2009年06月24日

宝塚にて。

宝塚である。

武庫川に沿った「小さな湯の町」だったはずであるが、今では大阪のベッドタウン。

久しぶりにきて(というか、震災前以来かもしれない)驚いた。
2009062419130000.jpg

武庫川の南岸は木造の旅館が立ち並び、武庫川の水面に家の灯が映っていた風情だった。いまでは温泉旅館は1軒だけだそうだ。

という訳で、今夜の泊まりはオールドホテル。
2009062418070000.jpg

窓の外の木の緑がきれいだ。

窓のカギも時代を感じさせる風情。
こういうのもいいもんです。

2009062418070002.jpg

ここは宝塚ホテル。その本館。廊下は低いけど客室は高い天井、
こんなところでパソコンをたたいているのは無粋なんですけどね。



posted by 曲月斎 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑事雑用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新幹線N700系

N700系で今、大阪に向かっているところであります。

喫煙車がなくて、喫煙コーナーだけのこの編成、普段なら乗らないのですけど、実はこの列車だと無線LANが使えるんですな。

無線LANが使えるからといって特にいいことがある訳じゃないですけど、こんな風にブログの更新もできるということです。

窓側の座席にはコンセントもついているし、仕事を新幹線の中でせっせとするようなビジネスマンにはさぞな便利でしょう。

そんなに難しい仕掛けではないと思うから、ほとんどの編成でやってくれればいいのに、と思うことしきり。

posted by 曲月斎 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本牧の支那そば屋

2009062014440001.jpg本郷町と本牧1丁目の間にある中華料理店。

少なくとも40年くらいはこの店構えのまま、である気がする。隣は貸本屋、その隣が小さなパチンコ屋。どちらもなくなってしまったけど、この店はある。

久しぶりに入ったら昔ながらの味。五目ソバを頼んだら、塩味のスープなんだけど、麵の茹で汁に塩を足しただけじゃないかと思うような淡い味わい。何か縮れ麵だ、太麵だなどという世界とはかけ離れた懐かしい「支那そば」の味がした。

もう中華街のことを南京町と呼ばなくなって久しいけど、こういう町の中華屋さんはいつまでも残って居て欲しい気がする。

勘定の時に厨房をのぞくと、老いたご主人と若手が一人、元気に働いていた。しばらくは大丈夫そうだ。

また、近々食べに行こうと思う。
posted by 曲月斎 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 津々浦々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駿河台下の火の見櫓。

2009062318410000.jpg東京の神田駿河台下に消防署がある。
この消防署、古い建物で、ビルの谷間に埋まってしまっているのだけど、屋上には火の見櫓が。

周りを見回しても何も見えないだろうね。
でも、消防署はホース干し場が必要なのでだいたい、今でもこの施設は活用されているのだろうけど。

この辺の古本屋街も昔から変わらない店となくなってしまった店と。そういえば、落語や邦楽が専門だった古賀書店がなくなっていたっけ。
posted by 曲月斎 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 街角辻辻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑のカーテン計画その後/ニガウリが生る。

緑のカーテン計画はその後も順調である。2009062212080003.jpg

一番最初に伸びたキュウリは、日陰になる葉がうどん粉病っぽく白い斑点が見えたので、次々とカット。

ヒョウタンも同様で、日陰になる葉はどうもいけない。病気が広がる前にカットしてしまう。

プランターの上の風通しが良くなって、それでいいようだ。

2009062212080000.jpgキュウリはもう10本ほど収穫しただろうか。きちんとイボイボがついていて、青臭い。キュウリ臭いという言い方があったような気もするけど、確かにもろみを付けてかじるとキュウリの味がする。

下葉をカットしたので蔓の上の葉が成長するのだろうか。いざとなればお盆ごろで仕舞にしてしまうのも手かもしれない。
肝心のニガウリが順調に伸びているから。

キュウリの葉は硬いのだけど、ニガウリの葉は柔らかい。風のそよぐ感じがキュウリやヘチマと違っていい感じで柔らかい。


ニガウリは4株のうち、1株に実が付いた。最初は3センチほどの大きさでふくらんできたな、と思っているまに、小さいながらもニガウリの形になってきた。2009062314120000.jpg順調に育っているので、この留守の間にはすっかり大きくなってくれそう。

ニガウリは丈夫だというが、このところの陽気がニガウリに合っているのか、とても元気だ。

最初に実をつけたこの株は実は元気がないので早めに親蔓を切り戻した株。子蔓が伸び、孫蔓が伸びて茂っている。

早めに親蔓を止めた方が実は生るのかも知れない。2009062412060002.jpg
ここまで茂ってくると、もう育てている本人の意思とは無関係になってきている。特にニガウリは。

ニガウリとヘチマのプランターの間にはササゲを植えてあるのだけど、これが何か期待したほどの感じにならない。来年への反省とすれば、プランターにゆったり植えた方がいい、ニガウリは育ち始めるまでに時間がかかる、早めに親蔓を止めて、子蔓、孫蔓を伸ばした方がよさそう、というところか。

ただ、1種類のみで緑のカーテンを作ろうとするより、いろいろと植えた方が何かいいみたいだ。
posted by 曲月斎 at 15:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捻挫。

年はとりたくないものだ。

先々週、ゴルフ場で雨の中、深いラフに足を取られてカート道に転倒。右手に荷物、左手に傘の状態だったから、ま、大事に至らなかったのをヨシとするしかない。

やれやれ少し治ってきたかと思ったら、先週の金曜日にまた階段で転倒。同じ右足首を挫いてしまった。

もともと足首の捻挫といえば右足。靱帯は少しずつ伸びるものだ。関節が緩くなるというのだが……。

さすがに痛みに耐えかねて、同級生の整形外科医へ。持つべきものは医師の友人、丹念にテーピングをしてくれ、その甲斐あって何とか歩けるようになった。でも今度は歩くのが怖い。

「もう一度、だれかにテーピングを」と知人は助言してくれたが……。この温気である。かゆくものなる。仕方なしにアンクルブレスを買ってきて、この代用とすることにした。

十全ではないけど、ま気休めになる。
それにしても年をとるということは……。
posted by 曲月斎 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。