わらぬ有様で、興味深い。あと藤永田造船所というのが頻出する。見れば元禄年間創業の大阪・堂島の船大工屋兵庫屋を淵源にもち、1967年に三井造船に吸収合併されるまでそのブランドはあったという。特に駆逐艦の建造を得意として「東の浦賀船渠、西の藤永田」と言われたよし。
読了日:12月23日 著者:
日本海軍 進水絵はがき〈第2巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍 進水絵はがき〈第2巻〉 (光人社NF文庫)感想
同じ絵はがきでも、かつてタミヤなどプラモデルメーカーが連合して発売していたウォーターラインシリーズの箱の絵、のようなタッチのものもある。いわば劇画調というか。でも、進水式の空気にはそういう勇猛果敢なものよりもどこかめでたさがあるものの方がふさわしい。
読了日:12月23日 著者:
日本海軍 進水絵はがき〈第1巻〉 (光人社NF文庫)日本海軍 進水絵はがき〈第1巻〉 (光人社NF文庫)感想
進水式というのは実に晴れがましい。今でも防衛省の海自のHPにいけばその光景を見せてくれる。そこで記念品で登場するのが絵はがき、というのが時代である。昭和初期の「意匠(デザインとはいわない)」を尽くしたものもあり、なかなかに興味深い。中でも龍驤、雪風、第12号掃海艦のものがそんな空気を伝えている。
読了日:12月23日 著者:
味のぐるり (中公文庫 M 62-5)味のぐるり (中公文庫 M 62-5)感想
明治38年生まれの筆者。生家は藤原俊成、定家親子を先祖にもつ家柄である。お公家さんの出だなぁ、というしかない筆捌き。久しぶりにこの人の文章を読んで思った。今までの食の遍歴を綴るもの。品のいい店が多いのだけど嫌みにならないのが筆者の徳、というものだろう。体言止めがうまくリズムを作っているし。自身の書き方の上では知らず知らず影響を受けていたかも。ただ、こういう文章を書く品格のある人物はもう日本にはいない。それをスノビッシュとか、ペダンチックとか、ディレッタンティズムとか謂わば言えと言い切れる気位の歯切れ良さ。
読了日:12月23日 著者:入江相政
そして、メディアは日本を戦争に導いたそして、メディアは日本を戦争に導いた感想
要点は最後の2章、「暴力とジャーナリズム」「現在への問いかけ」にある。特定秘密保護法が成立した今、国民を四角形に囲い込む1辺が成立してしまったのを感じる(残りの3辺は教育、暴力、情報の一元化)。昭和1ケタ時代に似ているという措辞は今までにも重々感じてきたところ。中で、週刊朝日の「ハシシタ事件」に関しての橋下市長の態度など劇場型になっているという指摘が興味深い。確かに情報発信の手段を個々が持てなかった時代との差、経験則が成立しえない、煽情や大衆行動、暴走が起きやすいのは事実。改めて「軽躁」という言葉を想う。
読了日:12月21日 著者:半藤一利,保阪正康
場末の文体論場末の文体論感想
1956年生まれの筆者の妄言、いちいち心に響く。高度成長期、自身が果たせなかった夢を託す親、収集癖もリアルでないと納得できない世代。こういう人種はある意味で奇矯であると思うし、その自覚はある。でも筆者がこの本で書いていることは、痒いところに手が届く愉悦に近い。他の世代に共感を得うるとは思えないが。本を溜め込む親父、ブリタニカのセールスの親父、いたよ、うんいた、としか言えない。ただ筆者の目指すところはそういう同時代感だけではないのは言うまでもない。悲しいくらいにある意味で普遍的なのだから。
読了日:12月19日 著者:小田嶋隆
小田嶋隆のコラム道小田嶋隆のコラム道感想
随筆、漫筆、コラム、エッセー、随想。色々な言い方はあるにせよ、本記が主菜なら、コラムはお新香である。このお新香を美味しく食べてもらうには、盛り方、塩加減、素材は何、等々を縷々書いている本。コラムについてのコラムだ。ハウトゥ本ではない。巻末に付いている内田樹との対談を先に読んで、本編を読み返すと面白かったかもしれない。筆者のいう、主語、結語の大切さ、視座の多様性、話題を飛躍させるテクニックなどなど、掬すべき点は多かったとまじめっぽく書くと、似合わない気がする。原稿の行数と締め切り、確かに執筆の2大要素だ。
読了日:12月16日 著者:小田嶋隆
正弦曲線 (中公文庫)正弦曲線 (中公文庫)感想
不明にして筆者のことは知らぬ。岐阜県出身の作家で仏文系が専門みたいだ。扨措、故丸谷才一が力業の随筆とすれば、筆者は手弱女ぶりが目立つ。標題は三角函数の「sin cos tan」に由来する。バイオリズムを想えば分かるけど、いつも同じ振れ幅の波動だが、少しずつ前に進む。そんな論法を身近で展開してみせる。野帳、測鉛、パジャマ、瓦、製氷皿。60年代生まれの感覚をどこかで擽りながら進む。こういう本もたまにはいいか、と思う。ところで活字の組体裁で天の余白は広めで小洒落ていると思ったが……。目の錯覚だった。なぜ?
