2010年09月30日

と書いていたら……

いきなり地震でゆさゆさ。

なにぶん、時代を経た木造家屋ですから。
ま、2階だから大丈夫とタカをくくっていましたが。
縦揺れがなかったので不安はなかったとはいえ、

横揺れが延々と続きました。
カラス障子の間仕切りがガタガタと音を立てるのはあまり心地よいものではありませんな。


posted by 曲月斎 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水海道である。

水海道、といっても今は常総市。
市町村合併はよく分からん。

そして投宿しているのは旧水海道市役所と道を挟んで向かい側にあるK屋という日本旅館。

部屋は6畳に縁側。テレビ、枕行灯、テーブル、スツール様のもの2脚、小さな卓上鏡台。
床の間にはなぜかクレマチスの絵、ドアにはカギはかからない。

でも、何か気安い。

昔は市役所の職員の宴会で賑わったのだろうな。
こういう旅館、が日本各地にあった、あるいはあるのだろうけど、
官官接待、官民接待などなど、接待文化の衰退と、
若い世代が宴会を好まない風潮もあって、
消えていく文化遺産、ということになるのかもしれない。

そういえば藤枝で言えばT、島田ならS、といった旅館があったっけ。

ちなみに夕食を頼んだら、おかずはとんかつ、マグロのさしみ、煮魚。何か日本の夕食、の延長線上にある食事がいいなぁ。
posted by 曲月斎 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。