2010年10月30日

「踊る大捜査線は日本映画の何を変えたのか」


「踊る大捜査線」は日本映画の何を変えたのか (幻冬舎新書)

「踊る大捜査線」は日本映画の何を変えたのか (幻冬舎新書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 文庫



この前、3作目が公開されたけど、それほど評判ではなかったなあ。
そう思っていたら、目についた1冊。

要は作り手を育成するシステムを失った映画界に、テレビの視聴率競争で鍛えられたプロデューサーが乗り込んで、今までの映画界の常識を破壊し、テレビと映画の垣根を取り払ってしまった、というテーマを10人の専門家が論じているのであります。

見方は人それぞれ、自分の専門的分野から論じているのですが、後ろにいけばいくほど、論点が重なっている、というのがもどかしい。一番最後に、当の凄腕プロデューサー自身が登場するのですが、登場人物の何人かをカットしても、当の本人に語らせた方がよかった。

シネコンの増加、インターネットを使った宣伝、コミュニケーションが奏功、大ヒットにつながったという絵解きや、本当の映画ファンを育てていないという指摘、どれも正鵠を射ているのだろうけど、何か負け犬の遠吠え、という気もする。
posted by 曲月斎 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷たいのがお好き?/承前

カウンターに案内され、硝子越しの焼き場が見える。

炭ではなくガス。ご主人とその息子、そして焼きの職人の3人が立ち働いている。注文は焼き鳥と鰻重。カチカチに凍った鶏とネギの串が火の上に。鰻はカチカチに凍った白焼きが蒸し器の中に。

なかなかに溶けないのか、解凍しないのか。見ているとなんとも情けなくなる。蒸し器の中にカチカチの鰻が3串ずつ。ちょっと顎がしゃくれて、不機嫌そうなこの焼き職人、落語の「素人鰻」を連想するような光景であった。

待つことしばし。蒸し器の蓋がゆがんでいるのか、職人氏はかならず、ぽんと蓋をたたく。買い替えたらいいのに、と思うのだが、具合がいいのかもしれない。店の中を見回すと、樽酒とあったので、頼んでみたら少し気が抜けていて……。

ま、肝心の鰻と焼き鳥の味は。
言わぬが花、というものでしょう。

「本当の川越名物は」という訳で、翌日にこの探求は持ち越したのでありました。
posted by 曲月斎 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川越である/冷たいのがお好き?

今週は武州川越である。
本当は現場は飯能なのだけど、宿が取れないので、川越である。

で、宿のhpを見ると、うなぎが名物らしい。数軒の老舗もあるようだ。

夜飯に鰻としゃれ込むか、とhpを検索して、見当たった1軒。天保×年創業とかいう。
で、駅前からタクシーに乗ってみると、どうも運転手氏が色よい返事ではない。
「鰻屋なのにいろんなものを出してくれますからねえ。観光の方は一番多いのかな」なんて言われてしまうと、どうにも不安になる。
「じゃどこがいいの」「それぞれお好みですから」
「でも、じゃ、個人的には」「小川菊(おがきく)とかありますねえ」

会話に出てきた小川菊は人気投票でも1番の店。しかし、夜は7時まで。すでに閉店済みである。
hpで検索しておいた「うなK」という店に変更。

つづきはまた。
posted by 曲月斎 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

いや寒くなった……

20101028.jpgいや、寒くなったもんです。
ずっと半袖のポロシャツで押し通してきたのですが、さすがに寒い。20100902.jpg

聞けば、今週の埼玉の現場では気温が8度、9度という状態。極寒ですな。
つい先日まで真夏日だ、熱帯夜だ、猛暑日だといっていたのに。mxtem00.png

体が付いていきません。
posted by 曲月斎 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

茂原で買った本。

於・福家書店
「風流 江戸の蕎麦」
「戦国合戦の舞台裏」
「踊る大捜査線は日本映画の何を変えたか」
「歌う国民」
posted by 曲月斎 at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茂原である。

千葉の現場だが、今夜は宿が取れなかった。

というのは「全国障害者スポーツ大会ゆめ半島千葉大会」が始まったから。
全国からの団体が来るとあって、主だった宿は満員になるのであります。
main-top.gifという訳で、仕方なくこの前もお世話になった「ホテル福本」へ。外房線茂原駅前のこの宿、古めかしいのですけど、こぎれいに使っているのが大井川鉄道同様、よろしいのであります(唯一はやはりレースのカーテンが汚いこと。白いはずのカーテンがグレーというのはやはりまずいでしょ)。

そういえば、3泊した「スーパーホテル千葉」。ロハスが売り文句なのですけど、単なるコストカット=ロハスと言っているのではないかと思うくらい。というのはフロントのスタッフと会話したのはチェックインの時だけ。チェックアウトも宿に戻っても「ご勝手に」という感じ。たぶん、投宿していた部屋のドアの暗証番号が変わるのと部屋を掃除するだけで、何も変化がないように動いているのでしょう。
それに比べたらレースのカーテンが灰色くらいなのは、文句を言うべき筋合いではないのかもしれません。

もちろん夜は例の「可亭」。
池波正太郎ではないけど、お銚子に合う蟹クリームコロッケとポークソテー。実に結構であります。時間がゆっくり流れるのを実感するのであります。

ということで、明日はまた一層早起き。
posted by 曲月斎 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

下総行。

DSC_0727.JPG今夜から千葉である。

なぜか週末はホテルがとれない。とりあえず予約したのがこのホテル。

ま、驚いた。
まず、ドアは6けたの暗証番号。内線電話がない。

ちなみにこの2段ベッドは2人でも泊まれます、ということらしい。

それにしても「泊まる」ということに集約すればこういうことになるのだろう。
これもまた、顧客満足度とかいう尺度だと、結構評判らしいのだが。
posted by 曲月斎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何か最近……。

uyamuya.jpg伸びきったパンツのゴムひも(っていう比喩自体が陳腐なんだけど)みたいな気分だ。思うように体が動かないし、やる気も起きない。何でなんだろう。日が短くなってきたからかな。

おいしいモノ食べるとだいたいは恢復基調に乗ったのだけど、どうもイカン。
今週はへばった余り、畏友I君との飲み会も流してしまったし。

気は焦ってもやる気が起きないっていうのはどうすりゃいいんだろ。
条件反射的に義務的最低限の作業をこなす、というのはどうもイカンでしょ。
ということで、何とも元気の出ない雨の日。

ちなみに書は伝清水公照筆、うやむや。
posted by 曲月斎 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

上総行。

先週末は上総だった。

泊まりは茂原。
現場は千葉市内と言ってもいささか広うございます。
もう外房線沿線になってしまうと、旅館がないのでございます。
従って茂原。

かねて。
茂原にはおいしい洋食店があると聞いていた。
この折にと出掛けたのでありますが、噂、評判に違わぬ出来栄えでした。

店の名は「可亭」といいます。
読み方は「かてい」。
いわゆる昔ながらの洋食屋さんです。
たいめいけんみたいに気取らず、あくまで洋食屋さん。
P1000325.jpg
詳しくはこのブログのHPをご覧頂くことにして、おいしかった。

就中、ポークソテイのよろしさは、かの福岡の「かつえだ」と並ぶくらいにおいしい。
ハンバーグもおいしい。カニクリームコロッケもおいしい。カニオムレツもうまかった。
きっとカツライスもうまいに相違ない。

本当に幸せになれます。

ご夫婦で経営しているので、ヤボな注文はせぬよう。

いつも襟を正して初めて伺う店では一応、名刺を出すことにしているのですが、翌日行ったら、カウンター脇にガムテープで貼ってあった。ちょっと恥ずかしいような。千社札じゃないんだから。でもそのまま気付かないふりをして帰ってきました。

茂原市高師町1丁目3
0475-24-9624

ちなみに屋号の由来を聞いたら、「なに、家庭の味っていうので『家庭』をもじっただけです」との答えでした。


店の向かい側に駐車場はあります。
posted by 曲月斎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

尾州行。

水曜から名古屋だった。

今年何度目の名古屋だろう。

とりあえず、現場に行き、段取りを確認して夜は転居した英吉利西屋へ。
もうこの店は榮界隈で3軒目になる。

通い始めた頃は軒傾くビルの地下1階。かびくさい店だった。
ビルの解体で立ち退きということになって、2軒目は名古屋証券取引所裏のビルの2階へ。
そしてそのビルも再開発ということで、今度は三蔵通りの雑居ビルの地下へ。

それにしてもいずれもハーフチンバーの内装、広いカウンター。店の内装は変わらないので、店が転居したような気にならぬ。

引っ越しの度にきちんと補償金を取り立てているのであろう。マスターのMさんは関西人、したたかではある。

同じ屋号の同じ業態の店が伏見にもあるが、行きつけの方は今は三蔵通りの方、である。
行く機会もそうはないのだが、祝いも兼ねて「イエロー ローゼス オブ テキサス」の15年を入れる。03093.jpg
ここはバーテンのA君が口うるさいマスターのMさんによく仕えて、長年の顔になっている。
Mさん曰く「最近は売るモノがなくなって。おいしいウイスキーがなくなった」
でも商売は続いている。

木曜の夜は同僚に袖にされたので、一人で光村へ。
遅い時間だったが、気持ちよく迎えてくれた。

この前持ち込んだ、栗粉餅を喜んで呉れ、この日は佃島の田中屋の海苔の佃煮が手みやげ。
江戸前の女将がよろこんでくれた。
この日は時節の「牡蠣の天ぷら」が美味。
あんな水っぽいものがどうして天ぷらになるのかと思うのだが。
衣はさっくり、中の牡蠣はジューシーで、フライよりもソフトな口触り。
軽い。正宗が美味かったのはいうまでもない。

というような訳で、仕事を終えてきょう帰郷。
帰りののぞみの車中はC席。A,B席の2人連れがこれでもかというくらいに携帯の端末の話を繰り返す。全然興味も持てず、門外漢の小生には雑音でしかなかった。
どうでもいいけど、ノートPCで仕事している小生の目の前で車内販売のビールを買うなら、ひとこと「前を失礼」くらい言えないのかね、諸君。
もっとも小生のいびきの方が五月蠅かったかも知れない。意識は掛川から小田原過ぎまで不明だったから。

新横浜駅。まだ20時前だというのに、脱兎の如く駆け出すサラリーマンあり。終電でもなし、何でもなし。あんな姿を見ると逃げているのかと疑いたくなる。

ということで明日からは下総。
posted by 曲月斎 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

「地獄のX島で米軍と戦い、あくまで持久する方法」





実に「おたく」と「おたく」の想定問答集形式の本。

表題のごとき条件であれば、どうしたらいいのかという質問から始まって、延々と話が展開していく。輸送船も満足に用意していなかった、あるいは自動車、いやトラックさえ、国産の満足なものがなかった国が戦争を仕掛けるとどうなるのか、という話である。

カタログ次元の性能諸元についての比較になってしまうのがつらいのだが、筆者の言わんとすることは、日本には戦争を始める資格がなかった、という現実だろう。

モリブデン、クロム、タングステンといった鉱物資源がないこと、ましてや砲身を作るような鉄すら満足に生産する体制になかったこと、あるいは、大阪造兵工廠のような一極集中型の生産体制で、型式を更新することすら満足にできなかったこと……。

その後の日本の工業化とはかけ離れた、生糸が主力輸出品だった時代の日本の姿があるわけで、そういう視点からみると「おたく」の問答集も興味深い。

それと、大軍を前に、有効な所持品といえば穴を掘るためのスコップ、と言うこたえが最初の方で提示されるが、この比喩は今の自分の立場に引き重ねられるようで悲しい。
posted by 曲月斎 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 汗牛充棟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

秋は夕暮れ……。

nitibotu1.jpg

秋は夕暮 ゆふ日のさして山の端いとちかうなりたるに からすのね所へ行くとて 三つ四つ二つみつなど とびいそぐさへあはれなり まいて雁などのつらねたるが いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはてて 風の音 むしのねなど はたいふべきにあらず

nitibotu2.jpgというけれど、なるほど、秋の夕暮れは趣深い。

昨日の夕方の景色。
見る間に太陽が富士山の向こう側に沈んで行き、最後は日足が見えた。
何かと雑事の多い週末だったけど。

posted by 曲月斎 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

疝痛。

きょうの夕方、下腹部に鈍痛が続いた。
こういうのを「疝痛」というのかな、と思ったが。

思い当たる節がない。

そういえば、10年ほど前、腎臓結石が見付かってその後、何の処置もしていないままだった。
痛くもかゆくもないので抛っておいたのだが。

最近、畏友のI君が2泊3日の入院をして、超音波で尿管結石を破砕する手術を受けたばかり。
砂しか出てこないと嘆いていたが。


さて今しがた、小用に立ったら、尿の色が茶色い。
先日、主治医の話では
「うーん、茶色いのは膀胱か腎臓の出血ですから。すぐ治りますよ」とは言われたが。

何かの石が動いた証しに違いなかろう。

石を動かすといえば、アメノウズメノミコトとサルタヒコノミコト。天の岩戸の神遊びだが。
何か「まじない」でもあるんだろうか。

ちなみに疝痛というのは空洞部分のある内臓器(腸、腎臓、膀胱などなど)で起こる痛みのことらしい。何も競走馬には限ったことではないそうなので念のため。
posted by 曲月斎 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

脚絆。

skins-00157.jpg昔の道中といえば、手甲、脚絆に菅笠というのが相場だが、
今様の脚絆といえば、これである。

歩き廻る時に、確かに後々楽である。

ふくらはぎというのはアキレス腱から続く部分であり、硬い地面を歩くと
一発で張りがくる。

ゲートル、脚絆と同じ発想がこの商品だろう。

ふくらはぎのほぼ真ん中にあるツボが「承山」。
脚が疲労した時に押してやると気持ちがいい。
posted by 曲月斎 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

某月某日。

某日。
今週は現場が横浜市内。
当然、通勤は自宅から。
でも、何か気合の入り方が違うんだな。
自宅というのは何よりもゆっくりできる場所なんだけど。
旅に浮き寝の方が合っているのか。
何とはなしに、三番館で映画を見ているような心境。

某日。
この前、茨城・水海道に出張した時、土産に味噌を買ってきた。
宿屋の朝飯の時、みそ汁の味噌がうまかったので、
どこの味噌かと聞いたら、この近所の親戚の家で作ってるものだという。

車で出掛けて、500グラムずつだけ、赤みそと白みそを買ってきたのだけど。
実家でお袋殿にみそ汁を作ってもらったら、なるほどやはり美味い。

水海道のあらい味噌店です。一緒に買ってきた味噌漬けもしょっぱすぎず、なかなかに美味い。
味噌汁はお袋の味というが、ちょっと小さな発見で嬉しい。
そういえば「女と味噌汁」の池内淳子氏も亡くなったんでしたな。

某日。
今週の現場で中、高の同級生のI君に出会う。
何でも奉仕で現場の手伝いに来ているそうだ。
ゆっくり話もしたいところだが、こちらも仕事中。
帰る時間も一致せず、なかなかに申し訳ない気分。
当方も現場ではバタバタとしているもあるもんで……。
日曜日にまた来ると言っていたけど、ゆっくり会えるかな。


某日。
明日9日から和田浦の祭礼。
今年も仕事が重なってしまい、山車をのんびりと引っ張る列に加わることもママならぬ。
地元の方々は入れ替わり立ち替わり、太鼓を叩き、笛を吹き。
小さいころからやっているので、年に1度のこととはいえ、実に達者だ。
ああいう独自のリズムが自分の体に染みついているというのは何となく格好いいものだ。

posted by 曲月斎 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

全国高校野球選手権神奈川大会決勝最短試合時間57分

大沢啓二氏が亡くなった。

直接、お世話になったことはないが、一つ忘れがたい記録を。

1950年全国高校野球選手権神奈川大会。
決勝は希望ケ丘と氏がエースで4番の県商工。
共に一中、商工実習と戦前から神奈川の中等学校野球ではその名知られた名門ではあったのだが。

この年の決勝戦。双方の安打数は希望ケ丘1、県商工2。与四死球は互いに0。
メチャメチャな投手戦である。
試合時間は57分。
今でも神奈川大会の決勝最短時間記録だ。

きちんとした9イニング、正式試合である。試合結果は県商工が1−0。

親分と言われ、立大での活躍、南海や東京時代の戦績が取り上げられることが多い人だが、
高校野球でもこんな記録を残している。
posted by 曲月斎 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 点鬼簿控 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

今週は自宅通勤。

今週は現場がヨコハマ市内なので自宅通勤である。

自宅から通勤するなんて、ちょうど1年ぶりか。

きょうはMMで用事が入って、迂回しての帰宅。
APECを前に、横浜市内は全国各地から警備のお巡りさんが集まっています。

目にしただけでも、福岡、大分、鳥取、山口……。本当にご苦労サンなことです。
どこに泊まっているのだろう?

神奈川県警関係の宿舎といってもそうはたくさん、収容できるものでもないし、約1カ月間も災害現場でもなし、野営するわけでもないだろうし。

きっとどこかのビジネスホテルとかに分宿しているんでしょうな。

これはこれで大変な出張だと思います。
見ず知らずの街に来て、仕事をしろ、っていわれている訳ですから。

という訳で、今週は横浜。
久しぶりに親孝行の日々です。
posted by 曲月斎 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

莫山センセ。

書家の榊莫山さんが亡くなられた。

その謦咳に接したことは一度だけだけど、関西でいう、いいおっさん、だった。

NHK教育テレビで一時、書道の講座を持ったことがあったけど、あの人は教えることをまともに聞いていると、天才だったのだな、と分かる。

たとえば拓本を手本に、何げなくやっていることが、実はとんでもなく難しいことであったりした。

中央の書道界から距離を置いた生活を送られたが、その独自性は伊賀上野という街の中途半端な位置、近畿圏でも中京圏でもないというエリアに軸足を置いた生活を貫いた、貫けたからだと思う。

飄々、という言葉が似合うお人柄だった。

ご冥福を祈りたい。
posted by 曲月斎 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 点鬼簿控 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする