2008年05月25日

「椿三十郎」2007年版

「椿三十郎」


買わなきゃ良かったDVD。正月映画で大宣伝をしていた割にすーっと消えてしまったので見損なったと、買ったもののやはりスカでした。
リメークものの常なのでしょうが、どうしてもオリジナルを思い浮かべてしまいます。冒頭に出てくる角川春樹事務所から気に入らないのですけど、織田裕二という役者の腹の出来具合と三船敏郎という役者の野太さがどうにも天秤にすら乗らないのであります。

もちろん、このDVDを買ったのは、原作の山本周五郎の「日々平安」の椿三十郎像がすこぶる軽みを持った姿に描かれているので、こういう配役もありなのかな、と思ったのがすべての間違いでしたな。

というのは森田芳光監督、脚本はオリジナルのそのまま流用しています。つき直せばまだどうにか造形が出来たのかも知れないですが、オリジナルのままでは役者がそろわない分、無理ができます。

さらにどの役者もどうしてもオリジナルの台詞回しをまねようとしてしまう。その点で中村玉緒でも造形が陳腐になっているのが悲劇。オリジナルの伊藤雄之助と入江たか子が今までおもっていた以上に名優だったのだな、と思う次第。同じ値段を払うならオリジナルの方が格が違います。

あとラストシーン。あのサプライズを再現するのではなく、スローモーションで見せています。手の込んだことをしているのですけど、説明をしようとすればするほど、物が安っぽく見えてしまうという法則をご存じなかったようであります。

「椿三十郎」
追記


posted by 曲月斎 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀幕緞帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。