読了日:12月15日 著者:堀江敏幸
大衆めし 激動の戦後史: 「いいモノ」食ってりゃ幸せか? (ちくま新書)大衆めし 激動の戦後史: 「いいモノ」食ってりゃ幸せか? (ちくま新書)感想
一番おもしろい部分は「野菜炒め」の考察。家庭の厨房の火力が強くならないと作れない。炭火とか、竈では無理であるとの指摘は実に目から鱗。1960年代ごろから一般化する。かつて横浜の南京町ではコークスを燃やして料理を作っていたのを思い出す。その下りに至るまでの全段、結構話がややこしい。言い換えれば理屈っぽいというか。大洋漁業に関わったらしいこと、大量生産大量消費の時代に移っていったこと。そういう記述が筆者の体験と重ね合わせて綴られるのであるが。で、日本料理は料亭割烹のもので家庭の菜とは違うという論理は如何かな。
読了日:12月12日 著者:遠藤哲夫
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)感想
久しぶりの読み直し。内容については各氏が書いているので。俎上に上がっているのはノモンハン事件、ミッドウェー海戦、ガダルカナル島攻防戦、インパール作戦、レイテ沖海戦、そして沖縄戦。そろいもそろって敗因に共通項があり、それをえぐり出していくのが妙味。2度目だったので、各章のアナリシスを読み、最後の失敗の本質、失敗の教訓と読み進めるといいでしょう。詳細な項目に戻りたければ1章目の各項に戻ればいい。今でも何も改善されていないのだな、と久しぶりに読み直して、ひとりつぶやくばかり。
読了日:12月10日 著者:戸部良一,寺本義也,鎌田伸一,杉之尾孝生,村井友秀,野中郁次郎
日本軍艦ハンドブック (光人社NF文庫)日本軍艦ハンドブック (光人社NF文庫)感想
光人社NF文庫っていうのは、不思議なラインナップです。これは旧日本海軍の軍艦の艦歴などを略記した本。文庫の紙質という制約の中、写真を掲載してもつらい。Webにある「天翔艦隊」(http://www.d1.dion.ne.jp/~j_kihira/tensyofleet.htm)の艦影でもきちんと載せた方が良かったか。ざっとした記述なのだけど、戦艦→空母→重巡→軽巡→駆逐艦、とあっけなく沈んでいるのがよく分かる。中で潜水艦では「消息不明」「沈没と推定」「喪失と認定」という用語が増えるのは何ともいえぬ。
読了日:12月9日 著者:雑誌「丸」編集部
著名人名づけ事典 (文春新書)著名人名づけ事典 (文春新書)感想
失礼ながら、好事家がまとめた1冊、って感じ。ただただ羅列。その上、「願いを込めたものではなかっただろうか」「意味を込めた命名であっただろうか」という文末が非常に目立ち、筆者の「思い込み」が窺える。本の体裁とすれば、著名人の尊属、卑属を羅列し、事績を切り貼りしただけの本。名前の通事(1字をもらって、みたいな部分)があればそれを宛て推量する、くらい。今後、この本を眺めるとすれば、森鴎外の子供の名前は何と読むのだったっけ、と探す時くらい。工具書にもならない1冊。徒労感が残る。でも筆者は満足なのだろうな。
読了日:12月6日 著者:矢島裕紀彦
謎解き洛中洛外図 (岩波新書)謎解き洛中洛外図 (岩波新書)感想
1994年京博の図録「都の形象」が見付かったら読み直すかと思っていた1冊。今回の引っ越しで2冊がそろった上に、東博の新図録も加わって再読。上杉本洛中洛外図屏風の成立を探るという内容。明治時代に存在を知られるようになって時期や作者、注文主等の経緯が探られてきた。先学先考の論文を引用しながら、結論はある1点に収斂していく。パズルであり、歴史学や美学、建築学など学際を縫う世界。それはおもしろい。でも、一推論である。個人的には「研究とは世の中の何に役立つのか考えよ」と師匠に学生時代に言われた言葉が脳裏に浮かぶ。
読了日:12月4日 著者:黒田日出男
龍の棲む日本 (岩波新書)龍の棲む日本 (岩波新書)感想
結構、話題の展開に飛躍がある。理解するにはエピローグを読んでからの方がいいかもしれない。測量も衛星写真もない時代に書かれた行基図。日本の古い地図であるが、「日本は密教法具の独鈷の形である」という理屈が加わったり、「金輪際(地底の最深部)から続く要石がある」「竜が出入りする穴が各地にあり、つながっている」などの解釈だったりと、残っている図の背景の不可解さを謎解きしていく。それが蒙古襲来であったり、鉄砲伝来とともに変化、衰退していくという指摘はおもしろい。ただ筆者のいう竜穴のように論理は天衣無縫、である。
読了日:12月3日 著者:黒田日出男

読書メーター
posted by 曲月斎 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする