2009年05月07日

京城苑/横浜

今日は気分は肉、だった。

帰りの電車の中で、考えていたのは車橋もつ肉店。
しかし、駆け付けてみるとなんと今日まで休みである。

車橋であましょくうと、途方に暮れてしまう。

でしばし考えた末に出した結論が、南京町の京城苑。
ここはハラミのうまい店で、子袋は湯通ししたものをニンニク醬油で出してくれる。ハチの巣も湯通ししたものを酢みそ(小生はニンニク醬油の方が好きだが)で出してくれる。
この3品があれば文句はない。
3653_2.jpgただし、絶対に気取った格好で行ってはいけない。
何しろ炭火の上に金網を載せただけ、という仕掛けで肉を焼くので、店内は朦々たる煙で満ち満ちる。風向きが変わると照明の明るさが変わったかと錯覚するほどだ。

でもそんな悪条件を勘案しても、ここの焼き肉はうまい。仕上げにコムタン(テールスープ。卵抜きにしてもらうのが通例)を啜れば、幸せ感は結構満ち満ちる。

値段も決して法外ではないので、ご安心を。
ちょうど店に行ったら、萬来亭の経営者ご一家が夕食に来ていた。本日店は定休日、である。連休明けの鋭気を養う一餐であったか。

久しぶりに行って満足満足。


posted by 曲月斎 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鯨飲馬食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン大将/横浜

ラーメン大将.jpg横浜に戻ってきてうれしいことが一つある。普通にラーメンを食べに行って、まあハズレのないことだ。

この店は畏友のI君が教えてくれた。本牧埠頭に2軒、店がある。
小生が行ったのは本店の方。

ここのワカメラーメンは茎ワカメなのである。この茎ワカメが何ともうまい。

いわゆる豚骨系のスープで太めん。醬油味。家系といわれるラーメンの王道ではある。

チャーシュウメンにワカメを追加するのがいい。結構満足する。ただし、麵は硬めにと指定した方がいい。

夕方、食べに出掛けた。
ちょうど仕込みの材料がとどいたところで、大量のとんこつ、脂身、麵と続々そろっていた。よくよく見ていると、まずとんこつを煮こぼしてから大鍋に入れている。この大鍋が4口あり、順々にスープを移動させながら煮込んでいる様子。あの大量の脂身も何となく解けてしまうらしい。

お近くにお出かけの節はぜひ、立ち寄ってみて欲しい。うまいと思う。
posted by 曲月斎 at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 鯨飲馬食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。