2010年05月14日

1泊2日 和田浦の旅。

久々に和田浦に行った。

車が運転できるようになって、自分の自由な時間に動けるのがありがたい。何しろ和田浦辺りでは内房線は上下とも1時間に1本のペース。バスも館山、鴨川からそれぞれ1日8本くらい。公共交通機関の便は不自由だ。とはいえ、足繁く通うようになったかといえば、自由な時間をなかなか作り出せず、歯がゆい限り。で、この機会にと車を転がした。

まず和田へ着く前に、江見の昇龍に寄る。ここの挽き肉ソバが何ともうまい。師匠に教わった手法は白飯にこの挽き肉あんを載せるスタイルだったけど、チャーハンでやってみてもこれまた結構でありました。満足していざ和田へ。

用事があって旧町役場(現南房総市和田支所)に行く。役場の建物は取り壊し中なのか、改装中なのか。で、臨時の支所事務所に行くと、職員はほんの10人余。南房総市は千葉県の行政指導の下、館山市を取り囲む形で新市を作ったのだが、内房側に旧富山町、旧富浦町。外房側を白浜町、千倉町、丸山町、和田町。内陸に旧三芳村。結局、新市の市役所は旧富浦町役場にあり、新設合併とはいえ、一番東のハズレの旧和田町は見事に割を食った形だ。

旧和田町は元々、農業に漁業と1次産業と公共事業の町だが、それに加えてエリートの勤め先といえば、役場に農協、郵便局に国鉄という構図。その役場と農協が見事に脱落し、郵政も国鉄も民営化してどうなったかはご承知の通りだ。新市は新設合併とはいえ、合併特例法のゆがんだ手法のしわ寄せの見本みたいなものだ。詳しくは調べてないけど、ゴミ処理や火葬、水道、養護学校など、一部事務組合の整理も進んでいるとは思えない。

合併話はさておき、師匠の家に一晩お世話になった。ここに泊まるのはすくなくとも9年ぶりくらいかな。まだ先代の看板犬が健在だったころだから。2代目看板犬もめったに行かぬ小生のことを匂いで覚えていてくれるのが嬉しい。初めてこの家に伺ったあの頃、まだ中学生だった師匠のお嬢さんは今春から社会人だそうだ。時の経つのは早い。

それにしても東京から100キロ圏、でも時間の流れがまったく違うエリア。改めていい町だなあと思う。ただ、もしも自分が静岡での体験をもっと早くしていれば、全然違う視点でこの町の合併話を見ていただろうと思う。

自分がまだ「まれびと」だから暢気なことを言っているのだが、光ケーブルも未開通、地上波デジタルも山間部は×。いざ暮らすとなると、さまざま覚悟は必要なのはいうまでもない。


posted by 曲月斎 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 波涛千里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。