2008年09月22日

高い、でも美味い。

ロイヤルハウスホールド 750ml 43度ロイヤルハウスホールド 750ml 43度


久し振りにこの酒を飲んだ。
大体、1杯2500円とか3000円とかという表示にひるむのではあるが、やっぱり呑んでみたいと、某ホテルのバーで頼んだ。

今、一部で流行のシングルモルトのような肩肘張った風情はなく、かといって軽い訳でもなし。ウイスキーというのはこういう味だったなあと思い出させてくれるような気分になる。

並行品が全盛のこのご時世にあっても未だに2万円を割ることはない。それもそのはず、この酒は英国国内では発売されておらず、飲む事のできる場所はバッキンガム宮殿と、スコットランドの西端・ヘブリディーズ諸島のハリス島にあるローデル・ホテルのバーの2カ所のみという伝説付き。昭和天皇が摂政時代に訪英した縁で日本国内では販売されているというのだが、さて本当の話なのだろうか。赤坂辺りのあやしげな店でも普通に供されているのを見ると、この伝説、にわかには信じがたくなる。

口上はさておき、やはり美味しかったとしか言いようがない。もちろんこんな高い酒です。1杯ですぐ切り上げました。


posted by 曲月斎 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美食飽食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「四国八十八ヵ所 カラー版―わたしの遍路旅」

s1151n.jpg

「四国八十八ヵ所 カラー版―わたしの遍路旅」


岩波新書では辰野和男に続いてのこのテーマの1冊。
読んでいて、四国を回っている時の気分に近かった。

筆者・石川文洋は高名な戦場カメラマン。05年にホーチミン市でベトナム戦争終結30周年の姿を見、自分のやってきた仕事、そして命を落としていった同僚らに思いを馳せ、この旅を思い立つ。札所では経本を手挟み、「南無大師遍照金剛」と3遍唱え、納札をするということを繰り返した。阿波、土佐、伊予、讃岐と分けて打った。途中心臓疾患で死線をさまよう体験を挟むこともした。

文章の合間合間に、戦場カメラマンらの点鬼簿が挟まる。この簡潔な回想が筆者の思いを巡らす姿に重なる。紙一重の差だった生死の境目、あるいは功名心、あるいは正義感。

「四国は死国だ」というと何か映画の題名のようだが、札所と札所の間の時間、考えることはもっぱらここまで歩いてきた人生の道程だ。そしてこの先のことだ。もっとも自分の場合はバイクで廻ったのでこけないように、道に迷わないようにと、必死だったとも言えるが。

四国遍路というと、札所がその中心にあるようだが、実はその道中こそ値打ちなのだということを改めて思い出させてくれる1冊だ。写真はもちろん美しいし、自分がどこかで見た景色に相違ない。

「何も考えない時間」ふと考える時間。もう一度、四国を回ってみたくなった。不思議とこの本でも、阿波、土佐ときて、伊予に入ると一気にペースが進むような気がする。走っていた時間の流れに似ていた。

そういえば、まだ自分の納経帳は高野山の部分の朱印を頂いていない。お礼参りはしてきたのだが。

楽しい1冊だった。

そういえば、お世話になった旅館が文中に何軒か出てきた。宿の方々はお元気だろうか。
posted by 曲月斎 at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 辺地遍路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。