2010年05月03日

上海万博と堺屋太一氏と老夜上海。

昨年秋、上海に仕事で出掛けた。

投宿したのは茂名南路の上海花園飯店。要はオークラである。
その道を挟んで筋向かいに有ったのが、錦江飯店。長楽路との交差点に面している。
その上層階にある「老夜上海」は24時間営業の上海料理店で、毎日お世話になった。cs06741_1.jpg

普通に食べれば200〜300元くらい、接待で600元というところだろうか。決してリーズナブルとはいいがたいが、オールドホテルの中の雰囲気も加味すれば仕方あるまい。

毎夜、紹興酒を1本開け、上海料理に舌鼓である。



cs06741_3.jpg

で、ある夜(というか最初に行った晩)のことだ。

隣の卓子に4人連れが入ってきた。もう夜も更けていたので、だれも廻りにはいない。よくよく見ると、作家の堺屋太一が入っていた。

どうも上海万博の事務局が大阪万博の仕掛け役の堺屋太一を招いて、何か会合を持ったらしい。cs06741_menutab_1_2.jpg

こちらは上海がにをほぐしたカクテル仕立ての前菜や、アスパラガスのスープ煮などをつつきながら杯を重ねていると、卓の向こうから日本語が聞こえてくる。
「大変かもしれんけど、やりとげたら、そらええですよ。ボクも経験したことやけど」
あの耳に覚えるのある大阪弁だ。
cs06741_5.jpg
「夜も遅いし軽いもんがええなあ」「それでは麵類にしますか」「そうやなあ」とかいう会話も聞こえ、結局氏は炒飯も食べている様子だった。氏はどんな有益な助言をしていたのだろう。ふと、興味深かった。

さてその万博。1日にいよいよ開幕したが、あの町中ひっくり返したような工事があちこちで進んでいる様はどうなったのだろう。浦東空港から旧市街までの道にあったあの工事現場はその後半年で世界の祭典の場になったのだろうか。聞けば、まだ一部の展示館は未完成だという。大会のテーマ曲に続き、キャラクターや中国館の意匠まで盗作疑惑が相次いでいるとも聞く。

あの70年大阪万博当時の日本のカオスを考えれば仕方のないことかもしれないし、それを通り抜けることで、何かが変わるのかも知れない。

それにしても老夜上海の上海料理はそこそこにうまかった。でも、中華街の萬来亭の方がずっと美味いと思う。

上海万博期間中、込んでいるので上海出身の同亭の女将は帰郷しないそうだ。


posted by 曲月斎 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謎の構造物判明

先日、三菱重工横浜製作所にある謎の構造物について書いた。

親切な方があれは「ちきゅう」という名の大深度掘削船であることを教えてくれた。

早速探してみると
「人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船です。「ちきゅう」は、統合国際深海掘削計画(IODP)の主力船として地球探査を行っています」

ということだ。今は定期点検の為、ドック入りしているらしい。以前、ラジオでどこかの先生が地球の中、マントルまで掘り進める船を造っている話をしていたけど、あの船であったか、と判明。

ご協力に感謝。これでゆっくり眠れます。
posted by 曲月斎 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「志ん生的、文楽的」


志ん生的、文楽的 (講談社文庫)

志ん生的、文楽的 (講談社文庫)

  • 作者: 平岡 正明
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/12
  • メディア: 文庫



名古屋に出掛けている間、ずっとこの本を枕辺に置いていた。
未だに読み終わらない。面白いのだけど。
何で読み終わらないかといえば、話がまるで会話をしているように次々と燎原のように発展するからで、とばし読みができないのである。
でも面白い。

読み終わったらまた。
posted by 曲月斎 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 積本抛讀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋行。

先週末から名古屋だった。

PCの環境が整わず、アクセスしないままになってしまった。
余談はさておき、名古屋行でまず直行したのは天ぷらの光村。

ちょうど連休で臨時営業の日だったので、店は空いていたのを幸い、寿司屋で付け台に座ったように、ここの名物天ぷらをお好みで頼む。
まず時季の山菜。蕗の薹とタラの芽だった。新しょうが。ペコロス(小タマネギ)、レンコン。魚系に移って、キス、メゴチ、イカ、稚アユ……。どれもおいしい。。3442290.jpg
池波正太郎は「ケンカするように天ぷらは食べなくてはいけない」と書いているが、そんなことを言われなくてもこの店でお好みをやればその気分になる。最後に名物のかき揚げ丼。この日は海老の量1・5倍のスペシャルにしてもらう。1600円也。上々である。

2日続けていくと、さすがに今夜もという気分になれぬ。衰えたか。
本町通の山本屋本店に行く。

味噌煮込み饂飩の店である。
photo01.jpg
たかが饂飩で、この店は2000円近くもとる。でも美味いと思ってきた。
最初に出てくる白菜とキュウリの漬物に紫タマネギのスライスがさっぱりしていてサラダ感覚でお代わり自由。実にこれが嬉しかったのだが、この日行ってみると、キュウリは少ししなびているし、白菜も申し訳程度、紫タマネギのスライスが消え、タクアンになっていた。これでは……と意気消沈しかかっているところに肝心の味噌煮込み饂飩である。
肝心の出汁の味が少し違う気がした。もっとコクがあったみたいな記憶だけど。饂飩も少しポキポキ感に欠ける。味噌煮込み饂飩はあのポキポキした感じがいいのに。

自分の舌が変わったのかと意気消沈である。勘定を払って外に出ようかと思ったけど、たくさんいる店員が誰1人気付かない。満足してないので食い逃げしてやろうかと思うくらい。店の中にキビキビ感がなくなっていたのは残念。

某日。栄の英吉利屋に行く。5月末で今の名古屋証券取引所脇の店から立ち退きだそうだ。もうマスターも年だし、立バーテンの相沢君はどうするのだろうと思っていたら、この日、マスターが新店舗を契約してきたそうな。まずは慶賀に堪えない。
相変わらず、マスターの講釈は健在で、ここに来ると当たるを幸いに講釈が始まる。それを小脇に聞きながら飲む。これがいい。
ということで、6月には新店舗に移転する。考えてみれば、この店はもう3カ所目になる。前の店もビルの老朽化で店立て、今度も再開発で店立て。大変なこった。

本当は2日夜に帰宅するはずが、仕事が長引いて延泊。
もう宿は引き払っている。仕方なく「旅の窓口」で大須のホテルを見付けて泊まる。フロント脇には「武生高校ご一行様歓迎」なんて看板も立っていて、朝チェックアウトの時にはなぜか、琉球舞踊のような派手な装束をまとったお姉さんたちが何人も前の貸し切りバスに乗り込んでいった。不思議な宿だ。

隣は大須観音。荷物をフロントに預け、帰宅前に参詣。相変わらず怪しげな一角である。
posted by 曲月斎 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。