2011年05月18日

片の瀬温泉。

柳栄館.jpg
先週の筑後の出張、投宿したのは片の瀬温泉というところだった。

旧田主丸町にあり、その昔は火野葦平らがここで「河童倶楽部」なる座興を繰り広げたよし。
確かに河童が出てきても不思議のない風情である。

宿は筑後川の堤防の下。濃尾三川地帯にあった「輪中」集落の中の「水屋」みたいな構造で、周囲の田畑からは顕かに標高が違う。
周囲は堅牢な石垣で囲まれているようだ。

階段.jpg
建物は築120年とか。年季の入った廊下、部屋などは、こぎれいに改修してあるので、何も不自由はない。便所もウォシュレット付きである。通された部屋は棹縁天井。8畳ほどあるのだけど、部屋の真ん中で棹の向きがタテヨコ変わる。どういう構造なんだろうと思いながらの3日間だった。でも窓を開けると青い風が流れ込んでくるようで。

ただ、畳の部屋はウグイス張りなのか、歩くたびにぎしぎしときしむ。
これには少々閉口したが。

2階の大広間から眺めると堤防越しに筑後川。
夏の花火大会の時には特等席になるそうな。

さて、宿の看板には「鮎 鯉」と名物を打っている。
「鮎はまだ解禁前ですから……」とのことだった。


posted by 曲月斎 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麦秋。

先週は筑後の甘木だった。

宿は田主丸。
現場との往復は筑後平野の縦断だった。

辺りはちょうど麦の秋。
麦秋2.jpg

真っ平らな平野に麦の穂が重そうに実っている。

この辺り、甘木、大刀洗、田主丸。本当に真っ平らだ。
関東平野なら、大きな川の背後には「後背湿地」があり、「自然堤防」がある。
自然堤防は自然に出来た高み。そこに民家が群れるように建っているのだが。

このあたりは散村なのか。
本当に真っ平ら、目当てにするものがない。

麦秋1.jpg
もうすぐ刈り取りになるのだろう。
もう黄色く色づいた穂もあった。

育っているのはたぶん裸麦? 大麦?
中学の地理の時に、「西日本は暑いから裸麦、東日本は大麦」と教えられたけど、今時裸麦なんて聞かないしなあ。

でも筑後平野、麦の秋、であった。
posted by 曲月斎 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。