2010年11月03日

「歌う国民」


歌う国民―唱歌、校歌、うたごえ (中公新書)

歌う国民―唱歌、校歌、うたごえ (中公新書)

  • 作者: 渡辺 裕
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 新書



「唱歌」というと日本人の原風景を描いた世界みたいに思うけれど、その実は結構、違う姿であったということを教えてくれる1冊です。
明治の文明開化の当時、なぜいち早く、明治政府が音楽教育(正確に言えば歌うこと)を教科として導入したのか。文部省教科書の中で、国語と唱歌はある意味で素早く形になった訳ですが、その意味を歌うことを通じて国家の意識を醸成することにあったという視点は示唆に富んでいます。
その後の県歌(「信濃の国」が代表例として取り上げられますが)や、校歌、ラジオ体操や、地方の新民謡運動まで、一つの水脈が続いているというのは、すこぶる面白い展開です。さらには、戦後の「歌声喫茶」まで話が展開すると、歌うという作業のもつ意味の大きさを改めて考えさせられます。
同じテキストの歌を同じように歌えること、というのは、意外や大きな力を持っていることに気付かされます。知的な刺激の多い1冊でした。
それと、日本には「替え歌」の文化があるという話も面白く、今はやりの著作権の観点からは、いろいろと堅苦しい問題も派生しているのを改めて認識したことでした。
お勧めの1冊です。


posted by 曲月斎 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川越・小川藤/鰻

店頭.jpgさて、前夜のタクシー運転手氏が何となくこの店が美味いと暗示してくれたのがこの「小川藤」。これで「おがとう」と読む。

2大人気店の「いちのや」「小川菊(おがぎく)」のうち、後者ののれん分けのよし。

都市重要景観建築物とかいうのに指定されているこの店。そんなことには気付かずに、隣の空き地の駐車場に車を停め、着いたのは11時半ごろ。駐車場側の外壁は真っ黒に塗ったトタン板で、かつて両国にあったフグ料理の「ひょうたん」を連想させるような構え。
まだ暖簾が出ていない。何時からかとのぞき込むとすでに先客。店の方はおらず「座って待っていれば大丈夫」との助言に中に入る。
テーブルが4台、あと入れ込みの座敷が6畳ほど。2階には宴会ができるような畳の部屋があるみたいで歓声が聞こえる。

待つことしばし、女性の店員さんが現れ、「何にしますか」とのこと。本当は飲みたいところだが、車できていたので我慢。鰻重の特上を頼む。あと白焼きの小を追加。

曇り硝子越しに見える調理場では男の職人が一人、せっせと鰻をさばき、焼き場にむかっている様子。「少し時間がかかります」とのことだったので、前夜の店の不平をこのブログに書き込んでいる間に、白焼き登場である。
白焼.jpg何とも素っ気ないお姿ではあるが、味の方は確実。
皮もパリッと焼け、身はほっこり。脂も適当にのっている。上々だ。お茶で白焼きをつつくというのも間が抜けているなと思いながら、なおも待っていると、本命の鰻重の登場である。

鰻重.jpgあまりの感動の余り、鰻にピントが合っていないのはご容赦。
香りがお届けできないのが残念だ。
タレは甘すぎず、コクがあって上々。身もうまい。
特上だと1切れ、マムシ状態で飯の間にサンドしてあるんであります。

ということで、大満足をして帰還。川越に小川藤あり、というところでありましょう。

一つ、鰻屋の採点ポイントで「山椒が青いか、黄色いか」というのが個人的にあります。
いい鰻屋は山椒が青くて、ヒリリとした味わいなのですが、どうでもいい鰻屋は黄色くて気が抜けているモンです。実はこの小川藤、どちらかといえば山椒は後者だったのですが、これはまあ、逆さ柱のようなものとあきらめることにしませう。今度は山椒持参でいきますか。

小川藤
〒3500056 埼玉県川越市松江町2丁目3−1
電話 049-222-0643
posted by 曲月斎 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。